4
5
7
10
11
12
14
16
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを
通して、NFLの面白さ、すばらしさを
皆さんに伝えられればと願ってます♪

01

Category: NFL

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  ジェイクロッカー、マットハッセルベック、クリス・ジ  

Comment: 0  Trackback: 0

10月1日(月):第4週@ヒューストン戦
テキサンズがタイタンズに圧勝、球団初の開幕4連勝

ヒューストン・テキサンズは現地9月30日、ホームでテネシー・タイタンズに38対14で圧勝。
球団史上初の開幕4連勝を飾り、AFCで唯一の全勝を守った。
(NFL JAPAN)

敵地での試合、最後は大きな点差がついてしまいました。
現在の地力の差であるのは明白なのですが、ジェイクロッカーを序盤で失ってしまい、
思い描いた戦いができずチームは大きく苦しみました。
 
 前半戦をなんとか14-7で終えたものの、後半は反則、ターンオーバーと自分たちのミスで自滅しました。
この試合だけで4サックを献上してしまい、RT:デビッドスチュワートがブチ切れてしまいましたw
RG:リロイハリス、懸命にプレイしてましたが見てる方も痛いですw
スペシャルチームでは、トミー・キャンベルが2回反則を取られチームの足を引っ張ることに。
攻撃では、クリス・ジョンソンが140ヤード超走りましたが、そのうち40ヤードは勝敗が決してからの
ものでした。それでもこの試合ではランプレイを以前より増やし奮闘したことは事実です。
ルーキーWR:ケンドールライトは、4レシーブ1TDという結果でした。 
序盤で何の問題ないパスを連続で落球していたのはチームの勢いを削いでしまっていました。
WR:ケニーブリットは不出場、TE:ジャレッドクックも限定的プレイとあって、
ベテランQB:マットハッセルベックは、8人に投げ分けていました。

 守備陣はというと、この試合ラン守備けっこう頑張っていたことは評価に値するかと。
エイリアンフォスターベンテイト両RBを100ヤード以下に抑えています。
(タイタンズが勝手に自滅したので走る必然もなかったのでしょうが)
それでも、ジュレルケーシーサンデリックマークスマークマーティンらDL陣は練習の成果を
それなりに出せていたようです。
 しかしパス守備はというと'悲惨'という表現を使わざるを得ないくらい不甲斐ないです。
単調なパスカバーや敵へのプレッシャーを与えるという思考が欠落している戦術、
ここまで続くと理解に苦しみます。 現時点でリーグワーストだと自覚させられますw

 ジェイクロッカーの左肩ダメージはけっこう深刻な模様です。明日のMRI検査が気になります。

 戦績低迷の中、主要選手の怪我続発と非常に厳しい状況にあるテネシー・タイタンズですが、
ゲーム戦略、戦術等もう一度練り直す必要があると思います。
また、タックルミス、反則、ターンオーバーというこれまで自滅してきた要因を解消させないと成績も
好転してくれないでしょう。まだ間に合いますよ~






関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

Comments

Leave a Comment