4
5
7
10
11
12
14
16
18
19
21
23
24
25
26
27
29
31
  08 ,2017

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを
通して、NFLの面白さ、すばらしさを
皆さんに伝えられればと願ってます♪

09

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  オーナーシップ  マーカスマリオタ  エリックウィームス  

Comment: 2  Trackback: 0

8月9日(水) オーナーシップ問題進展、スペシャルチーム 
テネシータイタンズのオーナシップ問題で進展があったようです。 
創設者で先代オーナーだったバドアダムス翁が死に際にぶちかましてくれた、NFLのルールを無視したオーナーシップ分割配分を執行してしまいNFLに訴えられる直前(和解に向けて交渉中)という状況が続いていましたが、経済メディア:ブルームバーグによってスージー・アダムス・スミス(娘の一人)がKSAインダストリーズ(バド翁が築上げたテキサスにある親会社)の株式を売却していると報告されているとのこと。

今日までのオーナーシップは、以下のとおり。

エイミー・アダムスストランク(Amy Adams Strunk)(現オーナー代行)はチームの1/3を所有。
スージー・アダムス・スミスはチームの1/3を所有。
チームの残りの1/3はバドの孫、ケネスアダムスIV、チームに深く関わっているケネスの母ケネスの弟に分かれています。

スージーアダムス・スミスの夫、トミースミスは、もともとバド翁が死んだ直後にチームを運営した存在。彼はケンワイゼンハント(Ken Whisenhunt)を連れてきた張本人です。彼が経営に参加してチームは加速的に弱体化してしまい、1年で球団経営から引きはがされ元の会社へ戻されました。(ケンワイゼンハントを連れてきて、スマッシュマウスをやれって言ってましたもの)

今回の妹の株式売却でエイミーアダムストランクオーナー代行がどのくらいのシェアになったのか判明していませんが、球団にとっても良い方向に向かう話だろうと思います。
現テネシータイタンズCEO:スティーブアンダーウッドは、「現在も将来もエイミーアダムストランク(Amy Strunk)は、テネシータイタンズの事業を完璧かつ完全に支配し続けるだろう」とコメントしています。 「今回の件で球団の日常業務に何の変化も起こりません」とも。 これは”球団を売る気はないよ!”との念押しですね。 

今後も本件は進展がありそうですね。 要注目です。




テネシータイタンズのここ数年引きずっている弱点:スペシャルチーム。 今オフにはテコ入れとしてFA補強でエリックウィームスブラインデントラウィックを獲得、ドラフトにおいても1巡アドリージャクソン、3巡タイワンテイラー、7巡カルファニムハマドを指名し、スペシャルチームの抜本的な改革を図りました。
しかし、このキャンプにおける練習でPR/KRで期待されている新人WRタイワンテイラーとRBカルファニムハマドは連日ポロリポロリと落球しまくりで、非常に心もとないパフォーマンスしか見せていないとのこと。
アドリージャクソンは大活躍が期待できそうですが、CBの仕事をしっかり働いてもらいたいところでしょうし、こうなるとエリックウィームスにお願いするしかないという状況と言えそうです。 つまりエリックウィームスはロスター残留決定ということになるのでしょう。
今年のスペシャルチームの命運や如何に!?

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ