4
5
7
10
11
12
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを
通して、NFLの面白さ、すばらしさを
皆さんに伝えられればと願ってます♪

28

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  ロスター  

Comment: 3  Trackback: 0

7月28日(金) ロスターを考える DB、ST編
他所ではもうキャンプが始まりだしました。 われらがテネシータイタンズも間もなくです。

テネシータイタンズはパスラッシャー:エリックワルデン(元コルツ)と契約したとのニュースが流れました。この動きが意味する事はデプスに厚みを加えるに留まらず、2年目ケビンドッドの回復が遅れる場合の保険という事なのでしょうか。 オフになりけっこう前から話は出ていたと思いますがこのタイミングで実現しました。 ようこそタイタンズへ!

ロスターを考えるシリーズはDB、STです。

<CB>
マニーアバド       CB  5-11  23才  フロリダテック大  ルーキー
ジェレミーボイキンス  CB  6-1   22才  セントラルフロリダ大  ルーキー
デモントレハースト    CB  5-10  26才  オクラホマ大
アドリージャクソン    CB  5-11   21才  USC  ルーキー
ブライスマッケイン    CB  5-9   30才  ユタ大
カランリード      CB  5-11  23才  サザンミシシッピ大
ローガンライアン    CB  5-11  26才  ルトガーズ大
ラショーンシムズ    CB  6-0   23才  サザンユタ大
デジューンスミス    CB  5-11  24才  フロリダアトランティック大
タイスミス       CB  6-0   24才  ツーソン大
カーティスライリー   DB  6-0   25才  フレズノステート大

<S>
ケビンビャード     S  5-11   23才  ミドルテネシーステート大
ジョナサンシピエン   S  6-0   26才  フロリダインターナショナル大
ダンゼルジョンソン   S  6-0   22才  テキサスクリスチャン大  ルーキー
ダノーリスサーシィ   S  5-11   28才  ノースカロライナ大
バリンデントラウィック S  6-2   27才  トロイ大

ロスター枠はCB6、S:4かでしょうか?  昨年苦しんだポジションですが、今年はFA、ドラフト双方にて補強が行われ、劇的な改善を果たしたいところです。 元パッツのローガンライアン、ドラフト1巡アドリージャクソンには大いに期待がかかります。また、昨シーズン後半から起用され始め経験を積んできた2年目ラショーンシムズにも更に活躍を期待しています。 ベテラン:ブライスマッケインも当確か? デジューンスミスカーティスライリー、2年目Mr.イレレバント:カランリードが残りの枠を争う構図と見ています。

セーフティはFSで2年目ケビンビャードが先発を担い、SSはJAGSからやってきたジョナサンシピエンが濃厚です。控えにバリンデントラウィックダノーリスサーシィという事になりそうです。 
アウトサイドCB、SSが働けるようになると、タイタンズディフェンスは相当パワーアップを果たせるはずです。

<ST>
ジョーダンゲイ   K 6-0  27才  Centre大
ライアンサコップ   K   6-2  30才 サウスカロライナ大
ブレットケーン     P   6-2  31才   トレド大
ビューブリンクリー  LS  6-4  27才   ミズーリ大

ここはライアンサコップブレットケーンビューブリンクリーで動かないでしょう。





テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

27

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  デニスケリー  ロスター    

Comment: 2  Trackback: 0

7月27日(木) ロスターを考える DL,LB編
OG/OTデニスケリーが複数年契約を結んだとアナウンスがありました。まだ詳細が明らかになっていませんが、タイタンズにとって良いニュースだと思います。 DGBとのトレードが決まった時は少しだけ損した気分でしたが、1年経ってみれば.....’トレーダー’ジョン、お見事でござる!
ここまでリーグ髄一OLのサラリーが安いテネシータイタンズですが、LTテイラーリーワンの契約更新も控えていますし グッと跳ね上がってきそうですね。

ロスターを考えるシリーズはディフェンスに入ります。

<DL>
メディアブデスマド     DE  6-6  25才  ボストンカレッジ
アンジェロブラックソン   DE  6-4  24才  オーバーン大
キャメロンロビンズ     DE  6-5  26才  ノースウェスタン大  ルーキー
ジミーステイテン      DE  6-4  26才  ミドルテネシーステート大
オースティンジョンソン   DL  6-4  23才  ペン州立大
ダクアンジョーンズ     DL  6-4  25才  ペン州立大
カールクルーグ       DL  6-3  29才  アイオワ大
ジュレルケーシー      DT  6-1  27才  USC
デアンジェロブラウン    NT  6-0  23才  ルイビル大  ルーキー
シルベスターウィリアムス  NT  6-2  28才  ノースカロライナ大
アントワウンウッズ     NT  6-1  24才  USC

一応テネシータイタンズで一番デプスが厚いとされているポジションです。 今年のドラフトではDLの指名は見送られています。 ディックルボー御大率いるディフェンスシステムではDLで例年6枠です。
ジュレルケーシーダクアンジョーンズアンジェロブラックソンシルベスターウィリアムスカールクルーグオースチンジョンソンと予想します。しかしながら昨年のドラフト2巡オースチンジョンソンの評価がメディアにより大きく異なっており、ロスター落ちとまで酷評しているところが複数あります。少々気になりますが、2年に飛躍してもらいたいものです。 ここに割って入れる能力を持っているのが、メディアブデスマドアントワウンウッズの若手二人。昨シーズンPSにいましたが後半実戦を経験し、遜色ない活躍をみせてくれていました。彼らも楽しみです。ベテランカールクルーグの怪我の回復具合が遅れる場合当然彼らの出番となるでしょう。

<LB>
(LB)
ダーレンベイツ     5-11  26才  オーバーン大
ジャイロンブラウン    6-0   22才  UCLA  ルーキー
ネイトパーマー      6-2   27才  イリノイステート大
ジョニーラジン      6-3   22才   オレゴン大  ルーキー
ジャスティンステイプル  6-4   27才   イリノイ大
エイブリーウィリアムソン 6-1   25才   ケンタッキー大
ウェズレイウッドヤード  6-0   31才   ケンタッキー大
(OLB)
コートネイブラウン    6-4   29才   クレムソン大
ジョシュキャラウェイ   6-3   23才   テキサスクリスチャン大 ルーキー
ケビンドッド       6-5   25才   クレムソン大
デリックモーガン     6-4   28才   ジョージアテック大
ビクターオチ       6-1   23才   NYストーニーブルック校  
ブライアンオラクポ    6-4   30才   テキサス大
アーロンワレス      6-2   24才   UCLA


このポジションは補強が必要と周囲から見られており、特にパスカバーが弱点と指摘され続けています。またパスラッシュについてもローテーション組を含めもっとアグレッシブさを求められています。
昨年の先発組ブライアンオラクポデリックモーガンエイブリーウィリアムソンウェズレイウッドヤードは今年も当確。3rdダウンLBとしてネイトパーマーと新人ジャイロンブラウンが抜擢され、控え、いやローテーション要員としてケビンドッドアーロンワレスダーレンベイツ、UDFAでジョニーラジンと予想してみます。 マリオタの後輩にあたるジョニーラジンは2016年にキャリア終了と見られたほどの負傷を負い、今ドラフトでは指名はありませんでした。 タイタンズのスカウトやコーチ陣はプロデイにおけるインタビューの対応や球団訪問の際の礼儀正しい態度や知性に惚れ込んでいたようで、トライアウト待遇でタイタンズに迎えたという経緯があるようです。 2015年にPAC12リーグの’Academic All-Conference 1st Team’に選ばれています。オレゴン大では優秀なリーダーシップも評判だったとのことで、怪我から完全回復なれば今後が楽しみな選手の一人となります。 キャンプやプレシーズンゲームでの活躍を期待したいところです。

Together We Will Forge Ahead

フェイスブックの動画ですが なかなか良い仕上がりで好みです♪


テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

26

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  ロスター  

Comment: 2  Trackback: 0

7月26日(水) ロスターを考える OL編等
タイタンズのロスターを考えるシリーズ 今回はOLです。

ベンジョーンズ       C   6-3  28才  ジョージア大
マークスペルマン     C   6-3  23才  イリノイステート大  ルーキー
ジョシュクライン     G   6-3  27才  ケントステート大
クイントンスペイン     G   6-4  25才  ウェストバージニア大
セバスチャントレットラ  G   6-4  25才  アーカンサス大
ティムレリート      G/C  6-4  28才  グランドバレーステート大
コリィレビン       G/C  6-4  22才  チャタヌーガ大  ルーキー
デニスケリー        G/T  6-8  27才  パーヂュー大
ジョシュエマシアス    G/T  6-5  24才  フロリダステート大
ジャックコンクリン    T    6-6  22才  ミシガンステート大
テイラーリーワン      T   6-7  26才  ミシガン大
タイラーマーズ       T   6-7  24才  ウィスコンシン大
スティーブンムーア    T   6-6  23才  カリフォルニア大
ジョナピーシグ      T   6-7  24才  ミネソタ大  ルーキー
ブラッドシートン     T   6-8  23才  ヴィラノバ大  ルーキー

タイタンズのオフェンス戦法「エキゾチックスマッシュマウス」の根幹をなすこのOLユニット。OLの再構築が進んだ昨シーズンから更にパワーと練度を向上させたいチームは、テイラーリーワンクイントンスペインベンジョーンズジョシュクラインジャックコンクリンら昨年先発組とexTEやTで活躍したデニスケリー、FA加入のティムレリート、昨シーズンを怪我で棒に振ったジョシュエマシアス、今年のドラフト指名コリィレビンブラッドシートンらが候補と考えられます。
OL枠は9か?プラスPSで2-3名とあたりと思われます。 セバスチャントレットラはトラブルに巻き込まれ続けていますが生き残れるでしょうか? 個人的には昨年の先発メンバーに取って代わる新勢力の台頭に期待しています。



テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

25

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  コリーデイビス  エリックデッカー  

Comment: 6  Trackback: 0

7月25日(火) ロスターを考える WR/TE編
テネシータイタンズのロスターを考えるシリーズ、今回はWR/TEです。

<WR>
コリーデイビス    6-3   22才 ウェウタンミシガン大 ルーキー
エリックデッカー   6-3   30才 ミネソタ大
ハリーダグラス     6-0   32才 ルイビル大
ダリウスジェニングス 5-10  25才 バージニア大
ジョナサンクラウス  5-11  25才 バンダービルト大
ケボンメイボン     6-11  23才 ボールステート大 ルーキー
リシャードマシューズ 6-0   27才 ネバダ大
トレマクブライト    6-0   24才 ウィリアムメアリー大
マケーレマッケイ    6-5   23才 シンシナティ大
ジョバンニパスカシオ 6-1  22才 ルイビル大 ルーキー
タジャエシャープ    6-2   22才 マサチューセッツ大
タイワンテイラー    5-11  22才 ウェスタンケンタッキー大 ルーキー
エリックウィームス   5-9   32才 ベスーンクックマン大 

たくさんいます。生き残るのは大変そう。 今年のドラフト1巡コリーデイビスはいきなり先発での活躍を求められるでしょう、昨年活躍したリシャードマシューズも2年目の今年は更に期待が持てそうです。この二人がアウトサイド候補。新加入のベテラン:エリックデッカー、ドラフト3巡:タイワンテイラーはスロットでの活躍が期待されています。ここまでで4人。 若手の指導役:ハリーダグラスは厳しそう。2年目タジャエシャープ、3年目トレマクブライトまでで6名あたりと見ています。 UDFA:ジョバンニスカシオ、FA加入:エリックウィームス(STでも活躍を期待できる)が割って入れるかあたりも注目ポイントとなりそうです。
このポジションで最大の注目ポイントは新加入で経験豊富なエリックデッカーがどこまで存在感を示せるかでしょう。 さしあたってはここまでたいへん評判の良い新人:タイワンテイラーとのバトルはとても楽しみです。


<TE>
ジェイスアマロ      6-5   25才  テキサステック大
ジェロームカニンガム  6-3   26才  南コネチカットステート大
ティムセミッシュ    6-8   25才  ノーザンイリノイ大
ジョンヌスミス      6-3   21才  フロリダインターナショナル大
フィリップスパーナウ  6-5   27才  ワシタバプテスト大
デラニーウォーカー    6-2   32才   セントラルミズーリ大

今シーズンのタイタンズオフェンスで一番変わるポジションになると見ています。 アンソニーファサーノが移籍してしまい、’ブロッキングTE’の代役を務められる選手が見当たりません。フィリップスパーナウ、彼は彼でブロックも上達していってくれましたが。 TEのブロックについては昨年使われだした’exTE’のようなOLがTEとして起用される機会を増やしていこうとしている方向に向かっているよう見えます。 
レシービングTEとしてデラニーウォーカー、昨年3番手だったフィリップスパーナウと新人ジョンヌスミス(この人も評判がとても高いです)までは当確。TE枠は4から3へ1つ減というあたりでしょうか? もう一人入れるとしたらジェイスアマロジェロームカニンガムの争いとなりそうです。ジェイスアマロは健康体に回復できたのでしょうか? 今年は結果を出さねばなりません。ジェロームカニンガムも昨年PSで力をつけてきているそうです。




テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

23

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  デマルコマレー  デリックヘンリー  

Comment: 2  Trackback: 0

7月23日(日) 2017 ロスターを考える QB、RB編
テネシータイタンズはトレーニングキャンプまであと7日というところに来ました。 キャンプを経て誰が最終ロスターに残れるのか? 各ポジションで繰り広げられる激しポジションバトル等注目点を抽出してみたいと思います。
今回はQBとRB編です。

<QB>
マーカスマリオタ 23才 オレゴン大
マットキャセル 35才 USC
アレックスターニー 29才 モンマス大
タイラーファーガソン 23才  西ケンタッキー大 ルーキー

マーカスマリオタ中心のチームづくりですから、3年目のマリオタが無事にフルシーズンを戦いきることがチームの大命題です。 ここをクリアにしないと’インジュリープローン’というありがたくない評価が加わりかねない正念場のシーズンでしょう。 マリオタ自身は昨シーズンの負傷から完全回復しているようで、新たなレシーバー達との連携を早く強化してもらいたいです。
2本目争いがベテランマットキャセルアレックスターニー間で争われるでしょう。 経験豊富なベテランかまだ伸びしろがありそうなアレックスターニーか? もしキャセルが負ける場合チームを去ることになりそうです。その場合は3本目は新人タイラーファーガソン(UDFA)が抜擢される可能性もあります。 マリオタのバックアップ争いが注目ポイントと言えそうです。
QB枠は今シーズンは2となりそうな気もしますがどうでしょう?

オフシーズンQB


<RB(FB)>
デマルコマレー 29才 オクラホマ大
デリックヘンリー 23才 アラバマ大
カルファニムハマド 22才 カリフォルニア大 ルーキー
デビッドフルーレン 25才 トレド大
アキームジャッド 25才 ミシシッピ大 ルーキー
(FB)ジャルストンフォウラー 26才 アラバマ大
(FB)ジョーバッチ 23才 セントラルミシガン大 ルーキー

RB/FB枠はおそらく4と考えられそう。 チームは昨年同様デマルコマレーデリックヘンリー併用を公言しています。 昨年よりデリックヘンリー起用を増やしていくとのことです。3本目はドラフト新人カルファニムハマドが選ばれそう。上記2名とはタイプの違うランナーなのでチェンジオブペースの効果も狙えるかもしれないですね。 FBからは1名。実績のあるジャルストンフォウラーでしょう。今シーズンはプロボウル選出も期待したいです。新人ジョーバッチ(UDFA)は周囲の専門家やスカウトが強烈にプッシュしているそうです。どこまでアピールできるか注目していきたいと思います。


テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

21

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  ジョンロビンソン  マーカスマリオタ  ラスグリム  デラニーウォーカー  

Comment: 4  Trackback: 0

7月21日(金) タイタンズ雑感
キャンプが近づくにつれドラフト1巡指名選手の契約がまとまる報道が続いています。 ジェッツのSジャマールアダムス、チーフスのQBパトリックマホームスが決まったそうで、残りは4名でしょうか? 
49ersのソロモントーマス、レイダースのCBガレオンコンリー、ブラウンズのOLBジャブリルペッパーズ、それからテネシータイタンズの1巡全体5位指名WRコリーデイビスもまだ締結に至っていません。 近々発表してくれることを期待しています。




キャンプイン前に2017年版チームロスターを展望したいと思っていますが、その前に昨シーズンのテネシータイタンズ(どん底から這い上がって9勝7敗まで戦えた)を振り返り、個人的に功労者を選出しておきたいと思います。

2016 テネシータイタンズMVP   ジョンロビンソンGM


 おそらくすべてのタイタンズファンから同意してもらえる選定だと思います。 短期間で戦える戦力を整えた手腕は見事でした。またスカウティングのみならずチームの組織改革にも取り組み、勝つための文化を他所から導入(ロッカールームや練習施設、それらの環境など)させた仕事ぶりはチームに非常に良い雰囲気に変えたように見えます。 今年を飛躍の年にするにはこの人の尽力が不可欠です。素晴らしい人材に巡り合えたことをタイタンズファンは喜んでいることでしょう♪

2016 コーチオブザイヤー     ラスグリムOLコーチ

 ドラフト1巡をOLに使うも成果を出せずランオフェンスが機能しない年が続いていましたが、このHOFコーチが加わってからのOLは見違えるような輝きを放ちだし、LT:テイラーリーワン(デビュー以来フルタイム出場を果たせていなかった)を全試合出場、プロボウル選出と立派なLTに仕立ててくれました。新人RT:ジャックコンクリンもオールプロ選出、UDFAだったクイントンスペインを抜擢しLGで成功させた功績もお見事でした。 テリーロビスキOCは良くこの人を連れてきてくれました♪

2016 プレイヤーオブザイヤー   デラニーウォーカー(TE)

生え抜きではないですがこの人もマリオタのNo.1ターゲットとしてパスにブロックに大活躍してくれました。 チームへのロイヤリティ等若手選手のお手本的な存在になっているようで、フィールド外でも良い働きをしてくれているありがたい選手だと思います。

2016 ガッカリ賞          ペリッシュコックス CB  

よくわかりませんが先発CBだったのにシーズン途中から調子を落とし、ルボーシステムに反するプレイを連発しだしてシーズン中にクビになるという悪夢のような事件がディフェンスをより苦しめました。 




選手のところは他にもいろいろと異論が出そうです。 RBデマルコマレーを忘れてはいけません! この人も素晴らしい活躍を見せてくれました。 
マーカスマリオタも2年目で成長してくれましたが、シーズン終盤での怪我はマイナス評価としました。 3年目こそ、フル出場を果たしてほしいものです。

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

13

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  ニッサンスタジアム  マーカスマリオタ  ジョンロビンソン  

Comment: 6  Trackback: 0

7月13日(木) 最近のタイタンズ 
キャンプまであと少しというところまできました。 NFL関連のニュースも予測記事を中心に少し増えてきている気がします。

NFLでは2017年サプリメンタルドラフトに2名( ジョージアミリタリーのDEタバレス・ビンガムと西ニューメキシコ州大RBマルケス・ロジャースがエントリされましたが、32チームからいずれも選ばれませんでした。 



ニッサンスタジアム0z

ダメージ

テネシータイタンズ関連では、本拠地ニッサンスタジアムで’花火イベント’を開催したところ、ミスファイア等によりスタジアムの一部が損傷してしまったニュースがありました。 幸いけが人も出ず、被害も大事には至らず、開幕までに修復できる見込みとのことで何よりです。



ラジオ番組 ’Midday 180’にて かってテネシータイタンズに所属したメンバーへのインタビューシリーズが続いており、今回はDLコーチ:ジムワッシュバーンが登場。

タイタンズレジェンドDEジェボンカースについてイーグルスへ移籍した事等、彼はキャリアを無駄にしたと惜しんでました。彼のフルポテンシャルを見ることができなかったとも。 他所で活躍したランディスタークスについてはコメントしなかったり 彼のひょうひょうとしながらも垣間見せる個性的なキャラクタがあの’ワッシュバーンスタイル’(ワイド9とか)に妙にシンクロする気がしました。
彼が絶賛していたのがDEカイルバンデンボッシュジェイソンバビンの2名。(デビッドボールもかな)
カイルバンデンボッシュは’特別’だったと。ウォルターペイトンジェリーライスらを引き合いに出しつつ彼より献身的なプレイヤーを見たことがないと褒め称えています。 タイタンズが下降線を描きながら降下していく時代に奮闘してくれていた雄姿を思い出しました。(彼が負傷後無理して復帰してきたのにそのプレイを見て見切ってしまった自分を反省)
ワッシュバーン氏は先日アルバートハインズワースンダムコンスーと一緒にマイアミで遊んだそうです。お元気で何よりです。ナッシュビル在住ですから、今後もご意見番としてタイタンズを応援してくれることでしょう♪



ESPNによる’NFL Future Power Rankings’なるものが発表されました。
われらがテネシータイタンズはなんと9位に位置しています♪ (次の3シーズン予測というコンセプトらしいです)

1)ロスター
2)QB
3)コーチング
4)ドラフト
5)フロントオフィス

チーム力を分析するにあたり上記5つのカテゴリに基づいて各チームを分類しています。各カテゴリに与えられた重みは、1)30%、2)20%、3)15%、4)15%、5)20%。各点数は100:A +(エリート)、90:A(グレート)、80:B(非常に良い)、70:C(平均)、60:D(非常に悪い) 、および50:F(悲惨)。


6_5446135.png
ESPN photo

さてテネシータイタンズの個別評価はというと、
1)ロスター: 13位タイ オフェンス選手が好評価
 マリオタ、デラニーウォーカー、デマルコマレー、OTなどなど

2)QB: 8位タイ マーカスマリオタがトップ10に入ってきました
 ちなみに上位はこのとおり
1. Aaron Rodgers
2. Derek Carr
3. Russell Wilson
4. Matt Ryan
T-5. Dak Prescott
T-5. Andrew Luck
7. Jimmy Garoppolo
T-8. Marcus Mariota
T-8. Matt Stafford
(futureですから空気抜きの人とか入ってないです)

3)コーチング: 20位タイ マイクムラーキー軍団には厳しい評価。 テリーロビスキOC、ラスグリムOLコーチらは表彰ものだと思うのですが..... ディフェンスでは今年80才になるディックルボー師が健在。
 
4)ドラフト: 4位 うーむ そんなに凄いドラフトしたかな? よくわからないです.....

5)フロントオフィス: 7位  昨年からほんとうに劇的に改善されてきている部分です。 どん底で喘いでいたタイタンズが苦肉の策でジョンロビンソンを雇ったことがすべてと言えるfでしょう。 これは納得できそうです。

ジョンロビンソンGMより上位は
1. Bill Belichick
2. John Schneider
3. John Elway
4. Kevin Colbert (Pit)
5. Thomas Dimitroff
6. The Jones Family

ちなみにAFC南地区のライバルはというと
Indianapolis Colts (12th)
Houston Texans (23rd)
Jacksonville Jaguars (27th)

ESPN’s “Future Power Rankings”ですから評価の切り口がちょっと未来志向なのだということですね。

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

04

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  ジョンロビンソンGM  

Comment: 2  Trackback: 0

7月4日(火) マリオタ WR招集 他
QBマーカスマリオタはキャンプに入る前にレシーバー陣と一緒に練習すべく声かけをした模様♪

WRリシャードマシューズが地元ラジオ局とのインタビュー時に話しています。 1週間前にナッシュビルに集まりエキストラワークをこなしましょうというテキストメッセージを受けたとのこと。

ファンにとっては嬉しいニュースですね。 QBとレシーバーの相性を高められる良い機会になりそうです。キャンプではさらに質を高めてその先へ進みやすくなりますね。

コリーデイビスエリックデッカーテイワンテイラージョンヌスミス等今シーズンの新加入レシーバー達との連携を早く作りたいでしょうし、リシャードマシューズタジャエシャープらとの2年目も楽しみです。 今年のテネシータイタンズのパッシングオフェンスがどうなるのか楽しみでなりません♪


前回の記事で触れた元ベテランスカウトの話の続きです。

今年のドラフトで2つある1巡指名のいずれかをCBに使う予定でジョンロビンソンGMアドリージャクソン(USC)を指名したのですが、その決定に至った背景を語っています。

スカウトグループが抽出した候補では、キャムサットンは怪我の心配、ダモンタエケイジー(Damontae Kazee)はトップスピード不足、トレ’ダビウス’・ホワイトジュールダンルイスらはフィールド外での心配、シドニー・ジョーンズは今後負傷する確率が高そうという分析だったようです。

アドリージャクソンについてはスペシャルチームでの活躍という部分も高い評価をしていたそうです。(もし彼でなかったらトレ’ダビウス’ホワイトをリスクを承知で指名する予定だった)

ジョンロビンソンGM体制になって2年となりますが、テネシータイタンズPFF(プロフットボールフォーカス)と契約しいます。ジョン・ロビンソンはペイトリオッツのスカウト業務を導入準備し、各コーチはデタを仕事に融和させる役割を担っていき、スカウトと分析データがマッチしないときのバックネットを作製することでスタッフとコーチがより効率的に判断できるようにするためにデータを活用できると信じているそうです。

そのデータをもとに独自の分析を進めていて、今年データアナリストを二人雇用しているそうです。 来年以降のドラフトではこれまで以上に期待して良いのでしょうか? これまた楽しみです。 


Rookie Titans vs. Titans // Why Can't We Be Friends?



テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

01

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  ブレイクベディングフィールド  マーカスマリオタ  

Comment: 2  Trackback: 0

7月1日(土) 元スカウト チームを語る
テネシータイタンズで18年の長きにわたって働きこのオフにチームを離れた ブレイクベディングフィールド元カレッジスカウティングディレクターが地元ラジオの番組でインタビューを受け、彼が働いてきたチームの内側を語っています。

とても興味深い内容ばかりでテネシータイタンズファンは必聴かもしれません。
一緒に働いてきたGM、コーチ達、そしてドラフト裏話などを語っています。

Titans former Director of College Scouting: “The room was not split, it was Marcus 1 for us.”


少し紹介しておきます。

2015年ドラフトでマーカスマリオタ指名時はチーム内でぶれていなかった”マリオタがNo.1”。 マリオタがバッカニアーズに指名されてしまった場合はジェームスウィンストンを指名する予定だった。 彼はマーカスマリオタはスーパーボウルキャリバーQBだと言っていました。

過去のドラフト指名選手について、パックマンジョーンズ、ビンスヤング、レンデールホワイト等...
2006年ドラフト時スカウティング部門は2巡でデビンヘスターをプッシュしていて電話も繋がっていたのだが、フィッシャーHC&ノームチャウの意向が働きUSCのレンデールホワイトを指名してしまったという話はショッキングでした。

現在のタイタンズロスターについても触れています。
昨年好調だったOL。 両ガードについて、LGクイントンスペインは本当に強固であると。RGジョシュクラインはジャーニーマンタイプ(つまり控えクラス)だがCベンジョーンズとRTジャックコンクリンの間で生き残れてよい仕事ができたと。となると今後のRGポジションは熾烈な争いになりそうです。

 2年目CBラショーンシムズは良いCBになる。スモールスクール出身だがナッシュビルに来てどんどん成長していた。良いアウトサイドCBとして活躍するだろうとも話しています。 Sのケビンビャードも将来のプロボウラーと評価し大きく期待しているようです。昨年入団し早い時期にディフェンス:ルボーシステムを理解してしまったそうです。

GM評ではラストンウェブスターについて気の毒だったと擁護していたように感じました。彼が在籍していた短い期間に3人オーナー(バド翁、トミースミス、バド娘(現オーナー代表))が替わり、3人HCが替わった環境は気の毒だったと。
テイラーリーワンマーカスマリオタエイブリーウィリアムソンを指名し、ブライアンオラクポデラニーウォーカーウッドヤードを連れてきた実績はすばらしいと評価すべきであると話しています。

チームを去ってもまだチームを愛しているのがよくわかりました。

TITANUP


テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

27

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  ジョンロビンソンGM  コリーデイビス  テイワンテイラー  マーカスマリオタ  

Comment: 8  Trackback: 0

6月27日(火) タイタンズ周辺
キャンプが始まるまでまだまだですね。 待ち遠しい思いで日々を送っています。

”コンブチャ”がNFL界隈で話題になってるようで微笑ましいというか我々と全く認識の違う別物のようで名称を変更してもらいたいですね~


最近のテネシータイタンズ関連の情報&ニュースを無理やり拾ってみます。

6月19日付で WR ブラロンチェリーをウェイブ(WRエリックデッカーの枠を開けるため)

カンサスシティチーフスアンディリードHCが契約延長した直後にジョンドーシーGMを解雇した余波を受け、チーフスGM後任候補としてライアン・コーデン(ディレクターオブプレイヤーパーソネル)選手人事担当との面談許可を求められています。コーデンは2016年5月に採用されて以降、タイタンズのスカウト陣を束ねてきたジョンロビンソンGMスタッフメンバーです。 タイタンズとしてはまだ引き留めておきたいはずですが.....

タイタンズのベテランWRハリーダグラスが今年のドラフト指名WR2名コリーデイビステイワンテイラーについて称賛しています。

彼らはスペシャルだ! 彼らの真摯な練習態度やフットボールのプレイが大好きだよ! 彼らはこのチームのために’大きな事’をしでかしそうだよ!!とタイタンズオンラインに話しています。(マーカスマリオタの入団時と一緒のような感じです)
はやくトレーニングキャンプで彼らの雄姿を見てみたいものです♪

NFL公式サイト日本語版のコラムでテネシータイタンズが珍しく取り上げられています。
ありがとうございます。

前評判急上昇のタイタンズ、それを支えるGMの再建計画

みなさまご一読あれ 今年のテネシータイタンズは一味違います!



テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ