3
4
5
6
7
8
9
11
13
14
15
17
18
20
21
22
24
25
26
27
28
29
  09 ,2013

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを
通して、NFLの面白さ、すばらしさを
皆さんに伝えられればと願ってます♪

30

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  ジェイク・ロッカー,  ジャスティン・ハンター,  ブレット・ケーン,  アルテラン・バナー  

Comment: 2  Trackback: 0

9月30日(月):NFL第4週NYジェッツ戦
 今期2勝1敗同士、あとがない崖っぷちのコーチ陣、若きエースQB擁立、守備陣が好調と、似通ったチーム事情同士の対戦は、意外な展開となってしまいました。 終始リードを保ちつつ勝ちきったのは初戦スティーラーズ戦もそうでしたが、今回は見ていて胃が痛くなることもありませんでした。 ジェッツには大敗を与えたものの、エースQBを負傷退場させられたのは残念でした。

 タイタンズが何かしたというよりは、ジェッツ(ジーノかな?)の自滅(INTやターンオーバー)をうまく得点に結びつけただけです。このような試合展開に導いたのは、タイタンズ・ディフェンスの奮闘あってのものです。DL、LB、DB みんなGJでした。

 タイタンズQB:ジェイク・ロッカーは、素晴らしいパフォーマンスを披露してくれました。 どうやら先週の活躍もフロックではなかったようです。(個人的にはもう見限っていて、次シーズン前にFA補強かドラフトで新QB選びをと考えていました。彼ジェイク・ロッカー様を見くびっていたようで、彼には深くお詫びします。ごめんなさい) パス24回試投18回成功成功率75%は3Q前半で引っ込む前まででお見事です。しかしジェッツのDT:ウィルカーソンにレイト気味な猛タックルをくらい、足(付け根)にダメージを受けてしまいました。やっと調子が上がってきたエースQBをこの時期に壊されるのはとても痛いですね。 ダメージが浅ければ良いのですが......

両チームともに地上戦を展開できず、特にタイタンズのRB:クリス・ジョンソンは15キャリー21ヤードと押さえつけられました。OLもまだまだ課題が多いようです。特にC:ロブ・ターナーはウィルカーソンにやられっぱなしでした。
レシーバー陣はQBが好調なので捕球機会が増えています。ネイト・ワシントンが頼もしい活躍を続ければ、ダミアン・ウィリアムス、ケンドール・ライトも良いターゲットになっていました。特筆すべきはジャスティン・ハンターの先週に続くTDレシーブでしょうか? このルーキーはドラフト34番目としてタイタンズが遡って指名に行った甲斐があったというものですね。”何か”を持っている選手の予感がします。
(ケニーブリットがインアクティブでも問題なく戦えました。どこかとうまくトレードを決めてほしいです)

 ディフェンスでは、CB:アルテラン・バナーが2INTをマーク、もうタイタンズのウィークサイドCBとは言わせない活躍ぶりです。ジェイソン・マッコウティ、コティ・センサボーもしっかり仕事をしていました。 セーフティもジーノ・スミスを混乱に陥れる活躍ぶりは見事でした。DL:カール・クルーグも光っていました。
 
 この試合で印象に残ったプレイは、3QNYジェッツの攻撃:4th&1のギャンブルを止めたプレイです。 9人がフロントに上がって、ジェッツのランを阻止しました。 レックス・ライアンHCの親父さんもオイラーズのDCをしていたこともあり、バディ&レックスファミリーへのオマージュ・プレイなのかと思ったりしました。

STでは、ブレット・ケーンのパントが素晴らしかったです。 常に良いフィールドポジションで戦えていました。

ここまで3勝1敗。このオフからのテコ入れは間違っていなかったと言えるのでしょうか?
ともかく、勝って兜の緒を締めよ! テネシー・タイタンズ♪



関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

23

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  ジェイク・ロッカー,  クリス・ジョンソン,    

Comment: 0  Trackback: 0

9月23日(月): NFL第3週ホーム開幕戦
待ちに待った本拠地ナッシュビルでのオープニング・ゲームは、プレゲームショウとして大物歌手エイミー・グラントを準備する気合の入れようで、試合もファンにとっては最後までハラハラドキドキのスリリングな展開となりました。

タイタンズ逆転勝ち、QBロッカーが終了間際に決勝TD

テネシー・タイタンズは現地22日、本拠地でサンディエゴ・チャージャースと対戦。クォーターバック(QB)ジェイク・ロッカーが試合終了間際に決勝のTDパスに成功し、に20対17で勝利した。これでタイタンズは2勝1敗、連勝を逃したチャージャースは1勝2敗となった。(NFL JAPAN)

最後にドラマチックなTDパスで逆転勝ちを決めたタイタンズでした。この試合のMVPはディフェンス陣に与えたいと思います。チャージャーズの主力が欠場したことにも助けられましたが、Pリバースのパスを184ヤード、1TD に抑えられたのは、評価してあげたいです。 
 
オフェンスではQB:ジェイク・ロッカーがキャリア2位の記録となる299ヤード1TDと期待に応える活躍を見せ、WR:ネイト・ワシントンは8捕球131ヤード、ケンドール・ライト:6捕球71ヤード、TE:デラニー・ウォーカー:5捕球49ヤードとレシーバー達も結果を出せています。地元テネシー大出身のルーキーWR:ジャスティン・ハンターはプロ初捕球がTDレシーブ、しかも勝負を決する大事な局面で魅せてくれました。試合前金曜の練習でハンターがロングパス捕球を練習で決めていたニュースを写真付きで見ましたが、まさに同じ事を大一番で決めてくれました。
クリス・ジョンソンは19回キャリーで90ヤード、平均4.7ヤードとしっかり仕事をしてくれています。ロッカーのTDを決めたプレイでは、良いところでブロックをし、貢献しています。
 
ディフェンスではDL,LB、DBそれぞれが良いタックルを見せ、大きなダメージにつながる流れを作らせなかった事が大きいと思いました。DT:アントニオ・ジョンソン、LB:モイス・フォコウ、CB:ジェイソン・マッコウティらが印象に残りました。SS:バーナード・ポラードはFGブロックを決めてくれました。この人が加入したことで若い選手たちが成長しているのでしょう。本当に良い選手を獲得できものだとつくづく感ぜずに入られない今日この頃です。
LB:アキーム・エイヤーズ、ザック・ブラウンの二人はそれぞれ1タックルと数字的には物足りないですが、負傷で無ければ良いのですが気になります。

一方この試合でメタメタだったのがケニー・ブリットでした。ここまで全然調子が上がってきていませんw 大事な局面でのミスを連発し、最終的に0捕球は痛いです。 つい先日ツイッターでタイタンズとは今年限りで終わりだとか問題発言をしたばかりでその余韻も覚めやらぬタイミングでこの体たらくとは、自分で墓穴を掘ったも同然です。ここまでチームがどれだけプライベートでやらかした数々の失点を庇い続けてくれたのか、念頭にもうないんでしょうねw パックマン・ジョーンズ、ビンス・ヤング、ケニー・ブリットと続いたタイタンズのドラフトの黒歴史時代に幕を引いてもらいましょう.....
K:ロブ・ビロナスもミスが続きます。 昨年もシーズンイン直前までスランプに苦しんでいましたが、シーズンにはしっかり本来の自信を取り戻してプレイできていましたが、今年は心配です.....
チームで反則:11回116ヤード罰退: これは目を覆いたくなる酷さです。これを減らせればもっと楽になれるのですが、なかなか難しいですね~ 

思えば1992年以来チャージャースには勝てていなかったらしいです。9連敗中という不名誉な記録更新中だったわけで勝ててよかったです。今のコーチ陣のコアメンバーはその1992年現役選手として活躍していたですから、ずいぶん時代を感じます。

これで2勝1敗、ここから波に乗って勝利を重ねてください!







関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

19

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  コルツ,  トレント・リチャードソン,  ブラウンズ  

Comment: 0  Trackback: 0

9月19日(木): コルツの補強
トレント・リチャードソンがコルツにトレードされました。 ......AFCサウス戦線波高し!
(ドラフト1巡指名件と交換)
この地区もだんだん盛り上がってまいりました!

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

16

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  ジェイク・ロッカー,  クリス・ジョンソン,    

Comment: 0  Trackback: 0

9月16日(月): NFL第2週テネシー@ヒューストン
テネシー・タイタンズはヒューストンで第2戦を戦い、OTオーバータイムで力尽き負けてしまいました。
タイタンズ・ディフェンスはかなりがんばったのではないでしょうか? オフェンスが時間を使えずにディフェンスが終盤スタミナ切れをおこし敗れてしまいましたが、終盤までロースコアゲームの展開を維持できていました。
 この試合の敗因は、オフェンスのプアなパフォーマンスにあると思います。OL特にC:ロブ・ターナーによる反則の連続は致命的でした。QB:ジェイク・ロッカーも中には良いドライブやパスもありましたが、トータル148ヤードはちょっと悲しい数字ですね。パス攻撃はバリエーションを増やさないとこの先望めないのではないでしょうか? ロッカーの機動力を活かすプランはどこに消えてしまったのでしょう? この2戦、不満の残るタイタンズの攻撃でした。

 最終的にフォスター、テイトの二人にトータルで172ヤード走られましたが、開始から56分間はそれなりに対処できていたのではないでしょうか?(苦笑 
新加入のサミーリーヒルは早々に負傷退場しています。先週も17スナップしかプレイしておらず、少々物足りない働きぶりです(ジュレル・ケーシー:45、デリック・モーガン:49 スナップ)。
パス守備もまだまだヌルイですが、昨年よりは数段まともになってきているようです。
アルテラン・バナー、バーナード・ポラードが各1INTを記録したものの、サックはデリック・モーガンとキャメリオン・ウィンブリーの各1回に止まりました。LB陣ではザック・ブラウンが最多の12タックルと活躍しています。
エイヤーズ、フォコウ共々良くやってくれているように見えます。

この地区チャンピオンとの対戦/敗戦から、多くを学んでいただきたいものです。
次週はホームでの開幕戦になります。 がんばってください。


Continue

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

12

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  チャンス・ウォーマック,  ジェリー・グレイ,  グレッグ・ウィリアムズ    

Comment: 0  Trackback: 0

9月12日(木): 第2週を前に タイタンズ
NFL開幕ゲーム:ピッツバーグ戦を勝利したテネシー・タイタンズですが、けが人対応等動きがありました。
初戦を迎える直前に、一度は先発FBとしたクイン・ジョンソンですが、怪我の回復具合が思わしくなくIR入りさせ、PSからコーリン・ムーニーを抜擢しました。その後は以下のとうり。

LBのトライアウト実施
元シーホークスLB:リロイ・ヒル
元イーグルスLB:ジャマー・チャネイ
元バイキングス:タイロン・マッケンジー

FB:クイン・ジョンソン カット

T:ジェフ・アダムス 契約




さて次戦:第2週は地区内対決で@ヒューストン・テキサンズ戦です。
個人的に楽しみにしたいのが、チャンス・ウォーマック対JJ・ワットの顔合わせです。
今後10年以上にわたって良い意味でライバル関係となってほしいです。
 タイタンズの守備力は、このテキサンズ戦で判断できそうです。アンドレ・ジョンソンにどう対応するのか?
課題というかテーマになっている”ルビー”守備を多用するのでしょうか? 
ジェリー・グレイ&グレッグ・ウィリアムズのコンビに期待したいです。



関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

10

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  マイク・マンチャック,  ジュレル・ケーシー,  ザックブラウン,    

Comment: 0  Trackback: 0

9月9日(月): NFL開幕ゲーム テネシー@ピッツバーグ
テネシータイタンズは、マンチャックHC&ウェブスターGM体制でもう後が無く今シーズンに賭けます。
オフェンスではOLの建て直し、OC交代による戦術変更:ランヘビー・オフェンス、QB:ジェイクロッカーの3年目本格化?あたりが注目されている焦点でした。一方ディフェンスはグレッグ・ウィリアムズの参加によるブリッツ・ヘビー戦術、DB(特にSS、FS)ベテラン補強、DL、LBも若手の成長やFA補強で、昨年最悪だった守備をテコ入れしました。

テネシー・タイタンズ@ピッツバーグ・スティーラーズは、16対9でタイタンズがアウェイで勝利!
タイタンズディフェンスがスティーラーズラン攻撃をわずか32ヤードに押さえ込み、QB:ベン・ロスリスバーガーから5サックを奪う大活躍を見せ、快勝しました。 
 ゲーム開始のキックオフをミスしてセーフティでいきなり2点を敵に与えたときはどうなるのか?心配しましたが、なんとかその後持ち直してくれました。タイタンズのオフェンスは、まだまだ練習不足でラン攻撃もCJ、Sグリーン、Jバトルが走りましたが、敵の守備力の高さもあってか、獲得ヤード自体はたいしたことありませんでした。それでもボールコントロール時間はかなり稼げており、今後RBは3人でゴリゴリ回してゆくことになりそうです。
QBジェイク・ロッカーは、20/11,0TD,0INTとパス精度の向上も見られず、機動力を活用するというプランも前半に少し織り込まれたというぐらいでした。もう少し成長してくれないと、この先苦しい戦いが続きそうです。

 ディフェンスは、今回奮闘しました。スティーラーズのラン攻撃をシャットアウトできたことが大きかったです。C:パウンシーの負傷離脱にも助けられたのでしょうが、敵OLに仕事をさせませんでした。サックもDLではケーシーX2,モーガンX1,LB:ザック・ブラウンX2と5個奪っています。心配されたDB陣も長いパスにはうまく対応できたと言っても良いでしょうか? マッコウティー、バナーが先発しましたが、がんばってくれました。バナーは1intを奪っています。 次戦テキサンズ戦ではキャンベル先発を既にアナウンスしています。このままバナーもキャンベルも切磋琢磨してスキルと経験を高めてください。SS:バーナード・ポラードも良い動きをしてくれていました。
この人を採って正解という気がします。
 スペシャルチームは、最初のセーフティ献上が効いたのか、リターンゲームは低調でした。Kロブ・ビロナス、P:ブレット・ケーンらは、及第点でした。

 この試合は敵の調整不足に助けられた感があり、テネシー・タイタンズのプレイ、特に攻撃は低調でした。
しかし球団、コーチ、先週が一丸となり必死に戦ったという部分もあり、見えないですが勝因と言えるかもしれません。




マーキス・パウンシーをこの試合で失ったスティーラーズは、フェルナンド・ベラスコとサイン!
スティーラーズはラッキーというかナイスだと思います。ベラスコはすぐに先発を任せられるでしょう。
タイタンズでもがんばってくれていましたが、スティーラーズへ行ってもしっかりお願いします。

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

02

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  PS,  プラクティス・スクワッド,    

Comment: 0  Trackback: 0

9月2日(月): PS(プラクティス・スクワッド)登録開始
ロスターカットがありましたが、テネシー・タイタンズは以下の選手をPS入りさせました。

DT Stefan Charles
 CFL上がりのダイヤの原石。まずはNFLの世界に慣れてください。
FB Collin Mooney
 役務で失った3年間を必死で取り戻そうとがんばってきました。良いブロッカーです。
WR Rashad Ross
 ST要員やアンダーニースWRとして期待され開発してゆく方針だそうです。
LB Jonathan Willard
 ハイウェイ・ヒーローは残りました。マンチャックHCは彼の人柄に好感をもっているとのこと。
 LBポジションですし、チャンスはきっと来るでしょう。
CB Khalid Wooten.
 ドラフト6巡ルーキーも、ここでじっくり体を作り、プロプレイヤーに育ってください。

まだ発表は無いですが、QB:ラスティ・スミスもはいってくるのでしょうか?

TE:ジャック・ドイルをコルツが、DE/LB:スコット・ソロモンをジェッツが拾っていきました。
残念ですが、向こうで活躍してください。



関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

01

Category: アメフト

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  ロスターカット,  フェルナンド・ベラスコ、ダジョーン・ハリス  

Comment: 2  Trackback: 0

9月1日(日):悲喜交々ロスターカット
現地時間で31日、テネシータイタンズもロスターカットを発表しました。

オフェンス:
Tダニエル・ボールドリッジ、TEブランドン・バーデン、TEジェイク・ドイル、FBコリン・ムーニー、
DEニジェル・ニコラス、RBジャレン・パーミル、WRラシャッド・ロス、QBラスティ・スミス、
Gケイシー・スタッダード、Cフェルナンド・ベラスコ、WRドンテル・ワトキンス、

ディフェンス:
DTステファン・チャールズ、DTザック・クレイトン、DTダジョーン・ハリス、LBスコット・ソロモン、
LBゲイリー・ガイトン、LBデビッド・ショー、LBティム・ショー、LBジョナサン・ウィラード、
CBカリド・ウィッテン、Sアル・アフラバ、Sコーリー・リンチ

IR:WR:マーク・マリアーニ

大方の予想の範囲内だと思いますが、昨年先発組に抜擢されたフェルナンド・ベラスコは契約でもめたこともあるのでしょうが、あっさり切られました。どこか拾うチームが出てくれればよいのですが.....
TEの2名は、どちらかPSでキープでしょうか? やはり第3QB:ラスティ・スミス切られました。 でもPS入りか?
FB:ムーニーも地元や後援組織の事情等もありPSで残すかな?

守備ではDT:ダジョーン・ハリスはもったいない気もしますが、枠が無いですね。ティム・ショーもST要員として活躍してくれていましたがLBとしてはちょっと足りませんでした。先日高速道路で人助けをして話題になったジョナサン・ウィラードも残念ながら残れませんでした。今年のドラフト6巡指名CB:カリド・ウィッテンも切られました。S:アフラバも残れませんでした。

こうして最終53名が決まったわけですが、アキーム・エイヤーズ、ザック・ブラウン、コーリン・マッカーシー等主力の怪我等で層が薄くなったLB陣は、控えとして良い人材を見つけてきてもらいたいです。 心配していた WR:マイケル・プレストンは、ロスター入りを果たしました。ここからがんばってください。 パワーランナー:ジャッキー・バトルも見事第3RBの座をゲット、ショートヤーデージやゴール前での活躍が今後楽しみです。
SSとして今年のドラフト7巡指名:ダイミオン・スタフォードがロスター入りを決めています。 プレシーズンゲームでも活躍していましたし、ベテランが多いセーフティ陣のなかでいろいろ学んでいってください。
DLは10名残しています。切磋琢磨していっていただきたいです。

今シーズン、テネシー・タイタンズはどこまで戦えるのでしょうか? 贔屓目に見るからでしょうが、どうも予想を立てづらいです。
 

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ