1
5
7
8
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを
通して、NFLの面白さ、すばらしさを
皆さんに伝えられればと願ってます♪

27

Category: NFL

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ、デトロイト・ライオンズ、ジェ  

Comment: 6  Trackback: 0

5月27日(金): これもコーチング・ツリーなの?
デトロイト・ライオンズが元テネシー・タイタンズHC:ジェフ・フィッシャーの息子を
アシスタント・ディフェンス・コーチとして採用するとのこと

ブランドン・フィッシャー

昨シーズンの後半、タイタンズのアシスタントオフェンス・コーチとして父親のもとで
在籍していたらしいです..... 
たしかにライオンズHC:ジム・シュオーツ氏はコーチングツリーで言うところの
フィッシャー氏の弟子筋にあたるわけで、師匠への恩返しとなるのでしょうか?
ライオンズで努力が認められれば、いずれは正コーチへの昇格、さらにその先も
見えてくるでしょう^^; 

 ブランドン氏はモンタナ大のチームメイトだった WR:KRマーク・マリアーニ
タイタンズに推薦してくれた 恩人でもあります♪

 こんなことを言っては失礼かもしれませんが、
デトロイト・ライオンズテネシー・タイタンズのジュニア・チームに思えてしまいます
(現戦力ではまったく逆でタイタンズが2ndですね^^;)
コーチ、選手、タイタンズ在籍経験者のなんと多いことか^^

これでいよいよHC:シュオーツ氏の描く、前陣強調型プレッシャー・ディフェンスに
磨きがかかりそうですね 

陰ながら応援したくなりますね!




関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

Comments

Re: ちゅるさん
ジェフ・フィッシャーはチームを去ることになりましたが、チームと”決別”という悪い形では無いようです。
16年もタイタンズでHCやってきたのですから、(スーパーを勝てませんでしたが)”功労者”に違いありません^^
5月中旬のキリマンジャロ登頂のニュースをチームがアナウンスしていたり、先週末にはナッシュビルの
地元の名士を相手のテネシー・タイタンズのディナー・ショーにGM、新HCと共に参加しています。

なるほど、フィッシャーが息子を無理矢理スタッフに加えようとした事も、上との軋轢の一つになっていたのですね。参考になりました。

トゥーロックが来てくれればランディフェンスはかなり強化されますね。ただタイタンズも引き止めに掛かるでしょうし、今年のFAになるLBでは目玉になるでしょうから、獲得は容易じゃないでしょうね・・・。
Re: ちゅるさん
KVBはおっしゃるとおり、チームリーダーとして最適ですね!
ライオンズのディフェンスを良い方向へ導くこと確実だと信じております^^

ブランドン君がタイタンズでアシスタントやってたという事実は昨日知りました^^;
確認してみると、”ボランティア”としての参加だったとのこと!
コーチングスタッフのリストにも登録されていませんでしたから....
ただ、息子を強引?にコーチ見習いとして加えたことも、他の役員を
HC解任という決断に向かわせた要因だったとのことです....

シュオーツ氏が連れて入ったEキング(CB)は使い物にならなかったんですね
OLもひとりいたかと思いますが、ロスターに残っていませんね^^;
なるほどタイタンズOBなんて、そんなに多く無いのですね 失礼しました^^;

トゥーロック(MLB)がライオンズへ行くともっぱらの評判ですね^^;
この人も真面目な人です^^ 働き盛りのランストッパーです
たぶんチームは引き止めたいと考えているはずです?
(新DC:ジェリー・グレイの構想が見えてこないのでなんともあれですがw)

それにしてもライオンズのDLは強烈ですね~
スーにフェアリーとは! 注目度の高い、お金が取れるチームになってきましたね!
これに彼がMLBに座ったら、インサイドのランは止めたも同然??
ライオンズの今期が、とても楽しみで」しかたありません!



KVBは昨シーズン後半に首の手術を行いました。タイタンズ時代からあまり思わしく無かったんでしょうか。
彼にはどちらかと言えばディフェンスのチームリーダーとしての役割の方を期待しています。特に若いDL陣は彼に深く心酔していますからね。最後までプレイを決して止めないエフォートに影響されて、ディフェンスはずいぶん良くなってきました。

ブランドン・フィッシャーはタイタンズでは下っ端のコーチだったんでしょうか。学生時代はLBだったようですから、TENでのオフェンスアシスタントよりも、今度のディフェンスアシスタントとの方が向いているでしょうか。

フィッシャー時代のTENからライオンズに転身したのは、シュヲーツさんとLBコーチのバークに次いで3人目になります。あれ?以外と多くは無いですね?
選手でも元TENはKVBのみ。CBエリック・キングは既に居ません。どちらかと言えばDCカニングハムを頼って来てる選手の方が多いですね。

ディフェンスのスキームが変わった事により、シュヲーツさんを頼ってTENからこぞって来ないかなあ、と失礼ながら期待しております・・・。
Re:ブライアントさん
なるほど KBV ですか^^
さすがブライアントさん!
チーム低迷期に奮闘していたKVBは素晴らしかったですものね!
チームをまとめあげていましたよね^^

ワタシは、怪我まみれになって末期ヨタヨタ状態の彼を見て、
非情と言われるかもしれませんが、彼を切るべきだと
思っていましたw 
ライオンズで元気にしているKVBを見て嬉しいのですが、
首筋に筋肉が無くなっちゃってるのに驚かされます!
昔はマッチョでしたものね大丈夫なんでしょうか?? 
大怪我だけはしないでもらいたいですね

DETといったらやつぱカイルですね^^;
あの移籍はホント悲しかったです。
でも、今でもカイルは応援してます!!

Leave a Comment