1
2
3
5
6
7
8
10
11
14
15
16
18
21
22
24
26
28
29
31
  12 ,2016

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを
通して、NFLの面白さ、すばらしさを
皆さんに伝えられればと願ってます♪

30

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  

Comment: 8  Trackback: 0

12月30日(金) タイタンズニュース
第16週ジャガーズ戦で負傷したマーカスマリオタの手術が無事に終了。 今週末にはナッシュビルへ帰ってくるとのことです。 マリオタを球団は全面バックアップし選手の練習時間終了後に周りをシャットアウトして、完全プライベートでリハビリに取り組ませるようです。リーグの規約等の関係で完全な自主管理の下で行われます。

本人にとっても不本意な怪我だったでしょうし、焦らずじっくりと回復させてください。 フィジカルも大切ですが、インテリジェンス方面も更なるレベルアップに取り組む良い機会だと思います。自己研鑽に余念がないまじめな彼ですから言わずもがなでしょうね。 OTAには元気な姿を見せてくれることでしょう。

シーズン最終戦を前にロスタームーブがありました。
マーカスマリオタ → IR登録
カールクルーグ  → IR
先週ロスター入りしたばかりのメディアディスマドが負傷し →IR
PSからNTアントワンウッズをアクティブロスターへ

負傷により今シーズンで見納めかと思われていたベテランCBジェイソンマッコウティが出場目指して練習を開始したとのこと。オフのFAを睨んでのことでしょうか。個人的には若手を試した方がこの試合の価値があると思うのですが....
LBの中ではパスカバーがまともだったシーンスペンスは木曜に限定練習できたようですが微妙。



われらがテネシータイタンズ、来期の対戦相手がほぼ決定しました。

<ホームゲーム>

レイブンズ
ベンガルズ
ラムズ
シーホークス
テキサンズ
コルツ
ジャガーズ
ブロンコスorチーフス(最終順位による)

<アウェイゲーム>

スティーラーズ
ブラウンズ
カーディナルズ
49ers
テキサンズ
コルツ
ジャガーズ
ビルズorドルフィンズ(最終順位による)

うーむ なかなか....何と言いますか.... 気が引き締まる思いです!
来期こそMNFやSNF等全米中継が組まれることを祈っておきます!



Marcus Mariota All TDs 2016-2017 Season with Mike Keith







関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

27

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  

Comment: 6  Trackback: 0

12月27日(水) マリオタの怪我
ジャガーズ戦でサックされた際腓骨を折られてしまったテネシータイタンズの若き司令塔マーカスマリオタですが、現地時間水曜日にノースカロライナのシャーロットにて手術をすることいなりました。折れた個所にプレートを入れる処置をされるようで回復には4~5か月かかる見込みと発表されています。来季のキャンプには間に合いそう。じっくり回復につとめて来年元気な姿を見せてほしいものです。

今シーズン最終戦はホームでテキサンズ戦ですが、モチベーションを維持して来期につながる試合にしてほしいところです。 成長する可能性のある若手を積極的に試す良い機会だと思います。

マリオタの負傷に伴いマットキャセルが先発になり、アレックスターニーがアクティブロスター入りして控えQBを務めます。 

DLカールクルーグもアキレス腱裂傷でIR入りしていましたが、ロバートアンダーソン医師により手術とのこと。 マーカスマリオタの手術とまとめて執刀するのですね.....

ルーキーCBラショーンシムズがコンカッションプロトコールプロセスに入ってしまったようです。 試合で使われるたびに良化してきたのに残念です。LBシーンスペンスは肩を痛めたようで今週練習できるのかどうか? 

ジャガーズ戦でNFLデビューしたばかりのDLメディアディスマドは足首の捻挫をしてしまいました。 練習は大丈夫でしょうか?



関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

25

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  

Comment: 7  Trackback: 0

12月25日(日) NFL第16週 ジャクソンビルジャガーズ戦 ~クリスマスの惨劇 
テネシータイタンズファンにとっては散々なクリスマスとなってしまいました。 この日の敗戦で地区優勝をヒューストンテキサンズに献上した上に、QBマーカスマリオタの腓骨を折られてしまいシーズンアウトという手痛いダメージを受けました。

テネシータイタンズのプレイオフ進出はおあずけとなったのはともかく、あの戦い方(特にオフェンス)は一体どうしたことでしょう。 想像でしかありませんが タイタンズオフェンスユニットに何かあったのではないでしょうか?
今シーズンタイタンズがそれなりに戦えたのは、デマルコマレーとデリックヘンリーを擁するラン攻撃だったはず。それがこの試合でランは20キャリーで58ヤード、2.9ヤード平均というシーズンワーストパフォーマンスでした。 

ディフェンスもHC交代した新ジャガーズ攻撃を読めず完敗でした。 ブレイクボートルズのパス記録は38回試投26回成功獲得距離325ヤードとなすすべがありませんでした。 WR Aロビンソンには9レシーブ147ヤード稼がれました。

シーズンをここまで戦えたことは良い成果と評価せねばなりませんね。 私も早く今感じている脱力感をぬぐい捨て気分転換しようと思います~ 初詣の際、マリオタの再起を願ってきます。



関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

23

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  プロボウル  

Comment: 13  Trackback: 0

12月23日(金) ディセンバーフットボール
G+局で放映されたNFL第15週テネシー@カンサスシティ戦を見て、すっかり忘れていた記憶が甦りました。 テネシータイタンズは2008年以降プレイオフへ出場できていなかったんですね。 あれからもう8年過ぎているんですね~ (今シーズンだってまだ2試合残っているわけですから、また不名誉な記録が続くかもしれないのですが)

昨日プロボウル選出メンバーの発表がありました。 今年はなんと5名が選ばれています。

RB デマルコマレー
TEデラニーウォーカー
OT テイラーリーワン
DL ジュレルケーシー
OLB ブライアンオラクポ

みなさんおめでとうございます。

アルタネイト(欠場選手の代理)として
QB マーカスマリオタ
OT ジャックコンクリン
RB ジャルストンフォウラー

3名がリストされています。

最近はプロボウルに選出される選手不在時代が長かったため、すごく嬉しく感じます。(昨シーズン2名も代理でした)
できることなら翌週のSB出場のため誰も参加できませんという形が理想なんですが.... (こんな発言ができようとは、今シーズン開始時には 夢にも思っていませんでした。 すいません!)




次戦は日本時間日曜日にロードゲームで地区内ライバル ジャクソンビルジャガーズ戦です。 本来ならば今シーズン超低空飛行を続けている相手ですから戦いやすいはずなのですが、タイタンズ戦を前にHCを解雇してしまい 代理HCとしてダグマローンが指揮を執るという変革が起きてしまいました。 この動きでジャガーズ選手たちのモチベーションアップにつながり苦戦必至は免れないのではないか?と心配しています。(昨年もどん底のはずのドルフィンズがタイタンズ戦直前でHCを首にしたら生き返られたという苦い経験もありました。あの時はマリオタも壊されたんでしたね)

フロリダはデリックヘンリーの故郷でもあり、きっと起用機会が増えて重要な局面でプレイできる凱旋試合となるのではないでしょうか? デマルコマレーとのデュオは今やタイタンズの看板ウェポンです。今週もやってくれることを期待します。

「備えあれば患いなし」です。 一戦一戦大切に戦いましょう。 JAXの来シーズン指揮を執るHCの噂が賑やかで気になります。JAXさん どうか今回は寝ていてください。 

ジャクソンビルジャガーズ版ハローキティ

NFLレギュラーシーズンを12月でも楽しめる(まだプレイオフ戦線を戦えている)われらがタイタンズの活躍が頼もしく思います。 若い選手が多いチームですから、シーズン終盤の厳しい戦いを地区優勝をかけて戦える機会はきっと将来に役立つでしょう。

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

20

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  

Comment: 9  Trackback: 0

12月20日(火) 続き ~ NFL第15週 カンサスシティチーフス戦 
昨日ドラマチックな逆転勝利をあげ、南地区優勝を自力で勝ち取れる権利を維持しているテネシータイタンズですが、主力選手の故障が相次いでしまいました。

DLカールクルーグがアキレス腱裂傷で手術が必要となりシーズンアウトです。今日IR登録されてしまいました。CBジェイソンマッコウティは肩捻挫と胸部挫傷とのこと。どれほどの状態が気になります。 TEフィリップスパーナウとSSダノーリスサーシィはコンカッションの疑いがありモニタリングプロセスに入ったようです。おそらく次戦への出場は難しいのではないでしょうか?

カールクルーグの代役はアンジェロブラックソンやメディアディスマドらが務めるのでしょうか? 若手の奮起に期待したいです。 ジェイソンマッコウティは序盤で負傷してしまい、彼なしで戦ったことになりますが逆に好結果が出たような気がするのですがw
この際ブライスマッケインラショーンシムズを活用したらどうでしょうか?
ここまで来たら総力戦あるのみ。若手はこの機会を活かしてほしいものです。




昨日書けなかったオフェンスについて少々。

QBマーカスマリオタについては最終的に良くやったと思います。サックされてのファンブルやINT等あり 前戦に続きかなりプレッシャーを受けて苦労していましたが、最後の最後の逆転につながるドライブはGJだったと思います。 ブロンコスやチーフスは特に強力守備のチームなので今のマリオタとレシーバー達ではこれで精一杯なのでしょう。

RBはデマルコマレーデリックヘンリーはそれぞれ52, 17スナップでした。マレー89ヤード、ヘンリー58ヤード、2TDでした。 二人とも良く走れていました。マレーについては素晴らしいゴール近くでのレシーブがありました。ヘンリーは力強いラッシュで2TDをマークしました。 FBジャルストンフォウラーはリードブロッカーとして安定したパフォーマンスを見せてくれています。

レシーバーはリシャードマシューズ4レシーブ105ヤード、タジャエシャープ2レシーブ10ヤード、ケンドールライト2レシーブ19ヤード。 TEデラニーウォーカー6レシーブ55ヤードと少し物足りませんが、守備の良いチーム相手なことと相まって寒い環境下での試合だったことを考えるとやむなし?なのでしょうか....

OLはサックこそ1つ奪われましたが何とかパスプロも持ちこたえ、ランでも良いブロックをしていました。 先発5名はマリオタと共に全スナップ(66)をプレイしています。

3rdダウン成功率6/14で42%とやや不満が残ります。プレイコーリングに疑問符を付けたくなるような場面が何度もありました。 それでも対戦相手のチーフスは成功率わずか28%だったのですから良しとしますか.....

終盤の2ポイントコンバージョン狙いや4thダウンギャンブルについては、勝利への執念を見せてとても良いと考えるのですが、2ポイントのあのプレイ選択は悲しくなりました。 強気強気と積極的な姿勢を貫き通したことからあの最後逆転劇が生まれたと確信しています! とても良質なモメンタムが今のタイタンズにはあるようで、この状態で最後まで戦いたいものです。

Inside the Locker Room: Coach Mularkey's Speech

ムラーキーHCは感極まってすぐ涙します。 感情豊かな人柄がにじみ出ています。 こういう人好きです。



関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

19

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  ライアンサコップ  

Comment: 9  Trackback: 0

12月19日(月) NFL第15週 カンサスシティチーフス戦 
テネシータイタンズ 今週もやってくれました。 AFC西地区首位のカンサスシティチーフスを19対17で撃破しました。 アローヘッドスタジアム歴代2位タイの寒さという天候の中、チーム全員が一丸となって戦い貴重な勝利をもぎ取りました。

試合を決めたライアンサコップによる53ヤードFGの成功については、チーフスのタイムアウトに救われての再キックだったことは テネシータイタンズが持つ「幸運」のおかげと思えてしまいます。 果敢に攻めた4thダウンギャンブルや強気の2ポイントコンバージョン狙いが引き寄せた流れに見えます。最後まで勝利をあきらめない姿勢が嬉しかったです。

心配していたターンオーバーは3つ献上。リシャードマシューズ、マリオタのINT、マリオタの被サック、さすがチーフスディフェンス。
一方タイタンズはアレックススミスからINTを奪うに留まりました。しかしこの試合もタイタンズディフェンスの奮闘による勝利と言えると思います。 ディックルボー師率いるディフェンス陣はランにパスに良い働きをしてくれました。 自陣ゴール前での攻防は圧巻でした。DLジュレルケーシー カールクルーグらは怪我から十分回復できていないはずなのに強行出場してきた心意気が多くの人に愛されるのでしょうね。ファンにとってもたまらないです。

DLはアルウッズジュレルケーシーダクアンジョーンズカールクルーグオースチンジョンソンメディアディスマドが出場。随所で好プレイを見せてくれました。

LB陣も良く動きタックルを量産しました。序盤にいきなりタイリークヒルに68ヤード走られTDランを決められましたが、その後は重要な場面できっちり仕事をしてくれました。ブライアンオラクポデリックモーガンウェズレイウッドヤードエイブリーウィリアムソンアーロンワレス達 GJ!
チーフスのプレイコールがけっこうコンサバティブだったのは彼らの影響かもしれないと感じました。

DBもラシャードジョンソンケビンビャードダノーリスサーシィダイミオンスタフォードらセーフティもパスにランに良く貢献していました。CBはブライスマッケインラショーンシムズバレンチノブレイクジェイソンマッコウティ(序盤で負傷退場)。 バレンチノブレイクよりもブライスマッケインの方がCB2で良い動きをしているよう見えました。新人ラショーンシムズも初INTを決めました。今後の成長が楽しみです。

スペシャルチーム 今回は少し頭を使い、チーフス対策を用意してきました。 あの驚異のリターナー:タイリークヒル封じのためにキックを短めに蹴りという作戦です。 タイタンズも距離が近くなるのでボール落下地点に寄れるため、ロングリターンを出しにくくするというもの。 結果は効果があったと言えるでしょう。他のリターナーも含め最大で13ヤードまでに抑えています。

最後に K ライアンサコップ 最高!

<<続く>>




関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

17

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  

Comment: 8  Trackback: 0

12月17日(土) チーフス戦を前に
バイウィーク明けからもう1戦も落とせないギリギリの戦いをしているテネシータイタンズ。 今週も大きな難敵に挑みます。 AFC西地区首位を走るカンサスシティチーフスの本拠地アローヘッドスタジアムでロードゲーム。

戦前の予想ではKCチーフスの勝利確率67%、タイタンズ32%というデータ(ESPN)が.... 
今回かなり苦戦必至のようです。タイタンズの奮闘や如何に?

天気予報ではかなり厳しい寒さとなるようで、タイタンズは極寒の中で本来のパフォーマンスを発揮できるのか心配です。 ハワイ出身のQBマーカスマリオタはというと寒さについては大学時代に数度経験しているし、さほど心配していないとのこと。 グローブの着用を勧められ試したようですが、フィーリングが今一つのようで素手でいきたいと言っているようです。腰にハンドウオーマーを巻いて対処するようです。できればグローブに慣れてもらった方がリスクが少ないような気もするのですが、まだ若いですし、いろいろ経験してください。

この試合の見どころの一つが、マーカスマリオタがパフォーマンスを発揮できるか否か?にあります。 先週のブロンコス戦ではパスを投げれず、これまでの1試合2TD連続記録も途絶えてしまいました。プレッシャーもそうとうかかっていたのでしょう かなり苦しそうにプレイしていました。 今週はチーフスを相手にこれまでの成果を見せてほしいものです。

次はスペシャルチームの戦いぶり。 今度こそしっかりお願いします。 チーフスのリターナーは脅威ですね。タイリークヒル! 各自ミスなきよう心してください。 ブロンコス戦でトレマクブライト 凄くよかったです。今週も起用してあげてほしいのですがどうなるのか? いいポジショニングで戦い、勝利に貢献させたいですね!

ターンオーバーについてもチーフス戦では特別に注意しないといけません。 チーフス守備のターンオーバーレシオすごいです。われらがタイタンズは先週のブロンコス戦が今シーズン初めてという可愛さですが、ここから加速してターンオーバーを量産していってください。 

アレックススミス版ウエストコースト対ルボー式ゾーンブリッツ。 タイタンズLBの働きが鍵となりそう。 DBもタックルミス等注意して守り切りましょう。 バレンチノブレイクブライスマッケインラショーンシムズらCBの奮起が楽しみです。 Sケビンビヤードは毎試合少しづつプロの水に適応してきて、活躍の機会がかなり増えてきています。 今週も活躍してくれることでしょう。

今週のインジュリーレポートでは、カールクルーグシーンスペンスはおそらくインアクティブ確定的で、ジュレルケーシーについては強行出場するかどうか当日判断の模様。 ケーシー本人は出場したいとコメントしています。 無理はしないでほしいですが、彼がいないと心もと無いという.....

チーム力にまだ大きな差がある相手です。 武運と幸運を祈る!

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

13

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  

Comment: 2  Trackback: 0

12月13日(火) タイタンズ アップデート
昨年のSB覇者:デンバーブロンコスを破ったテネシータイタンズ。 昨年リーグ最下位でHCは途中で更迭されガタガタだったチームがよくぞここまで!という痛快丸かじりな嬉しさを今だけ噛みしめています。

厳しい戦いだったこともあり何人かの選手が痛んでしまったようです。まだ正式なアナウンスがされていないのですが、DLカールクルーグ、LBシーンスペンスが水曜の練習を欠場することになるとのニュースを目にしました。

そしてRBデビッドフルーレンをウェイブし、プラクティススクワッドからDLメディ アディスマド(Mehdi Abdesmad)をアクティブロスターにプロモートしたと発表されています。

DL補強..... DLについてブロンコス戦を振り返ってみると、

DTカールクルーグ43スナップ、出場率68%、
DEダクアンジョーンズ44、68%、
DEアンジェロブラックソン23、35%、
NTオースチンジョンソン22、34%、
NTアルウッズ10、15%、

上記5人でDLを回していて 気になるのは先発NTのはずのアルウッズがわずか15%と限定的にしかプレイできていません。これでは主力ジュレルケーシーが欠場というのはタイタンズディフェンスにとってピンチです。ケーシーの穴を埋めてくれたのがカールクルーグだったのですが、今回彼も痛んでしまったというのは非常事態に突入してしまったと言えるでしょう。 それでPSからメディ アディスマドを引き上げたという動きになったという事です。キャンプ時に高評価だったUDFAの新人でした。ジュレルケーシーはDay to dayとのことで、早く復帰できると良いのですが.....

テネシータイタンズで一番充実していたポジションの危機を乗り越えてください。 

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

12

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  

Comment: 6  Trackback: 0

12月12日(月) NFL第14週デンバーブロンコス戦 
テネシータイタンズはここまで6勝6敗でAFC南地区の首位に並んでいますが、残り試合を勝ち進まないといけない厳しい状況です。第14週の対戦相手は昨年のスーパーボウル覇者:デンバーブロンコスでした。 

テネシータイタンズはチームの総力を結集し、前半のリードを守り抜き 貴重な勝利をもぎ取りました。

開始から調子の上がらないブロンコスオフェンスに対しタイタンズは前半からこれまでの集大成のようなスマッシュマウス戦法で時間を支配しました。デマルコマレーデリックヘンリーを加えてその上にマーカスマリオタのランを織り込んでブロンコスの苦手なラン守備を突いていきました。マレー92ヤード、ヘンリー42ヤード、マリオタ38ヤードとランを稼ぎ出しました。

その一方でAFC11月のMVPに選出されたQBマーカスマリオタのパスが出だしから調子に乗れず、最後まで苦しめられることになってしまいました。 20回試投6回成功成功率30%、パス獲得距離トータル88ヤード。 被2サック。 厳しいプレイ振りでした。
リーグNo.1パスディフェンスの実力をこの時期に体験できたことが、今後のマリオタの糧となってくれるものと期待します。 

OL、TE、FBと 各自良いプレイができていました。 この日のランアタックは終始見ていて頼もしく感じました。パスプロテクションについても2個許してしまいましたが、最強パスディフェンスを相手に良くやったと思います。

ディフェンス! この日は守備陣の奮闘で勝利を勝ち取りました。 DLはジュレルケーシーというキープレイヤーがインアクティブでしたが、みな良く戦いました。 そしてLB陣もランにパスに良く働いてくれました。 フロントボックス選手たちのローテションもうまく機能していたようです。 ケビンビャードラショーンシムズアーロンワレス、ここにきて新人たちが育ってきたことは収穫だと思います。 

CBはブロンコスに狙われ続けました。シーミアンに334ヤード投げられています。 CB2ペリッシュコックスの抜けた穴はバレンチノブレイクラショーンシムズがローテーションで起用されました。 ディックルボー師の「敵に進ませるも得点を最小限に抑える」という秘術が久々に見れました。 セカンダリーの4人:ダノーリスサーシーダイミオンスタフォードラシャードジョンソンケビンビャードも良く働いてくれました。

SラシャードジョンソンとLBエイブリーウィリアムソンの二人の各ターンオーバー(ファンブルフォース)も殊勲のプレイでした。

この試合一番不満だったのは問題のスペシャルチーム。3Q中盤4thパントからパスを決められ、そこから流れがブロンコスに移ってしまったかのような転機になってしまいました。 バレンチノブレイク.... GJプレイもままありますが、ミスの方が多いというのが問題です。いつまでも庇っていられないと思うのですが.....

気になったのが WRケンドールライトのインアクティブ扱いです。 健康状態に問題はなく、数度チームのミーティング欠席と会合への遅刻へのペナルティ処置だったとのこと。 シーズン開始前からOCロビスキーとウマが合わないようですが今でも尾を引いているのでしょうか? 

勝ちは勝ち.....これでテネシータイタンズは一応自力で優勝を狙える立場になりました。 次戦はAFC西地区首位に立つカンザスシティチーフスが相手。しかもロードゲームです。 この難敵を撃破しなければなりません。 
シーズンの大詰め12月ももっとファンを楽しませてください!

Week14 Broncos Vs. Titans highlights 


関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

09

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  

Comment: 2  Trackback: 0

12月9日(金) タイタンズ アップデート
12月に入ってもまだプレイオフ戦線にわずかな望みを残しているテネシータイタンズですが、貴重なバイウィークを経て残されている難敵と戦う準備はできたのでしょうか?

水曜に発表されたインジュリーレポートによるとタイタンズでリストに載っているのはDLジュレルケーシーのみ。ベアーズ戦で足を捻挫したようで水曜は練習していません。しかし本人は試合出場には何の支障もないとコメントしています。 今年タイタンズがここまで(と言っても勝率5割でしかないのですが)来れたのは怪我人を多く出さず戦えたことも大きな要素となっています。

選手のトランザクションでは、昨年からタイタンズのUDFAだったLB:J.R.タバイ(USC)が呼び戻されてPS入りしています。 

テネシータイタンズの今週の対戦相手は昨年のチャンピオン:デンバーブロンコスです。ホームでの対戦となりますが果たしてどんな顛末になるのでしょうか? 昨年リーグ最下位にまで沈み、今期マーカスマリオタの成長と共に少しづつ這い上がろうとしているチームにとってブロンコスとの対戦は今シーズンを評価する格好の機会と言えるでしょう。 

デンバーブロンコスもオフェンスはいくつか問題を抱えていそうですが、昨年スーパーを制覇したあの強烈守備は健在のようです。 タイタンズのオフェンスがどこまで戦えるか? 「エキゾチック スマッシュマウス」でどのようなゲームプランを用意したんでしょう? タイタンズ爺コーチ軍団の作戦への興味は尽きません!

ここまでブロンコス(DB)守備は、4DBフォーメーションだと8サック、5DBだと6サック、ダイム(6DB)だと20サックをマークしているのだとか!(ESPNより) なんとも恐ろしい数値をたたき出しています。如何に優秀なDBが揃っているか!そしてアグレッシブなプレイをしているか!が解ります。この試合、特にターンオーバーには十分気を付けるように祈ることにします。

タイタンズのCB2にはバレンチノブレイクが起用されそうとのこと。ブライスマッケインとのローテーションも考えられます。 ディックルボー師はどんな手を打ってくるのか(何もなかったりするのか?)注目してみたいです。頑張って守ってください。

楽しみな一戦です。 タイタンズがんばれ!

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

04

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  プレイオフ  

Comment: 4  Trackback: 0

12月4日(日) テネシータイタンズ バイウィーク
テネシータイタンズは今週バイウィークで試合がありません。 ここまで6勝6敗、かろうじて地区優勝やプレイオフへの可能性を皮1枚残していることで12月に入ったのにファンや関係者もまだ希望を捨てずにいられる喜びを噛みしめています。 残り4戦を全力(できれば全勝)で戦い抜くために有効に時間を使ってほしいものです。

AFC南地区は近年リーグワーストディビジョンとして名高くなっていますが、中でもテネシータイタンズ(ジャクソンビルジャガーズも)はその地区内で低迷を続けていました。 しかし今年は地区内ライバルも波に乗れずに苦戦しているためにタイタンズにチャンスが残っています。(地区内対決1勝3敗とかなり不利ですがw)

テネシータイタンズがプレイオフに進出できる可能性をシミュレートできるサイトがありましたので紹介します。

How the Tennessee Titans Can Make the Playoffs

ニューヨークタイムス紙によるとテネシータイタンズの地区優勝確率は18~20%とかなり厳しいようです。それでも信じるのがファンです。 頑張れタイタンズ!

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ