1
5
7
8
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを
通して、NFLの面白さ、すばらしさを
皆さんに伝えられればと願ってます♪

13

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  未練杯  

Comment: 2  Trackback: 0

未練・或爺杯モックドラフト2016 指名顛末記 'テネシータイタンズ'

未練杯モックドラフト2016に参加された皆様、お疲れ様でした。

遅ればせながら拙ブログにてテネシータイタンズ担当として指名に至るまでの背景をお話させていただこうと思います。 タイタンズと言えば例年ホロさんが活躍されておられるのですが、急遽お鉢が回ってきた今回はあらゆる面で準備が足らず冷や汗ものでした。

全体1位指名権を持っているチームなので、リアルタイム参加できずとも初っ端のトレードダウンを’サプライズ祝砲’として提供できたらいいなと思い、最終的には前日に1-20のNYジェッツさんとトレードダウンをまとめました。(その後更にトレードされ、見事にババ抜きのような全体1位指名権となったようで苦笑させられました)

トレードダウンの理由としては現実(タイタンズの意向)をこちら未練杯では実現させたかったのです。今年は全体1位まで駆け上がり獲得したい選手はいなさそうなので、噂は飛び交っていますがタイタンズは1位指名をせざるを得なくなるのでは?と見ていました(今でも...)。

前回の全体1位指名は前身のヒューストンオイラーズ時代、1978年:RBアールキャンベルを指名して以来です。テネシータイタンズとなって初めてのドラフト全体1位なのです! それなのにタイタンズにとってぴったりフィットする逸材が見当たらないのは残念です。

そんな訳でトレードダウンを望み相手を探し始めるのですが、やはり少しリアリティにこだわった方が楽しんでいただけるかと思い、QBをドラフトで獲得したいニーズを持つチームに絞りました。
トレード対象チームは、カウボーイズ、49ers、イーグルス、ジェッツ、(ブラウンズ)を優先度順として設定しました。 狙いは少しだけ降りてラムジー、タンシル、ボサ、バックナーの誰かを指名したいというものでした....

6日水曜から対象チーム担当者の皆さんへコンタクトを始めました。 しかし日ごろの交流無精が災いし、ツイッターでDMを送れず悪戦苦闘する始末でした。ちゅるコミッショナーには前日までに指名リストを送ると自ずから言い出した手前あせることあせること。

カウボーイズの4位ならおいしいとO___Cさんに大いに期待するも興味なしとのことで、次の49ersはその時点で担当が発表されておらず、少し待つか?次へ行くか?数時間悩みました。 チップケリーHC率いる49ersこそ今回のトレード相手にふさわしいと密かに秘策を練っていました。今年の全体1位とタイタンズを輝かしい将来に導く男マーカスマリオタを差し出し、2016、2017、2018、2019、2020年ドラフト1巡を獲得し、チップケリーHCとの師弟愛ドラマを完結させてやろうと狙っていました。(もうこの時点でリアルがどうのなんて忘れていますw)。こんなことしたら顰蹙を買ってブーイングを浴びてもおかしくは無く、結果的には未達で良かったと胸をなでおろしています。

その後は時間を気にしてイーグルスへコンタクトを始めました。ですが先述のとおり二谷鷲さんにDMできず、時間が過ぎてゆきます。イーグルスも交渉に乗ってくる可能性が高いと予想していただけにあせりました。前日の17:00を回った時点で苦肉の策でサンディエゴを担当されている高橋さんに交渉DMを送るも丁寧に断られました。それでもいろいろと心配していただいてありがとうございました! 私が動けるリミットが着々と迫っており、NYジェッツ担当のkeigo_ishiiさんに連絡したのが20:30あたりでした。トレードアップの意向のありやなしをお伺いすると前向きに検討してくださるではありませんか! 時間内に相手が見つかったことで大いに安堵し、もうこの時点でトレードバリューなんてどうでもよくなって安易な取引で成立とまとめさせていただきました。このトレード成立をちゅるコミッショナーへ双方から連絡し、当日発表とすることを決めたり認証していただきました。私は日曜当日の午前中に指名リストをまとめ上げコミッショナーに送る段取りとさせていただき、眠りにつこうかと支度をしているとイーグルス担当の二谷鷲さんからDMが届いているではありませんかw 「どうしても1位がほしい!」と熱いメッセージをいただきました。まずは断らなければいけません。でもトレード成立はまだ秘密です。ひたすら対応できませんとあやまり、非情にもその後電源オフにして逃げてしまいましたw (二谷鷲さん、どうも失礼しました!)

さて当日となり、早起きだけが取柄なわたしは早速ドラフト指名リスト作成に取り組み、ジェッツの20位指名で獲得できそうな選手をピックアップしました。

以下優先度順
ロニースタンリー OT ノートルダム大
バーノンハーグリーブ CB フロリダ大
(この二人はまず無理を承知でもしかしてというだめもと感覚でw)
イーライアップル CB オハイオ州立大
(この人もギリギリ残らなそう、でも上記二人よりはマシ)
レオナードフロイド OLB ジョージア大   ←ここで指名できた!
(オラクポ衰え、モーガン回復遅れ心配、3-4対応可と見込みデプスを厚くするには最適な人材か)
テイラーデッカー OT オハイオ州立大
(ジャックコンクリンを指名しないことにこだわりたかった。スカウトの評価はスピードと敏捷性不足との評価だったようで)
ウィリアムジャクソンIII CB ヒューストン大
(個人的に注目しているCBでマッケンジーアレクサンダーより上と見ていた)
コディホワイトヘア OG カンサス州立大
(No.1インテリアラインメンを素直に評価し、タイタンズの先発LGを任せられる。OTは2巡で十分と割り切る)
ジャイロンスミス LB  ノートルダム大
(じっくり回復を待てば....)
レラバンクラーク OT テキサステック大
(タイタンズスカウトは早くから注目していた)
ジョシュドクソン WR TCU
(サイズもあり魅力的なワイドアウト)

テネシータイタンズは2016年の全体1位とNYジェッツの20161巡全体20位と3巡、2017年の1巡、4巡、DT:シェルドンリチャードソン、QB:ジノスミスという詳細をうまくコミッショナーに伝えきれず皆様にご迷惑をおかけしたことをお詫びします。どうもすいませんでした。

 当日未練杯が大盛り上がりだったことはツイッターからも見て取れました。 関係者の皆さんの努力の賜物ですね。ほんとうにご苦労様でした。






関連記事

Comments

Re: お疲れ様でした。
Ligerさん

いろいろとお世話になり ありがとうございました。
お疲れ様でした。
トレードダウンも一桁台ならいざ知らず、一気に20位となるとプレピックするのもさぞかし大変だったであろうと思ってお訊ねしたのですが、却って感想戦リクエストしてしまった様で、お手を煩わし恐縮です。

Leave a Comment