1
3
5
6
8
9
10
11
14
17
18
21
22
23
24
25
27
28
  04 ,2016

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを
通して、NFLの面白さ、すばらしさを
皆さんに伝えられればと願ってます♪

最新コメント
検索フォーム
30

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  ドラフト  ケビンドッド  オースチンジョンソン  デリックヘンリー  ケビンビャード  ディックルボー  

Comment: 2  Trackback: 0

4月30日(土): 2016 NFLドラフト 2日目
2016 ドラフト2日目 トレードダウンにて多くの指名権を持つ テネシータイタンズの勝負どころを迎えました。

2巡 2位 全体33位: ケビンドッド DE クレムソン大

 〃12位 〃 43位: オースチンジョンソン NT ペン州立大

 〃14位 〃 45位: デリックヘンリー RB アラバマ大

3巡 1位  〃 64位: ケビンビャード S ミドルテネシー州立大


2日目は大人しくアップもダウンもせずに33位~64位までに4つの指名権を使い切り、上記選手達を指名しました! 今日はディフェンス3名、オフェンス1名という結果でした。 

ケビンドッドはOLBへコンバートさせるそうです。 HOFルボー師は4-3DEをOLBへコンバートさせることが大好きなのだそうですw なかなか素性は優秀そうです 良い子に育ってくださいね~
ルボーディフェンスの肝はブリッツ。となるとOLBは重要な位置を占めます。 ここで彼を選んだのはデリックモーガンの手術からの回復具合に不安があるのか、オラクポの衰えが見えてきたか、デプスを厚くしておく必要があるのでしょう。 

次はオースチンジョンソンを指名し、アルウッズしかいないNTの穴を埋めました。 この位置での指名だと先発までありえそうです。 5テクのみならず3テクもできる応用の利くラインマンで、ダブルチームに対しても屈さないファイターとのこと。タイタンズ先発DE:ダクアンジョーンズのチームメイトだったこともあり、スムーズにチームに溶け込んでほしいものです。

そして3つ目の2巡指名は、RB:デリックヘンリーでした! SECのアラバマ大出身、今年のハイズマン賞受賞者です。 昨年のマーカスマリオタに続いて連続ハイズマンウィナーの獲得。 エディージョージの再来(これはさすがに言いすぎ!)とか地元は大歓迎の様子ですが、これには少々考えさせられるものがあります。 ついこの間デマルコマレーをFAで獲ってきて(高給取り)、さらにデリックヘンリー(ドラフト上位指名)を加えると言うのは、デマルコマレーでランオフェンスを構築できないという意味なのか?と....ビショップ サンキー、アントニオ アンドリュース、デビッドコブ、デクスターマカリスターらを完全に見限ってしまっているのか?と思わせられます。 ともあれ2匹のワークホースを飼っていくことになったわけで、爺によるオールドスクール風エキゾチック スマッシュマウス戦法が少し見えてきましたw 

3巡1位で地元テネシーの”ローカルスカイホーク”の誉れ高いSケビンビシャードを指名。 3日目でも十分指名できるのではないか?とも思いましたが、ディックルボー師がいたくお気に入りのようで今回チームは自信を持って彼を選んだそうです。 フットボールIQが優秀で多くのINT奪取能力が評判のようです。強豪との対戦も少なく NFLクラスのプレイヤーを相手にパフォーマンスを発揮できるか疑わしいという見方も..... でも頑張ってほしいですね~

今日のドラフト指名を振り返って、ディフェンスは要所を埋められる良い結果になったと認めざるを得ません。 
タイタンズ番記者がツイートしていましたが, マイクムラーキーHCがディックルボーDCに廊下で出会った時、「私の中でこれまでで最高のドラフト2日目だったよ。 ジョンロビンソンGMは良くやった!」と言ったそうです。 これを目にしたらあとはメンターに任せるだけです!

Derrick Henry Vs Ezekiel Elliott ESPN Sports Science

↑ なかなか面白い分析ですね。



 

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

29

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  ドラフト  ジャックコンクリン  

Comment: 2  Trackback: 0

4月29日(金): 2016 NFL ドラフト 初日
待ちに待った2016年ドラフトが始まりました。

テネシータイタンズはGMの予告どおりトップテン ピックを目指しトレードアップを果たしました。
クリーブランドブラウンズの持つ全体8位指名+6巡176位を、1巡全体15位、3巡76位、2017年2巡指名権とトレード。

そして ジャック コンクリン OT ミシガン州立大 

8位指名の時点で ラレミー タンシルOTが残っていました。 しかし迷わずコンクリンを指名。 ラレミータンシルには悪いニュースが直前に広がってしまい(映像も)、晴れの舞台で予想を下回る指名順位となったことは気の毒(自分の撒いた種か?)でした。 ドラッグ検査にまつわる疑惑やら大麻吸引、家庭内紛争や暴力沙汰はチームとしてかなりリスキーと判断されて当然です。

個人的にはブラウンズに譲りすぎという気持ちがありますが(特に2017年2巡)、前後のチームがトレードに応じてくれないのであれば仕方がないと納得するしかありません。 ジャックコンクリン選手にはぜひ(苦労して獲得した)全体8位指名にふさわしい活躍をしてもらわねばなりません! タイタンズのコーチ陣テリーロビスキOCとラスグリムOLコーチがべたぼれだというのですから。 テネシータイタンズの初日指名終了直後のプレスカンファレンスでは、ポジションについて聞かれると バーサタリティのある選手を選んだのだから、OT左右、OGも含めて彼にフィットするポジションを検討したいとの事。

メディアのジャック コンクリン評は、サイズ、強さ、テクニックとスタミナでスピード不足を補う ’男気のある努力家である’ というものです。父親が高校のコーチをしており、インテリジェンスも必要にして十分と思われます。 ミシガン州立大からのドラフト1巡指名は あのOT:トニーマンダリッチ以来だそうですw 

SB Nation Jack Conklin will cockroach a man, and that’s why he should be an NFL Draft 1st-rounder

直後のドラフトグレードを見ると、良くて 「B-」, 多くが「C」という評価が多いようです。

Jack Conklin (Michigan State) vs. Oregon (2015)
2015年対オレゴン大戦 デフォーレストバックナーとマッチアップ

タイタンズOLにどんなプラス要素をもたらしてくれるのか 期待したいです!

Continue

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

26

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  ドラフト  マーカスマリオタ  

Comment: 2  Trackback: 0

4月26日(火): タイタンズ モックドラフト ~試行錯誤
いよいよですね! 待ちに待った 2016年ドラフト!
テネシータイタンズは歴史的なトレードダウンを決断、実行し、ドラフトに挑むことになりました。 
ここまでのチームのプロセスは多くの関係者やファンに大いに評価されてきていると思います。 
ここからのファンの願いは”指名でしくじるな!”でしょう.....

Fanspeak's On the Clock モックドラフト シミュレーター2016

もう何回繰り返したか覚えていません。 タイタンズの場合 指名権が多くあるので全体的にはうまくまとめやすいです。
しかしどうもすっきりしません。 欲張りすぎなのでしょうかw 



Marcus Mariota Mic'd Up for Dominating 4 TD Game | Jaguars vs. Titans | Inside the NFL

マリオタのこの礼儀正しさは賞賛に値するものですよね。 多くの人が彼のために人肌脱いでやろうという気にさせられるのもうなづける気がします。 今年タイタンズはマーカスマリオタをどこまで育てられるか。 楽しみにしています!

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

20

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  ドラフト    

Comment: 0  Trackback: 0

4月20日(水): タイタンズ 2016ドラフト ~トレード裏話
NFL史に残る大きなトレードをまとめたテネシータイタンズロサンゼルスラムズのお話がSI誌のMMQBにて記事になっています。 ここでかなり詳細な交渉内容を知ることができます。

Tennessee Titans
MMQB: Inside How Titans-Rams Trade Went Down


色々とあったんですね~ おもしろい読み物になっています。


関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

19

Category: テネシータイタンズ

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  ドラフト  

Comment: 0  Trackback: 0

4月19日(火): マリオタ始動! タイタンズ オフシーズンプログラム始まる
テネシータイタンズはオフシーズンプログラムが始まり、元気に選手達が戻ってきました。 ジュレルケーシー、デラニーウォーカーらベテラン勢のみならず、デマルコマレーやラシャドジョンソンら新加入組も加わり、大勢となりました。賑やかですね。 ジェイソンマッコウティは怪我も癒え無事に参加しています。 なにせ新HC、新OC、新DCという新3役でどうチームが変わるのか? 選手もそこに関心が集まっていたようです。久しぶりに見るチームの面々にワクワクさせられます。

マーカスマリオタも元気な姿を見せています。 昨シーズンが終了後、体のリハビリを古巣のオレゴンでしていたとの事。その間ハワイの実家に戻ったり、CM撮影をスケジュールしたり忙しくしていたようですがしっかり元気になったようです。ナッシュビルに戻る前に’スローイングの指導者’トムハウス師のもとでスローイングの修正に取り組んでいたとの事。一緒に指導を受けていたメンバーにはNYジェッツのジノスミスもいたそうです。マリオタは肩や腕のケアや疲労回復法方法の基礎を精神面と肉体面双方から学んだとのことです。

彼のこのようなフットボールに取り組む前向きな姿勢はファンとして嬉しいですね。 デビュー年後半からキャプテンを任されていましたし、今年は最初からキャプテンでしょう! 本人も意識して発言していくとコメントしています。 頑張ってください!

さて今年のドラフトについてはタイタンズファンとして、とても幸福感に満ちた1週間をすごさせていただきました♪ そしていよいよ本番が近づいてきます。 タイタンズは多くの指名権を持っているわけですが、良い選手を指名できなければ元の木阿弥です。 これについては大丈夫なのか?がとても気になってきましたw 絶好のチャンスを迎えハラハラドキドキ これは堪らないですね!  
 



関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

16

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  ジョンロビンソン  

Comment: 2  Trackback: 0

4月16日(土): 2016 schedule  ’We're not done yet’
NFL 2016年のスケジュールが発表になりました。
我らがテネシータイタンズは以下のとおりです。
2016schedule_Titans 

来年以降プライムタイム放送が増えるよう頑張らないといけませんね!



見事なトレードをまとめたジョンロビンソンGMは連日メディアから脚光をあびていますが、これから迎える2016年ドラフトについて 表題のとおり’We're not done yet’ と発言しています。
まだまだアグレッシブに動いてくれそうですね!
今年のタイタンズが選んだドラフト候補は誰なのでしょうか? 楽しみでなりません。



関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

15

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  ドラフト,  

Comment: 4  Trackback: 0

4月14日:ブレイキングニュース!
我らがテネシータイタンズ。ドラフトのトレードダウンが決まりました!‼️

相手はLAラムズでした。
タイタンズはドラフト指名権1巡-1, 4巡-113, 6巡-177を提供。
ラムズはドラフト指名権1巡-15、2巡-43. 2巡-45, 3巡-76, 2017年ドラフト1,3巡を差し出します。

うーむ、、、、、悪くないかも?

取り急ぎお伝えしました!

Titans_Picks2016.jpg 

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

13

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  未練杯  

Comment: 2  Trackback: 0

未練・或爺杯モックドラフト2016 指名顛末記 'テネシータイタンズ'

未練杯モックドラフト2016に参加された皆様、お疲れ様でした。

遅ればせながら拙ブログにてテネシータイタンズ担当として指名に至るまでの背景をお話させていただこうと思います。 タイタンズと言えば例年ホロさんが活躍されておられるのですが、急遽お鉢が回ってきた今回はあらゆる面で準備が足らず冷や汗ものでした。

全体1位指名権を持っているチームなので、リアルタイム参加できずとも初っ端のトレードダウンを’サプライズ祝砲’として提供できたらいいなと思い、最終的には前日に1-20のNYジェッツさんとトレードダウンをまとめました。(その後更にトレードされ、見事にババ抜きのような全体1位指名権となったようで苦笑させられました)

トレードダウンの理由としては現実(タイタンズの意向)をこちら未練杯では実現させたかったのです。今年は全体1位まで駆け上がり獲得したい選手はいなさそうなので、噂は飛び交っていますがタイタンズは1位指名をせざるを得なくなるのでは?と見ていました(今でも...)。

前回の全体1位指名は前身のヒューストンオイラーズ時代、1978年:RBアールキャンベルを指名して以来です。テネシータイタンズとなって初めてのドラフト全体1位なのです! それなのにタイタンズにとってぴったりフィットする逸材が見当たらないのは残念です。

そんな訳でトレードダウンを望み相手を探し始めるのですが、やはり少しリアリティにこだわった方が楽しんでいただけるかと思い、QBをドラフトで獲得したいニーズを持つチームに絞りました。
トレード対象チームは、カウボーイズ、49ers、イーグルス、ジェッツ、(ブラウンズ)を優先度順として設定しました。 狙いは少しだけ降りてラムジー、タンシル、ボサ、バックナーの誰かを指名したいというものでした....

6日水曜から対象チーム担当者の皆さんへコンタクトを始めました。 しかし日ごろの交流無精が災いし、ツイッターでDMを送れず悪戦苦闘する始末でした。ちゅるコミッショナーには前日までに指名リストを送ると自ずから言い出した手前あせることあせること。

カウボーイズの4位ならおいしいとO___Cさんに大いに期待するも興味なしとのことで、次の49ersはその時点で担当が発表されておらず、少し待つか?次へ行くか?数時間悩みました。 チップケリーHC率いる49ersこそ今回のトレード相手にふさわしいと密かに秘策を練っていました。今年の全体1位とタイタンズを輝かしい将来に導く男マーカスマリオタを差し出し、2016、2017、2018、2019、2020年ドラフト1巡を獲得し、チップケリーHCとの師弟愛ドラマを完結させてやろうと狙っていました。(もうこの時点でリアルがどうのなんて忘れていますw)。こんなことしたら顰蹙を買ってブーイングを浴びてもおかしくは無く、結果的には未達で良かったと胸をなでおろしています。

その後は時間を気にしてイーグルスへコンタクトを始めました。ですが先述のとおり二谷鷲さんにDMできず、時間が過ぎてゆきます。イーグルスも交渉に乗ってくる可能性が高いと予想していただけにあせりました。前日の17:00を回った時点で苦肉の策でサンディエゴを担当されている高橋さんに交渉DMを送るも丁寧に断られました。それでもいろいろと心配していただいてありがとうございました! 私が動けるリミットが着々と迫っており、NYジェッツ担当のkeigo_ishiiさんに連絡したのが20:30あたりでした。トレードアップの意向のありやなしをお伺いすると前向きに検討してくださるではありませんか! 時間内に相手が見つかったことで大いに安堵し、もうこの時点でトレードバリューなんてどうでもよくなって安易な取引で成立とまとめさせていただきました。このトレード成立をちゅるコミッショナーへ双方から連絡し、当日発表とすることを決めたり認証していただきました。私は日曜当日の午前中に指名リストをまとめ上げコミッショナーに送る段取りとさせていただき、眠りにつこうかと支度をしているとイーグルス担当の二谷鷲さんからDMが届いているではありませんかw 「どうしても1位がほしい!」と熱いメッセージをいただきました。まずは断らなければいけません。でもトレード成立はまだ秘密です。ひたすら対応できませんとあやまり、非情にもその後電源オフにして逃げてしまいましたw (二谷鷲さん、どうも失礼しました!)

さて当日となり、早起きだけが取柄なわたしは早速ドラフト指名リスト作成に取り組み、ジェッツの20位指名で獲得できそうな選手をピックアップしました。

以下優先度順
ロニースタンリー OT ノートルダム大
バーノンハーグリーブ CB フロリダ大
(この二人はまず無理を承知でもしかしてというだめもと感覚でw)
イーライアップル CB オハイオ州立大
(この人もギリギリ残らなそう、でも上記二人よりはマシ)
レオナードフロイド OLB ジョージア大   ←ここで指名できた!
(オラクポ衰え、モーガン回復遅れ心配、3-4対応可と見込みデプスを厚くするには最適な人材か)
テイラーデッカー OT オハイオ州立大
(ジャックコンクリンを指名しないことにこだわりたかった。スカウトの評価はスピードと敏捷性不足との評価だったようで)
ウィリアムジャクソンIII CB ヒューストン大
(個人的に注目しているCBでマッケンジーアレクサンダーより上と見ていた)
コディホワイトヘア OG カンサス州立大
(No.1インテリアラインメンを素直に評価し、タイタンズの先発LGを任せられる。OTは2巡で十分と割り切る)
ジャイロンスミス LB  ノートルダム大
(じっくり回復を待てば....)
レラバンクラーク OT テキサステック大
(タイタンズスカウトは早くから注目していた)
ジョシュドクソン WR TCU
(サイズもあり魅力的なワイドアウト)

テネシータイタンズは2016年の全体1位とNYジェッツの20161巡全体20位と3巡、2017年の1巡、4巡、DT:シェルドンリチャードソン、QB:ジノスミスという詳細をうまくコミッショナーに伝えきれず皆様にご迷惑をおかけしたことをお詫びします。どうもすいませんでした。

 当日未練杯が大盛り上がりだったことはツイッターからも見て取れました。 関係者の皆さんの努力の賜物ですね。ほんとうにご苦労様でした。






関連記事

12

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  ドラフト  ジャーレンラムジー  ディックルボー  

Comment: 2  Trackback: 0

4月12日(火): タイタンズ ニュース アップデート
テネシータイタンズは元グリーンベイパッカーズのLB:ネイトパーマーの獲得を発表しました。 
まだ26才、2013年パッカーズのドラフト6巡指名でNFL入りしています。今年がルーキー契約の最終年でベースサラリーが$675,000だそうです。 タイタンズではILBの先発を目指して、ウェズレイウッドヤード、シーンスペンスらと競っていくことになります。 

有力ドラフト指名候補の一人であるジャーレンラムジー(フロリダ州立)がテネシータイタンズを訪問しました。 タイタンズのチームカラー:ツートーンブルーをさりげなく取り入れたファッションコーディネートはとても好感が持てました!
さすがナッシュビルっ子! ディックルボーDCも笑顔を絶やさず応対しお気に入りの様子と見えました。
今週は他にもラレミータンシルジョエイボサデフォーレストバックナーの訪問が続きます! 



ドラフトトレードの噂がMMQBのピーターキングから流れています。 テネシータイタンズはトレードを検討に値するオファーを持っていると.....どうもそれがフィラデルフィアイーグルスではないかと周囲は噂をしているようです。 

フィラデルフィアイーグルス:2016全体1位指名権テネシータイタンズ:2016全体8位指名権、77位(3巡)指名権、20171位指名権、+フレッチャーコックスというディールだそうです.....(とてもゴールドランサムと言えない気がしますがw)

イーグルスは将来を担うQB指名タイタンズは全体8位でOT:ロニースタンリー、33位でWR:ジョシュドクソン、64位でDT:ロバートケメディチ、77位でWR:テイラーボイドだそうです。 
見事なまでの「絵に描いた餅」のようなシナリオですね~   

ジョンロビンソンGM、どうか毅然とした態度であしらっちゃってくださいませ!


関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

07

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  ジャージー番号  マーカスマリオタ  

Comment: 0  Trackback: 0

4月7日(木): ジャージーナンバー 他
テネシータイタンズは9名の新メンバーのジャージー番号と5名の番号変更を発表しました。

QB:マットキャセール 16番
WR:リシャードマシューズ 18番
RB:デマルコマレー 29番
CB:ブライスマッケイン 33番
CB:アントウンブレイク 47番
SSラシャドジョンソン 49番
LB:シーンスペンス 55番
LB:カーティスグラント 58番
C: ベンジョーンズ 60番
<変更>
CB:ペリッシュコックス 24番へ(29をデマルコマレーへ)
WR:ニックハウウェル 85番
WR:トレマクブライド 10番
CB:カーティスライリー 35番
OG:クイントンスペイン 67番



ディックルボーDCによると、DE:ダクアンジョーンズとDE:アンジェロブラックソンをNTポジションで起用することを検討しているとのこと。 この二人なら適応できるかもしれないですね。 興味深いと思います。

タイタンズの将来を背負っているQB:マーカス マリオタが始動します。 今週末金、土、日の3日間、ナッシュビルのハイスクールでハリーダグラス、DGBことドリエルグリーンベッカム、新加入リシャードマシューズケンドールライトデラニーウォーカー(TEではなくWRですね この人w) さらにQB:ザックメッテンバーガーとWR:ジャスティンハンターも参加する予定とのこと。 これだけ揃うとワクワクさせてくれますね。 

GO TITANS !

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

04

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  ジョンロビンソン  

Comment: 0  Trackback: 0

4月4日(月): タイタンズの動向など
今月末のドラフトの話題が増えてきたため 我らがテネシータイタンズのチーム名がマスメディアに数多く登場しだし、なんとも嬉しいような少し悲しいような複雑な気分になってきました。(ここ数年同じようなものですが、今年は全体1位ですから特別です)

一応2016年ドラフトのトップ3候補と言われている OT:ラレミータンシル、DB:ジャーレンラムジー、Edge:ジョエイボサを中心に論じられることが多いですが、トレードダウンの可能性も模索しています。 タイタンズ担当記者の取材によると、タイタンズのトレードダウンの範囲は最大で15位まで、各2,4,7,8位あたりのチームと話をまとめたい意向だと記事になっています。 GMは一応「キングズ ランサム」と公言していますから、大幅な譲歩は無いと予想したいです。 トレードダウンがまとまらなくても、しっかり1位指名をすれば何の問題もありません。 変化が欲しいのは盛り上げたいメディア側の都合ですから。

FA補強の方はドラフトまで 大物級補強はもう打ち止めとの事ですが、あと2件発表がありそうです。 そしてドラフト終了後に補強等を再開する予定とのことです。 ここまでは堅実な手を打ってきた新GMの行動は個人的に好感を持ちました。 更なる動き(きっとアグレッシブ)に期待したいと思います。 

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

02

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ    

Comment: 0  Trackback: 0

4月2日(土): スケジュール、FA契約など
4月になりました。 テネシータイタンズは4月18日からオフシーズンプログラムが始まります。 
OTA(Organized Team Activities)は5月24~26, 5月31日, 6月1~2日, 6~9日と発表がありました。 

タイタンズはLB:カーチスグラント(Curtis Grant)との契約をまとめたようです。 23歳、オハイオ州立大出身で昨年チャージャースにUDFAで入りし53名に残れずファルコンズのPSに籍を置いていました。 まだNFLの試合出場を果たせていません。 ルボー師の元でロスター入り目指して厳しい競争を勝ち抜いてください。

Curtis Grant Ohio State Highlights

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ