2
3
5
6
8
9
10
12
13
14
16
17
20
21
22
23
25
26
27
28
30
  08 ,2015

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを
通して、NFLの面白さ、すばらしさを
皆さんに伝えられればと願ってます♪

最新コメント
検索フォーム
31

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  ウェイブ  

Comment: 0  Trackback: 0

8月31日(月): ロスター 75人にむけて
テネシー・タイタンズはロスター枠75名へ向け、(期限:現地火曜日午後まで) 10名の選手をウェイブしたと発表しました。

LB Nate Askew,
CB Will Brown,
LB Dezmond Johnson,
WR Tebucky Jones,
WR Deon Long,
DE Derrick Lott,
G Justin McCray,
K Mike Meyer,
LB Chaz Sutton
C Fernando Velasco.

このタイミングでOLてこ入れで呼び戻したFベラスコを切ったのは少々驚きましたが、他はまあそんなもんだろうという印象。

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

29

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  マーカス・マリオタ  

Comment: 0  Trackback: 0

8月29日(土): プレシーズン第3週 @カンザスシティ戦
34-10 敵地で大敗。

試合を通し 攻守とも完全にチーフスにしてやられました。 チームの仕上がり具合 いや、チームの総合力で1枚も2枚もタイタンズは劣っているのが良くわかりました。 攻守ともにチームに欠けているものを洗い出せたのを良しとし、今後の糧にしてほしいです。

オフェンス:

新司令塔マーカス・マリオタのここまでの3戦を見ていて、スロースターターなのかな?という印象を持ちました。 それを慎重さと捕らえれば良いのでしょうか? まだプロの世界を学習中なわけで、いきなり多くを期待しすぎるのも酷というものでしょうか?
それでも11回試投7回成功99ヤード獲得とまとめています。 初めて3-4ディフェンスチームとの対戦でしたが、及第点はクリアできたでしょうか? Jヒューストンのスピードを経験できたのも収穫です。

WR:DGBはサイドラインまでで欠場、RB:Dコブは筋肉痛で不参加、TE:Dウォーカーが復帰。 Kライト、Dマクラスターがそれなりに光っていました。 Bサンキーはファンブルを記録、6キャリー、17ヤードと低調なパフォーマンスでした。 OLはパスプロはまあまあ及第点(被1サックはヒューストンがマリオタのロールアウトを捕まえたもの)でしょうか。 ラン攻撃は少々物足りなさを感じました。

ディフェンス他:

全体的に良くなかったです。 DLはチーフスOLにコントロールされ続け、LB陣はパスラッシュもカバーもランストップも足りていません。 CBもPコックスが前試合に続き1INTを記録するも 良くなかったです。 セーフティも同様良く無かったです。 タックルの甘さが随所で露見され相手を簡単に止められない失態を繰り返しました。 スペシャルチームも同様で毎回大きなリターンゲインを供給していました。 このタックル問題は強いチームと対戦するとすぐに露呈してしまいます。 根気良く鍛錬あるのみか?
タイタンズはこの試合獲得サック数:ゼロという戦果でした。 QBにプレッシャーをかけに動いているのですが、逆手を取られてしまう悪循環でした。 ラン守備も好きに走られた感いっぱいでした。 

チーフスは選手達が試合中に大型(10インチ?)タブレットを利用してプレイの確認のために映像を見ているシーンが何度も映像に映りこんできて、IT等先進技術の導入が進んでいるのだなと感心しました。 早くタイタンズもこのレベルに到達してくれないと困ります。 ウィズHCはジョージアテック出身のメカ好きということもあり、タイタンズのHC就任と同時に iPADの導入も始めたのですが、まだコーチレベルでの利用に留まっているのでしょうか? こっちの面でも頑張れタイタンズ!

 

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

24

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  マーカス・マリオタ  

Comment: 0  Trackback: 0

8月24日(月): プレシーズンゲーム第2週 セントルイス・ラムズ戦
ニッサンスタジアムとなってタイタンズの開幕はセントルイス・ラムズを迎えてのプレシーズン第2戦。 この試合はテネシー・タイタンズとなって 初代HCとしてチームを長く率いてきた功労者:ジェフ・フィッシャーが初めてナッシュビルに帰ってきた試合でもありました。 タイタンズファンにスタンディングオベーションで迎えられたフィッシャーHCはとても良い顔をしていました。 懐かしいのはHCだけではありません。 コーチ、選手らにフィッシャー時代の元タイタンズがあちらこちらに見受けられました。 ケニー・ブリット、ジャレッド・クック、ダミアン・ウィリアムズ、ウィリアム・ヘイズ、アキーム・エイヤーズ... 皆さん元気そうでなによりでした。

試合前この試合はひょっとして両チーム併せた"大ブリッツ祭り"が繰り広げられるのではないか?と妙な心配をしていました。 私の大好きなグレッグ・ウィリアムスDCのことですから 「4-3超ブリッツヘビー」でルーキーQBに洗礼を浴びせてくれようとするのではないか? そしてタイタンズ側も前週不調だったパス守備を見直し ルボー師 伝家の宝刀「3-4ゾーンブリッツ」を 特にパスラッシュを多用するのではないか?と脳裏を過ぎったのですが、タイタンズ側の球団事情等を理解しているフィッシャーHCのことですから、大人の対応をしてくれるのではないか?とも思いました。 (結果的には(ラムズ側で)そのように配慮してくれた気がします)

この試合を簡単に振り返ってみますと、ラムズもQBが替わってニック・フォールズ調整中という、タイタンズと似たような状況だったことが幸い?したような気がします。

*マーカス・マリオタの先発2戦目

 8-5、59ヤード、0TD、0INT なかなか落ち着いてプレーできていました。 レッドゾーン近くで デクスター・マクラスターに投じたパスがポロリとこぼれTDとはなりませんでしたが良いパスでした。 ドロップバックするプロのスタイルにもスムーズに適応しているようでこの部分は心配の必要はなさそうです。 ルーキーとしては頑張っていると思います。

*OL再構築

 この日の先発組は LT:リーワン、LG:ベル、C:シュウェンケ、RG:ウォーマック、RT:ポータシという組み合わせでした。 結果的に大きなミスもなく それどころかランゲームでRBの活躍に貢献していたように見えました。 ラムズ先発DL陣がペネトレーション控えめだったことに助けられたのでしょうか? それでもNFL屈指のDLを相手に良い勉強をさせてもらえてなによりでした。
控えに降格させられたAレビトレはもう復活の目は無いかもしれません。

*RB

 先週はデビッド・コブが活躍し今週は先発組でのプレー機会を増やす予定だった我らがタイタンズでしたが、今日はビショップ・サンキーが見事な爆発を見せてくれました。 6キャリー、45ヤードですから立派です。 アントニオ・アンドリュースも5キャリー、24ヤードと良いレベルでのプレーができていました。 注目のデビッド・コブは8キャリー、26ヤードと数字的には低調でしたが なかなか良かったと思いました。 この3人でローテーション回したら心強いでしょうね。 

*レシーバー

 DGBが4レシーブ、40ヤードを記録、だんだん実戦の感を戻せてきているようで何よりです。 TEのスティーブンス、コフマン、スパーナウも要所で良いレシーブを見せていました。 Jハンターも練習番長から脱出するのは時間の問題だと思います。 ハキーム・ニックス初キャッチ、Aタージル、リコ・リチャードソン、Jフォードら各1回。 レシーバー陣はロスターに残るのは大激戦です。

*QB

 ザック・メッテンバーガーはこの試合でも良いプレーを見せてくれました。 ボールを持ちすぎることが無くなり、小気味良いパスを投げれています。 タイタンズが長いシーズンを戦うにあたり、バックアップとして心強い存在ですね。 4番手QB:アレックス・タニーもなかなか良かったです。9回試投7回成功、105ヤードとまずまず。

*DL 

 NT:アル・ウッズ、DE:カール・クルッグ、ダクアン・ジョーンズら皆良かったですね。 ニック・フォールズらラムズQB陣をプレッシャーに晒し続けていたように見えました。 確実にたくましくなってきていますね。 今後が楽しみになってきました。

*LB

 BオラクポとDモーガンらOLB陣も良いパフォーマンスを見せていました。 ラムズのランを止めたのは彼らのおかげと言えるかもしれません。 

*CB

 パリッシュ・コックスが早い段階でINTを奪い先制点をマーク、お見事でした。 Jマッコウティの代役を務めているコティ・センサボーも人が変わったかのようなすばらしい出来だったと見えました。 この人 やればできる子だったんですね~ 良い収穫でした。

*S

 マイケル・グリフィンはベテランらしく良いプレーを随所で示していました。 Dスタフォード、Mハフら2年生の成長が待たれます。

全体的に良い試合ができたタイタンズでしたが オフェンスの錬度をかなり向上させないとシーズン戦は苦戦必至です。 
がんばれタイタンズ!

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

19

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  マーカス・マリオタ  

Comment: 4  Trackback: 0

8月19日(水): 231投目 初INT
練習中にINTされたことがニュースになるなんて テネシー・タイタンズにはかっていなかったです こんな新人。 キャンプが始まってから231投目とのこと。 これまでディフェンスなにやってんだ!という話でもあるわけですから まずは良しとしておきましょう。

先日は(タイタンズにとってはSB制覇の夢を砕かれた)カート・ワーナーがウィズHCの縁で訪れていましたが、今日はウィズHCの師匠:ビル・カウアー大先生がキャンプに来訪されました。 ウィズ、ディック・ルボー、レイ・ホートンとかっての部下だらけなためか? 何の違和感も無い感じが良いですね~

この全米的に注目が集まっている状態って タイタンズではこれまで無かったと思うのです。 なにか心地良い気がします。 来年はマンデーナイトゲームを2試合ぐらい組んでもらえるんじゃないか?と甘い予想じゃなくて希望を持っています。
チームの救世主となってくれるはずの若きエース:マーカス・マリオタを大事に育てなければならないと思います。

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

18

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  OL  

Comment: 0  Trackback: 0

8月18日(火): タイタンズ短信 ~OL再構築
プレシーズン戦が始まりましたが、ここまでテネシー・タイタンズにも負傷者が増えてきています。 17日付で WR クライド・ゲイツをウェイブ、FA OLB アンディ・スタッドベーカーと契約しています。 (LB陣でゼイビア・グッデン、J.R.タバイ、ヤニックークジョー・バージルらが負傷等のためベテランを手当てということのようです)



アトランタ戦にて大醜態を晒したOL陣に、本日の練習から強烈な手術が始まりました。

LT:Tリーワン、LG:Aリビトレ、C:Bシュウェンケ、RG:Cウォーマック、RT:Bベル を改め、
LT:Tリーワン、LG:Bベル、C:Fベラスコ、RG:Cウォーマック、RT:ジャモン・メレディスの組み合わせを試しています。
Aレビトレは2本目センターへ、C:Bシュウェンケは怪我で休みという扱いだそうです。 リーワンとウォーマック以外はまだまだ変更が続くのかもしれませんね。 若手OL:Gイカード、Jマックレイ、Wポールスらはこのチャンスに飛びついてほしいものです。(レビトレ、シュウェンケはいよいよ後がなくなってきました)


関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

15

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  ドリエル・グリーンベッカム,    マーカス・マリオタ  

Comment: 0  Trackback: 0

8月15日(土): プレシーズンゲーム始まる @アトランタ戦
注目ルーキーQB:マーカス・マリオタにとって華麗なプロデビューというわけにはいきませんでしたが、良い経験値を稼いだと受け取ることも出来る.... そんな内容だったと思います。

新生テネシー・タイタンズのファーストチーム(攻守とも)は昨年の悪夢を思い起こさせるか?と心配したくなるスタートでした。 (対ファルコンズ戦はレギュラーシーズンでも対戦があるので、手の内をあまりさらしたくなかったこともあるのかな?) 

気になった事を挙げてみると、

* マーカス・マリオタ デビュー

 最初の2ドライブでターンオーバーという残念なスタートをきることになりましたが、その後しっかり立て直して90ヤードドライブしTDフィニッシュしてみせたあたり 好意的に見てあげたいと思います。 変に0INTにこだわり続けるよりもこれですっきりしたのではないでしょうか?(壊れたスクリーンプレイだったのでINTではないという意見もありますが^^;) どんどん経験を積んでください。

* 昨年からレベルアップできていないOL

 基本的にRTがマイケル・オアーからバイロン・ベルに替わっただけなので、やはり大きな期待は難しそうです。 LT:テイラー・リーワンは成長してくれているようですが、LG:アンディ・レビトレ、C:ブライアン・シュウェンケのパフォーマンスはマリオタを助けるどころか足を引っ張る出来でした。 このユニットは要検討です。

* ランディフェンス

 ファルコンズのランをトータル69ヤードに抑えたタイタンズ守備陣は一定の成果を出せたと言えるかもしれません。 この調子で頑張っていただきたいですね。

* ルーキーたち

 マリオタだけでなく、RB:デビッド・コブも良いところを見せました。11キャリー53ヤード、インサイドを切り裂いていく力強さは魅力的ですね。 WR:DGBことドリエル・グリーン-ベッカムは1レシーブですが32ヤードを獲得。まる1年のブランクがあったのですが今後が楽しみですね。 WR:トレ・マクブライドは主にスペシャルチームでがんばっていました。 RT:ジェレミア・ポータシは2-3軍でプレイしましたが、DEのパスラッシュに苦戦しているように見えました。スピードが足りていないのか? OGにコンバートしたほうが良いのかも??

* ザック・メッテンバーガー

 2番手で登場しましたが切れの良いプレーぶりで成長しているようです。 自慢の強肩ぶりもアピールしDGBへすばらしい縦パスを決めてみせました。 WR:リコ・リチャードソンへのTDパスも印象的でした。 試合後メディアはザック・メッテンバーガーはNFLの先発QBの器であると書き、なぜタイタンズは彼をトレードの材料に使わないのか? AFC東部地区の2チームとか? 記事にしています。 

オフェンスの強化、 まだまだ不十分です。 OLなにか手を打ちたいです。

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

11

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  マーカス・マリオタ  

Comment: 0  Trackback: 0

7月11日(火): デプスチャート発表
HOFゲームも開催され、各チームもプレシーズンゲームが始まります。 テネシー・タイタンズはこれまでにない注目度を集めながらも順調にスケジュールを消化できたようです。 これまでの練習の成果を本戦にて結果を出してほしいです。

ロスターの動き:

8月7日 ウェイブ: FB : コナー・ネイボー(UDFA)、 IN: FB: ザック・ボレン
8月10日 登録: NT:サミーリー・ヒル(PUPリストからアクティブロスターへ)
      ウェイブ: CB:カーティス・ライリー(負傷)、IN: CB: ウィル・ブラウン

タイタンズは本日デプスチャートを発表しました。 

オフェンス:

WR: ハリー・ダグラス、ハキーム・ニックス、DGB、トレ・マクブライト、リコ・リチャードソン
TE: デラニー・ウォーカー、クレイグ・スティーブンス、フィリップ・スパーナウ
LT: テイラー・リーワン、バイロンスティンジリ、ウィリアム・ポールス
LG: アンディ・レビトレ、ジェイモン・メレディス、クイントン・スペイン
C:  ブライアン・シュウェンケ、フェルナンド・ベラスコ、ゲイブ・イカード、アンディ・ガリック
RG: チャンス・ウォーマック、ジャスティン・マクレイ、ヨス・マティアス
RT: バイロン・ベル、ジェレミア・ポウタシ
TE: アンソニー・ファサーノ、ジャルストン・フォウラー、ザック・ボレン
WR: ケンドール・ライト、ジャスティン・ハンター、ジャコビー・フォード、クライド・ゲイツ、ジョス・スチュワート
QB: マーカス・マリオタ、ザック・メッテンバーガー、チャーリー・ホワイトハースト、アレックス・ターニー
RB: ビショップ・サンキー、デクスター・マクラスター、アントニオ・アンドリュース、デビッド・コブ、デビッド・フルーレン

ディフェンス:

DE: ダクアン・ジョーンズ、ロパティ・ピトイツア、アンジェロ・ブラックソン、デリック・ロット
NT: サミーリー・ヒル、アル・ウッズ、トビー・ジョンソン、イサアコ・アイツイ
DT: ジュレル・ケーシー、カール・クルッグ、マイク・マーティン
OLB: デリック・モーガン、カエリン・バーネット、ディオントレズ・マウント、ヤニック・クジョーバージル、J.R.タバイ
ILB: ザック・ブラウン、ウェスレイ・ウッドヤード、ヤウィン・スモールウッド、
ILB: エイブリー・ウィリアムソン、ゼウビア・グッデン、ジャスティン・ステイプルス
OLB: ブライアン・オラクポ、ジョナサン・マサコイ、ネイト・アスニュー、チャズ・サットン、デズモンド・ジョンソン
CB: パリッシュ・コックス、、ブリジレー・ウィルソン、マーキストン・ハフ、リシャード・アンダーソン、コディ・リグス
SS: ダノーリス・サーシイ、ダミオン・スタフォード、ジョス・オーブリー
FS: マイケル・グリフィン、マーキストン・ハフ、カリード・ウーテン
CB: ジェイソン・マッコウティ、コディ・センサボー、ジェメア・トーマス、ウィル・ブラウン

スペシャルチーム

K:  ライアン・サコップ、マイク・メイヤー、ブレット・ケーン
P:  ブレット・ケーン、ライアン・サコップ、マイク・メイヤー
PR: デクスター・マクラスター、ジャコビー・フォード、カリード・ウーテン
KR: デクスター・マクラスター、ジャコビー・フォード、アントニオ・アンドリュース
LS: ビュー・ブリンクリー、アントニオ・アンドリュース

いよいよですね!




関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

07

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  マーカス・マリオタ  

Comment: 2  Trackback: 0

8月7日(金): ロスタームーブ他
UDFAからの期待の新人S:コディ・プルウィットが負傷しウェイブされ、替わりにS:ジョシュ・オウブリーが加入しました。期待度が高かっただけに残念です。 健康になってタイタンズに戻ってきてほしいです。

6日目キャンプでは TE:デラニー・ウォーカーが手(親指根元付近)を12針縫う負傷をしました。 またOT:バイロン・ベルはあごを負傷、OT:バイロン・スティンジリも脳震盪の疑いで練習を切上げています。 チーム発表によると各自さほど深刻ではなさそうなのが救いです。

ここまで順調に経験を積んでいる新エースQB:マーカス・マリオタは、6日目を終了しても未だに0インターセプト記録更新中とのことです。 これは吉兆なのか不吉なのか? 今だからこそいろいろな失敗も経験してほしい気もしますが彼には不要なのかもしれません?? ディック・ルボー師もあらゆる守備を見せてマリオタに協力しているようです。 これは心強いです。

RBコーチ:シルベスター・クルームは今期 RBのパスプロテクションを最優先課題としており、これまでのところタイタンズディフェンス陣に蹂躙されている事態を問題視しているとのこと。 昨年もショーン・グリーン、ビショップ・サンキーデクスター・マクラスターらはほとんどパスプロでは貢献していなかった悲しい記憶を思い出します。 レオン・ワシントンだけでした。 今年はきっちり仕事してくださいね~

DE:カール・クルーグが昨年同様いやそれ以上にオフェンスで起用されそうです。 TEやFBでリードブロッカーとしてなかなか良い仕事をしてくれていましたが、ゴール前やショートヤーデージ残した勝負場面でのボールキャリー等練習してているそうです。 怪我だけは気をつけてくださいませ。




関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

04

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  マーカス・マリオタ  

Comment: 2  Trackback: 0

8月4日(火): タイタンズ短信
まずはマーカス・マリオタ選手、初めてのサイン会ではたくさんの希望者を集めたようです。 映像を見る限りかってない賑わいだと思います。 約1時間ひたすらファンサービスに努めたそうです。 ご苦労様でした。

キャンプを順調に消化しているようで今後が楽しみでなりません。 現地月曜は夜間練習だったのですが 15回試投11回成功と優秀なパフォーマンスを魅せてくれたようです。 キャンプ4日間これまで一度もインターセプトされていないというのも嬉しいですね♪

キャンプ開始にともなってケン・ウィゼンハントHCは面白い趣向を改善を施しました。 タイタンズのロッカールームはこれまでオフェンス選手とディフェンス選手がそれぞれ分かれてロッカールームを使用してきましたが、今回HCはそれをシャッフルしました。 ジェイソン・マッコウティの隣がジャスティン・ハンターとデクスター・マクラスターとなったり、テイラー・リーワンの隣がチャンス・ウォーマックだったり、いろいろと考慮された変更だそうです。 選手間の交流を促進させてチームが一丸となれるように効果が出ると良いですね。 これは長い目で見ないといけないでしょうね。

ロスター生き残りをかけた熱いバトルがあちらこちらでスパークしたニュースがありましたが怪我はしないようにお願いします。

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

01

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  マーカス・マリオタ  

Comment: 0  Trackback: 0

8月1日(土): キャンプ初日 
キャンプ初日を終えたばかりですが、ロスターに動きが出ています。

RB:デビッド・フルーレン、WR:テバッキー・ジョーンズ(ルーキーキャンプ招待)が加入し、OT:テレン・ジョーンズをカット



マーカス・マリオタはキャンプ初日を良いパフォーマンスで終えたようです。
シェイプされた体を作ってきており、プレイブックを良く理解していたとのこと。 このあたりはさすがですね。 パスは18回試投13回成功、0インターセプトだったそうです。

レシーバー陣では、ケンドール・ライトがNo.1、次がハリー・ダグラスやジャスティン・ハンターではなく、ハキーム・ニックスが起用されたとのことで、面白い(失礼)と思います。 DGBも早くプロに慣れて頭角を現してもらいたいです。

注目されているRTポジションは、バイロン・ベルとジェレミア・ポータシが交互に入っていたとのこと。

RBはビショップ・サンキーが最初にプレイした後、アントニオ・アンドリュースとデビッド・コブが多く起用されたそうです。

CB:ブリジレー・ウィルソンは怪我からの復帰あがりですが、初日かなり苦戦してしまったようです。 

ベテランのブライアン・オラクポは健康な状態でキャンプインできたようで、早くも存在感を魅せた模様。

怪我に気をつけて切磋琢磨お願いします。





関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ