1
3
6
7
8
9
10
15
16
17
18
19
20
22
23
25
26
27
28
30
31
  03 ,2015

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを
通して、NFLの面白さ、すばらしさを
皆さんに伝えられればと願ってます♪

最新コメント
検索フォーム
29

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  ブランドン・ハリス  

Comment: 0  Trackback: 0

3月29日(日): タイタンズ短信
テネシー・タイタンズは昨年獲得した元ヒューストン・テキサンズのCB:ブランドン・ハリスと更に1年の契約をまとめました。昨年はタイタンズで11試合に出場しています。 CBとしてスペシャルチーム要員としてがんばってください。



テネシー・タイタンズは4月8,9日にWR:ドリアルグリーン・ベッカムを招いて個別ワークアウトを計画しているとのこと。
彼は今年のドラフト候補WRでは現時点で4~5番手(アマリ・クーパー、ケビン・ホワイト、デバンテ・パーカーの次をジェーレン・ストロングと争っていて、1巡15~22位指名相当)と評価されている選手で、6-5, 238と魅力的なサイズの持ち主です。 オクラホマ大に移る前のミズーリ大時代に大麻で逮捕歴2回ありますw 素行は大丈夫でしょうか?

この才能ある(危険も)大型WRに関心を示すのは、トレードダウンを想定しての獲得可能域選手の評価なのでしょうか? または2巡33位指名候補? (2巡まで降りてこない可能性が高そうな気がするのですが?)
このあたりだとトレードの相手は 17位:チャージャースか19位:ブラウンズ、20位:イーグルスあたりでしょうか?

二人のハイズマン賞QBが登場する今年のドラフト全体2位指名権のおかげで、テネシー・タイタンズ関連のニュースが例年より非常に多いのがファンとしては嬉しいです。 GMさん、煙幕を張り巡らし続け、当日指名直前までブラフかけまくりで他チームをやきもきさせてください。

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

24

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  トミー・スミス,  バド・アダムス  

Comment: 0  Trackback: 0

3月24日(火): ちょっと残念な噂
先日唐突に発表されたトミー・スミスCEOの引退&本業専念のニュースが波紋を呼んでいます。
オーナー一族がテネシー・タイタンズ球団経営への興味が薄らいできているとされ、

 FedEXオーナー:フレッド・スミスによる買収(fedEXの本社はテネシー州メンフィス)

 超金持ちファンド王:デヴィッド・ケッパーによる買収(スティーラーズの一部オーナーでもある)

 クリーブランド・ブラウン・ズオーナー:ジミー・ハスラムと、ブラウンズとタイタンズのオーナーシップを交換する。

色々紹介されています。
トミー・スミスCEO引退ニュースは、まさにアリゾナでオーナーミーティングが開催されるというタイミングでしたので球団売却のアドバルーンを打ち上げたものと見られているようです。(今に始まったことではなく、バド翁存命中は不可能だったため)

しかし少々腑に落ちないのは、テネシー・タイタンズの商品価値が下がりきっているこの時期に売却するということです。 明らかに商売の原則から逸脱していますね。 直近のデータを見ていませんが、2011~2年頃は球団価値がNFL32球団中17~18位あたりに位置していたはずですが、そこから更に続く成績低迷で落ちるところまで落ちているのでしょうw だからこそそんな時期に売却することはかんがえられないのですが。
残る理由は遺族間の内紛(意見の相違)でしょうかね~??

私はバド翁存命中、彼を永遠ドアマットチームになっている元凶とさえ思っていました。
NFLの頂点に立つ夢も、本人の死とともに消え去るかもしれないとは、よもやバド翁も思いもよらなかっただろうなと今回の噂なのか真実なのかわかりませんが、彼に同情したくなりました。 
人生の儚さを思わずに要られません。

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

21

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  トミー・スミス,  スティーブ・アンダーウッド,  バイロン・スティンジリー  

Comment: 0  Trackback: 0

3月21日(土): あれも改革 これも改革 ~CEO引退
テネシー・タイタンズのCEOが交替します。

2013年10月、チームオーナーだったバド翁の死去により娘婿のトミー・スミスがチームのCEOに就任し、今日まで球団経営に関わってきました。 長く低迷を続けるチームの改革に取り組んでいる途中でしたが、タイタンズCEOからの引退を表明しました。 テキサスにあるオーナー一族経営の本業(KSA Industries, Inc.,)とナッシュビルにフランチャイズを置くタイタンズの経営との兼業が厳しさを増してきたため、そして彼の長期的な健康維持を考慮し、球団経営の専任者を設定することがベストと判断したためだそうです。

そして選ばれたのが、スティーブ・アンダーウッド氏です。 2007年までタイタンズのエグゼクティブVPを務めていました。
オイラーズ~タイタンズ合わせて35年というキャリアの持ち主です。 故バド翁の厚い信頼を勝ち得てきた人で、フランチャイズ移転の際、住居をヒューストンからナッシュビルに移しています。 今このオフにトミー・スミス氏が断行した数々の改革を振り返ってみると、この人を再度招くための露払いだったのかなとも思えます。 温和そうな笑顔とヒゲがトレードマークですね。 オーナー一族の知的番頭役再登板に期待したいです。



タイタンズの控えT:バイロン・スティンジリーと複数年契約をまとめました。 少しづつ出場機会も増えてきており、特にOTの駒が足りない状況では、貴重な契約になったと思います。





関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

14

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  デリック・モーガン,  カール・クルーグ,  アンソニー・ファサーノ  

Comment: 2  Trackback: 0

3月14日(土): デリック・モーガン、カール・クルーグ、アンソニー・ファサーノ
2010年のドラフト1巡指名で5年間タイタンズで活躍していたデリック・モーガンの流出阻止に成功!
更に攻守で活躍するユーティリティ・プレイヤーとなっている好漢DT、DE、TE、FB:カール・クルーグもタイタンズに帰ってきます♪ ついででなんですが、K:ライアン・サコップもです。ファンには嬉しい知らせが続きました。

更にNFL歴9年のベテランTE:アンソニー・ファサーノ(6-4,255)をウィズHCシステムのキーポジションに迎えることになりました。ノートルダム大出身、2006年ダラスにドラフト指名され、カウボーイズ以降ドルフィンズ、チーフスでプレイしています。 頑丈そうで頼れそうでしょうか?

次はCB:パリッシュ・コックスを決めていただきたいものです。

しかし、OTをどうするのでしょう? それからトレント・リチャードソンいらないと思います。
昨年と違い、ここまではなかなかGJなラストン・ウェブスターGM、この先もしっかりお願いします。
 

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

13

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  ブライアン・オラクポ  

Comment: 0  Trackback: 0

3月13日(金): B.オラクポとまとまりました!
テネシー・タイタンズは元ワシントン・レッドスキンズのOLB:ブライアン・オラクポと契約に至ったようです。4年契約32M$、13.5M$保証という内容。28歳、3-4パスラッシャーということで、タイタンズの最も補強が必要なポジションにまず一人確保できました。ただし怪我に苦しむシーズンもあり、彼の健康状態がどうなのか気になるところです。 

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

12

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  ダノーリス・シアシー,  ジェイク・ロッカー、  

Comment: 2  Trackback: 0

3月12日(木): FA続報
アグレッシブな大物補強や珍しいトレードなど、今年のFA戦線は大盛り上がりとなっています。 我らがテネシー・タイタンズもWR:ハリー・ダグラスに続き、元ビルズのSS:ダノーリス・シアシーを4年契約2400万$で獲得しました。LB:ザック・ブラウンとはノースカロライナ大で2年間チームメイトでした。 去っていったバーナード・ポラードのリプレイスとして期待がかかります。

FAも速やかに動かなければなりませんが、ドラフト候補のプロデーが始まっており、連日有力候補在籍校へ足を運ばねばなりません。11日はUSCにDT:レオナード・ウィリアムス、12日はオレゴン大のプロデーにQB:マーカス・マリオタを確認にGMを筆頭にHC以下コーチ陣、スカウトが駆けつけます。

現時点でのドラフト候補は、依然レオナード・ウィリアムスとマーカス・マリオタですが、まだまだこの先紆余曲折が待ち受けていそうです。 トレードダウンも依然として可能性があるでしょうし、タイタンズはFAでQB獲得に積極的に動いたのかどうか疑わしく、依然ザック・メッテンバーガーとチャーリー・ホワイトハーストのままという少々心もとないデプスのままという状況が不安視されているのでしょう。 (セインツのエースQBを含むトレードが画策されているとの噂があったり、この時期いろいろ話が錯綜していて楽しかったり、心配したりですね)



若きエースと期待されてきた2011年ドラフト1巡全体8位指名:QBジェイク・ロッカー(26才)が引退を表明しました。負傷に苦しめられたNFLキャリアでした。 当時ラストン・ウェブスターGMとマイク・マンチャック新HCが将来を委ねた期待のQBでしたが、シーズンを通して一度も戦い抜くことができませんでした。 練習熱心で真面目なパーソナリティの持ち主でしたが、結果としてタイタンズ低迷を招いた張本人と言えそうです。 残念でした。 それにしても、こんなにあっさりとNFLキャリアを諦めるとは、相当傷んでいたんでしょうか?

元タイタンズのコートランド・フィネガンも引退表明です。 お疲れ様でした。
ジェッツをリリースされ、オーランドで鉄砲で打たれたクリス・ジョンソンを呼び戻すという話も出ていますが、もうその必要はないでしょう。

デリック・モーガンがファルコンズとバッカニアーズを訪問とか....本人は4-3DEに戻りたいとか? タイタンズはなんとか彼を引き留めた方が良いと思うのですが、どうなるのでしょう? 

そろそろでしょうか 師ディック・ルボーを慕って弟子達が移籍してくるのは? エ○バの証人とかいかないで欲しいです。

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

11

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  ハリー・ダグラス  

Comment: 0  Trackback: 0

3月11日(水): WR:ハリー・ダグラス獲得!
テネシー・タイタンズは、元アトランタ・ファルコンズWR:ハリー・ダグラスと3年マルチプル契約を結びました。タイタンズでNo.1またはNo.2レシーバーになるという好機到来を確信している模様。 がんばってください。

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

05

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  トミー・スミス  

Comment: 2  Trackback: 0

3月5日(木):トミースミスCEOかく語りき
テネシー・タイタンズの再構築に取り組んでいるトミー・スミスCEOが、ナッシュビルのラジオ局2箇所に出演したそうです。

昨シーズン終了時に発言した 「2015年はプレイオフ進出が至上命題であること。2016年はスーパーボウルに進むこと」をラストン・ウェブスターGM&ケン・ウィゼンハント政権に求めていることをこの時期に再度断固たる意思として表明したようです。

大きなサラリーキャップをもって臨むFA補強戦線において、ファンからのリクエストを聞き(DT:ンダムコン・スー、S:デビン・マッコーティ、RB:デマルコ・マレー、WR:ランドール・コブらの名が出た模様)。約束まではしませんでしたが、補強するポジションをチームは理解していると説明したようです。 今期のFA補強ではとても積極的にならなければいけないとコメント。

トミー・スミスCEOの苛立ちの一つに チームのアイデンティティが見えないことであると言っています。さらに彼が最初に描いたチーム像?として「スマッシュマウス・アイデンティティ」があり、物理的にスクリメージラインをコントロールする必要があると発言したようです。 とうとう戦略・戦術にまで介入しだしたのか?と少し心配になりました(苦笑 
そもそもスマッシュマウス戦術で戦うチームを作るなら、パスハッピーなケン・ウィゼンハントをなぜ選んだという話になりますものねw....
ポジティブに考えれば、経営者としての厳しさを垣間見たということでしょうか? これで劇的にチームそのものが好転してくれることを願って止みません!




関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

04

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  バーナード・ポラード,  ジョナサン・マサコイ  

Comment: 0  Trackback: 0

3月4日(水): タイタンズ 去る人来る人
テネシー・タイタンズは2013年に加入したSS:バーナード・ポラードをリリースし、アトランタ・ファルコンズからOLB:ジョナサン・マサコイ(Jonathan Massaquoi)を獲得しました。

バーナード・ポラードは初年度なかなか良い働きを見せてくれました。 昨シーズンは発言力を増しチームを引っ張ってくれるのかと期待したかったのですが違った方向へ向いてしまい、チームへの不満等の発言が目に付きました。さらにレイ・ホートンDC率いる新システムのインストールにチームが苦しむ中、ポラードはわずか5ゲーム目で負傷してしまいシーズンを終えてしまっていました。 先月断行された球団フロント人事でVP:レイク・ドーソンが解雇された際、人事に納得がいかないのでタイタンズから去りたいと自ずから表明していました。 アグレッシブで良い選手だと思うのですが、レイブンズ時代スーパーボウルを勝ち、ホワイトハウスに優勝メンバーが招かれても不参加だったり、かなり個性的なパーソナリティの持ち主でした。 怪我はもう大丈夫なのでしょうか? 新天地でもがんばってください。

ジョナサン・マサコイ選手は (6-2, 264)NFLキャリア3年(ファルコンズ)39ゲーム出場経験があります。 3シーズン合計で6サック、11タックル、アトランタ・ファルコンズにドラフト5巡で指名されています。 ぜひタイタンズでコーチ陣のもと持てる才能を開花させてください。OLBに人材がおらずチャンスですよ。

テネシー・タイタンズはFA解禁を迎えるにあたり、誰にもフランチャイズ・タグをつけませんでした。 
デリック・モーガンをどう評価しているのかなと気になっていたのですが、この動きには特に驚きはないです。
FA解禁を前にあわただしくなって来ましたね。


関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

02

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  ナッシュビル,  トミー・スミス  

Comment: 2  Trackback: 0

3月2日(月): 険しそうな再建の道
昨シーズン2勝14敗というチーム史上ワーストな戦績は、チームのファンのみならず、関係機関にも相当な不満を与えてしまったようです。 
タイタンズにLPフィールドをリースしているナッシュビル・スポーツ・オーソリティがタイタンズとの定期会議において、利用施設の管理や運営オペレーション等の報告が不十分であるとの不満が出たと報じられています。 スポーツ・オーソリティは、タイタンズの施設管理・運営に地域社会代表として関与すべきだと主張を始めたそうです。 
 この件はエグゼクティブVP:ドン・マクラクランの解雇に大いに関係していそうですね。 シーズンチケット連続完売記録更新中とか年初に順調そうなニュースが出ますが、成績の低迷とともにスタジアムに来るタイタンズ・ファンは減る一方で、試合を見ていると本当にホームなのか?と疑いたくなる有様でした。 しかもホームで勝てない(アウェイでもですがw)!
少しづつ状況を把握しつつあるトミー・スミスCEOの今回の人事が、チームの抜本的な改革となるよう祈っています。

 今年のシーズンチケット購入者には、球団から感謝を込めてギフトが送られました。 そのギフトとは、故スティーブ・マクネアのバブルヘッド人形だそうです。 スティーブ・マクネアはタイタンズの永遠のヒーローです。 でもなぜに故マクネア・グッズを送らねばならなかったのかです..... スティーブ・マクネア、フランク・ワイチェク、エディ・ジョージ、ブルース・マシューズ、ジェボン・カース、キース・バラック これらチームを支えてきたスター達に続くような選手がいないという厳しい現実があります。
アンドレ・ウルフォーク、パックマン・ジョーンズ、ビンス・ヤング、マイケル・グリフィン、クリス・ジョンソン、ケニー・ブリット、デリック・モーガン、ジェイク・ロッカー......チームの代表選手として活躍できたのはクリス・ジョンソンぐらいでしょうか。
フィールド内での活躍はもとより、地域とのコミュニティやマーケティング、チケットセールス等球団管理面においても貢献してくれるようなスター選手の登場が待たれます。 

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ