3
4
6
8
9
11
13
14
15
16
18
19
20
21
23
25
26
28
29
30
  09 ,2012

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを
通して、NFLの面白さ、すばらしさを
皆さんに伝えられればと願ってます♪

27

Category: NFL

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  ジェイクロッカー、ハードカウント、パネルエグボー  

Comment: 0  Trackback: 0

9月27日(木): タイタンズ 3週を終えて
ド派手だけどピリッとしないどんでん返しで初勝利を掴んだテネシー・タイタンズでした。
先発3戦目のQB:ジェイクロッカーは、
パス42回試投29回成功、378ヤード獲得、2TD
ラン:4キャリー35ヤード獲得、アベレージ8.8ヤード
まずまずの結果を出してくれました。
ライオンズ戦を見ていて、「おっ学んでるじゃないか!」と少し感心させられたのは、
第2週@サンディエゴ戦で敵にしてやられた『ハードカウント』を、ロッカー自身が使いこなし、
ライオンズDLからオフサイドの反則を誘発させていたことです。
これは嬉しかったですね♪(NFLのQBでは当然使いこなせなきゃいけないのですが、
やっと我らがジェイクロッカー選手も落ち着きがでてきたと捉えてあげたいです)

これまで3戦して毎試合序盤にボーンヘッドをかましてくれる痛いミスだけは習慣化してほしくないです。
すべてターンオーバーにつながり、敵に得点を献上しちゃってますから。

DLも入替えが発表されています。DE:キュンタドーソンが怪我のため、
カットしたDE:パネルエグボーを連れ戻します♪ ここで結果を出し、デプス上位に定着してください。

4戦目はNFLランキング1位?という圧倒的な評価を獲得しているヒューストンテキサンズが相手です。
しかもアウェイでの戦いということで、ここでの戦いでタイタンズの今後が占えるかもしれません

タイタンズはランもパスモ守備陣が不調です。プレシーズンゲームで試していた
幾つかのバリエーションあるプレイを使う機会があまり見受けられません。
トミーキャンベルもスペシャルチームでしかプレイさせてもらっていませんw
ライアンモートンコティセンサボーらがCBで使われていますが、もっと彼を使って欲しいです。
これまでのプレイスタイルで今のテキサンズと戦ったら、虐殺されてしまう事請け合いです。
ランを止めて、プレイアクションに引っかからず、Aジョンソンを止めましょう!
ジェリーグレイDCがどんな準備をしてくるか?興味は尽きません。

タイタンズ攻撃陣もランプレイを増やすプランで行くそうですし、クリス・ジョンソンが通用しないなら、
ダリウスレイナウドジェイミーハーパーで突撃です。
今のタイタンズでは、特にタイムマネジメントが重要になってきます。
タイタンズのOLがどこまでやれるか? テキサンズは3試合で9サックを獲得している
強烈ディフェンスが絶好調のようで、特にパスプロテクション能力の真価を問われる戦いですね。
BマシューズOLコーチ、よろしくおねがいしますぞ。

Continue

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

24

Category: NFL

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  ミュージックシティミラクル、ジェイクロッカー  

Comment: 0  Trackback: 0

9月24日(月): NFL第3週ライオンズ戦
タイタンズがビッグプレイ連発、OTでライオンズ撃破

現地23日、テネシー・タインズは本拠地でデトロイト・ライオンズと対戦。
第4Qだけで3TDを取り合い、オーバータイム(OT)にもつれ込んだ乱戦を44対41で制した。
タイタンズは今季初勝利。敗れたライオンズは先発クォーターバック(QB)
マシュー・スタッフォードが負傷退場する事態に見舞われている。
(NFL JAPAN)

開幕から連敗中の我らがテネシータイタンズは、どうしても勝利が欲しかったのでしょう、
禁断の秘技:「ミュージックシティミラクル」バージョン2.0を発動。



戦前からオフェンスがダメ、ディフェンスがダメとあれこれ問題点を炙りだされ、
強敵相手にどう戦うのか心配していたのですが、「スペシャルチーム」に活路を見出そうとしました。
結果的には成果を上げたのですが、相手のデトロイトライオンズにもミラクルを
提供することとなり、信じられないゲーム展開を生み出してしまいました。まさに「ミラクル」です。
(ライオンズが終盤18秒で2TDを決めた時は、「モータウンサウンドミラクル」だと思いましたw)

勝てたことは嬉しいのですが、タイタンズがリードを保ってクロージングに入ってからの展開に
驚かされ、まだ放心状態が続いているようで、自分なりにこの試合をまだまとめきれていません。
でも大金星ゲッツですよね。


Continue

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

22

Category: NFL

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  スクリーン、ジェイクロッカー、ジャレッドクック  

Comment: 4  Trackback: 0

9月22日(土): ライオンズ戦の前に
どうも体調がすぐれません。 テネシータイタンズが活躍してくれないので
更に回復に手間取ってるように感じる今日この頃です。 ゲホゲホ....

これまでの2戦、オフェンスの単調な攻め方をあれこれ振り返ったりしているのですが、
ランが出ないのでパスに偏重するのはしょうがないと思うのですが、まだ何かが足りない?と
微妙に気になっていたのですが、やっと気がつきました。 「スクリーンプレイ」でした。
ランブロックはおろか今季はパスプロもボロボロなOLでは、新QBジェイクロッカーは落ち着いて
ターゲットを探せていません。 新先発という経験の浅さを付かれて敵は多彩なパスラッシュも
仕掛けてきています。 マットハッセルベックでしたら、効果的に(昨年大したことなかったが)
スクリーンを織り込んで、パスラッシュを牽制するはず....
RBやTEを使ったスクリーンプレイをもっと繰り出してもらわないといけないです。

昨年シーズン前にRB:クリス・ジョンソンをスクリーンでも活躍してもらう
公言していたのに~ 15~16種類をプレイブックに加えるとかどうなってんでしょう?....
TE(今やエースWR化している)ジャレッドクックにランブロックをさせるとか(まあいいんですがw)...

 タイタンズはジェイクロッカーに命運を託したわけですから、必死で支えてあげねばなりません。
今度の対ライオンズ戦でオフェンス陣は結果を出して欲しいところです。

デトロイトライオンズ戦は懐かしい顔ぶれとの対戦ということで、とても感慨深いものがあるのですが、
ジムシュワルツHC率いる戦力強化著しいチームに現在のタイタンズはどう立ち向かってくれるのか?
楽しみにしたいです。NスーとかCウィリアムズとかNフェアリーとか強烈なDT軍団を相手に、
絶不調OL軍団がどう立ち向かうのか?注目したいです。

【第3週プレビュー】ライオンズ対タイタンズ from NFL JAPAN


HC,Mロバートソン、KVB、トゥーロック各人 ウェルカムバック ナッシュビル!

Continue

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

17

Category: NFL

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  OL、  

Comment: 0  Trackback: 0

9月17日(月):NFL第2週 @サンディエゴ戦
チャージャースが開幕連勝、攻守にタイタンズ圧倒

現地16日、テネシー・タイタンズ対サンディエゴ・チャージャース戦が行なわれ、
獲得ヤードで416対212と力の差を見せつけたチャージャースが38対10と圧勝。
開幕連勝スタートを達成した。一方、タイタンズは開幕2連敗となっている。
NFL JAPAN

先週同様いやそれ以下の試合内容でしたね。この怒りをどこにぶつければ良いのか?
ここまで機能できないランオフェンスという問題を抱えた上で、何の工夫も見られない
プレイコールでは、1stダウン更新すらままなりませんでした。
期待のジェイクロッカーもミスが目立ち、パス精度の問題もでてました。
同じような失敗を繰り返してしまった以上、攻撃陣には抜本的なテコ入れが必要でしょう。
OLは早急に入替えに取り組むべきでしょう。

 守備は守備でセーフティにミスが目立ち、セーフティを奥へ向かわせ、その手前にパスを
通されまくっていました。タイタンズのパスカバーも芸がないゾーンばかりでしたw
 途中までけっこうパスラッシュでプレッシャーをかけ続けて、リバースにミスを誘発させて
いましたが、途中で息切れを起こしその後は余裕を持ってパスを投げられましたね。
リバースの巧みなスナップカウントのトラップにひっかかり、オフサイドを随所で取られ
出だしを制されていましたw(特にDT:マイクマーティン)
オフェンスが時間を使えないので、ディフェンスのプレイ時間が長くなり疲労が
溜まってしまってました。 典型的な悪循環でした。

ダメでもいいからラン使わないと攻撃に幅が出ませんてば!
時間の使い方でも大事だし!
今必死で対策を講じないと、コーチの首が飛ぶ可能性が一気に高まるでしょうねw


関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

12

Category: NFL

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  ケニーブリット、デュースルツイ  

Comment: 2  Trackback: 0

9月12日(水): ロスター調整とか
シーズン初戦の不甲斐ない戦いに周囲はけっこうショックを受けてたようです。
OLオフェンスラインの出来の悪さとRBクリス・ジョンソンの走れなさや
ザルだったラン守備や強化したはずのパスラッシュ不発といろいろ問題がありました。
コーチ陣に対する用兵や戦術に対する不満をOCクリスパーマーやHCマイクマンチャックに
ぶつけてくる発言がけっこうでてきていました。けっこうキツイ苦言なので少しビックリです。
次戦でどう修正をかけてくるか?もう少し見てあげたい気がしますけど....

 さてさて問題児がカムバックしてきます。
WRケニーブリットが戻ってくるため、ロスター枠を空けねばなりません。
そしてボロボロな上に控えが足りないOLオフェンスラインのために、
OG:Deuce Lutuiデュースルツイを急遽1年契約で加えるため、
T/GトロイクロポグとDEパネルエグボーを放出してしまいました。
カットされる人選には大いに疑問を感じます。不要な選手が存在すると思うのですが、
チームはオフシーズンから今まで何をやってきたんでしょう?と怒りたくもなります。
 何となく良くない方向へ向かい始めた気がしてなりません??



関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

10

Category: NFL

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  ドラフト,  ジェイクロッカー,  ケンドールライト,  マイクマーチン  

Comment: 0  Trackback: 0

9月10日(月):シーズン開幕VSペイトリオッツ戦
本拠地で開幕戦とあって、球団は初戦から「コード・ブルー」モードで盛り上げようとがんばっていました。
スタジアムである'LPフィールド'も改修に力を入れ、音響設備や大型スクリーン等強化されました。 
エレベーターも増設されています。

さて待ちに待った開幕戦ですが、昨年のAFCチャンプに格の違いを魅せつけられました。
ワクワクしたのはタイタンズの最初のドライブだけでした。
試合途中で3名のキープレヤーが負傷退場という事態は今後に影響しそうで心配です。

 タイタンズは2年目QB:ジェイクロッカーの初先発という記念すべきゲームでした。
そのジェイクロッカーは懸念されていた'パスの精度'を払拭するプレイ内容でしたが、
終盤敵をタックルにいって左肩を強打して退場を余儀なくされています。
WR:ネイトワシントンも1TDを記録後、レシーブ時に同時に2人からタックルされ
ノックアウト退場。2年目MLB:コーリンマッカーシーも中盤膝を痛めて途中退場となり、
試合に戻って来ませんでした。

この試合中継観戦直後の感想なんですが、両チームの試合への「準備の質」や取り組み内容が
チームの完成度によるものなのか?レベルの違いが顕著だったと思いました。
Patsはタイタンズをよく研究してきており、悔しくなるほど「されたくないこと」を突いて来ました。
戦いの基本的な部分、「数合わせ」、「状況の逆をつく」をうまく組み合わせて
試合を組み立てているだけなのですが、ゲーム運びの上手さはさすがでした。

タイタンズのオフェンス採点

ラン攻撃:0点 
 クリスジョンソンは11回キャリーでトータル4ヤード! 
これが2000ヤードラッシャーの数字でしょうか? 別人なのではないかと勘ぐりたくもなります。
しかし一番の戦犯はOLです。どいつもこいつも悲惨な有様で、4年前に59-0で
負けた時よりも酷かったですw LT:ルースも良くなかったですし、LG:ハッチンソンもJロッカーの
QBドローで1stダウン獲得という値千金のプレイを反則で消してしまったし、
RG:ハリスはランブロックもダメ、パスプロもダメというプロレベルではない品質でした。
OLはほんとうに重症です。

パス攻撃:70点(及第点クリア)
 ジェイクロッカーは32回試投23回成功、229ヤード獲得と懸念されていたパス精度も払拭できたプレイ内容で、
よくプレイできたのではないでしょうか? 彼には及第点を上げても良いと思います。
WRケンドールライト、TEジャレッドクックは良くやっていました。これでケニーブリットが復帰したら
ちょっと凄いレシーバー陣となり、戦力アップ間違いなしでしょう♪ 今後が楽しみです。
ダミアンウィリアムスレベルホーキンスはもっとターゲットとしてレシーブできるための
信頼関係ができていないようです。

ディフェンス採点

ラン守備:15点
 特にMLBマッカーシーが退場してからがやられまくりでした。DLに怪我人が複数いるためなのか、
きれいに穴を開けられました。 PatsのOLもたいしたことない(失礼)と思えるだけに、
かなり低水準と評さざるを得ないところです。

パス守備:70点
 FS:マイケル・グリフィンが赤っ恥をかかされ続けました^^; プレアクションパスに引っかかってディープでフリーになられイージーTDを献上というように、積極的に前がかりに上がってきたところを狙われていました。全体的には名手ブレディ相手にまあまあだったと評価してあげたいです。
注目のパスラッシュはウィンブリーの1発だけで、OLBによるブリッツも加わってきてましたが、
成果は上がらず残念。ブレディへのプレッシャーはぜんぜん物足りませんでした。

基礎中の基礎、タックルの精度や当たりの強さ部分でPatsに負けています。
ミスタックルは被害が大きくなりますねw

スペシャルチーム採点

ST:65点

KR/PRともに見せ場らしいプレイをさせてもらえず。
キッカー、パンターは粛々と責任を果たし、とりあえず合格。

コーチングスタッフ採点: 30点

 パスインタフェアランスで消えた最初のドライブのレッドゾーンでのTDレシーブでリビューを
かけなかったことが躓きの元だった気がしてます。


すっきりしない1週間を過ごさねばならないですね~
次戦のために早く問題点を洗い出し、準備してください! 
 

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

07

Category: NFL

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  Ruby、ケビンマシューズ、  

Comment: 0  Trackback: 0

9月7日(金): 開幕直前チーム状態
NFL 2012-13シーズンが開幕しました。
テネシー・タイタンズの開幕戦ももうすぐです。
マイクマンチャック政権2年目、若い選手が多数を占めているロスター構成ですが、
クリスパーマーOC、ジェリーグレイDC 指導のもと、成長著しい選手たちの活躍が
ほんとうに楽しみでなりません。
AFC南地区の状況を考えると、地区優勝狙い、最悪でもプレイオフ出場は
達成してもらわねばならないと見ています。(ヒューストンテキサンズには歯がたたないかも?)

 今回は開幕直前に個人的に注目したい点、危惧している点を1つづつ書いてみたいと思います。
まずは注目ポイント:
守備力強化度
 ドラフトやFA補強を通じ、守備陣は昨年に比較するとかなりブラッシュアップできていると見ています。
まずはDL、昨年はパスラッシュが不作で、しかもランも止められず、けっこう苦戦していましたが、
今年はベテランと入れ替わり、若くてサイズのあるDTが加わりました。
ドラフト3巡:マイクマーティン、UDFAから這い上がったダショーンハリスには特に期待がかかります。
そしてDEでは、キャメリオンウィンブリー選手をFAで獲得し、学生時代に慣れ親しんだ本職(4-3のDE)で
プレイさせます。一方のDE:デリックモーガンも完全復活を期していることでしょう。
DEの駒不足でパネルエグボーという隠れた素材を発芽させた幸運もありました♪
 LBポジションも若い選手は、昨年ドラフト組アキームエイヤーズ(SLB)、
コーリンマッカーシー(MLB)らは、プレシーズンゲームを通して成長分をアピールしていました。 
今年ドラフト2巡指名したザックブラウンもスピードがあり、シーズン中にウィルウィザースプーンから
先発の座を奪ってしまいそうです。
 DB陣では、CB:ジェイソンマッコウティが大型長期契約を結び、アルテランバナーがもう一方の先発です。
パスシチュエーションだとニッケルバックにまわり、昨年PSから頭角を表してきたトミーキャンベル
CBとして入る予定です。控えにも怪我から復帰したライアンモートン、新人:コティセンサボーが加わり、
CBポジションは層が厚くなったといえるかもしれません。
セーフティは今年キーとなるポジションで、ジョーダンバビノ-マイケル・グリフィンに加えて、
PSに入れて数年間育成中だったロバートジョンソンが第3のセーフティとして先発扱いとなっています。
今年のパス守備の鍵となるルビー(Ruby)守備(3-2-6、3セーフティ、マルチプル・ブリッツ)
メンバーとして大きな期待がかかっています。
 
つまるところ、タイタンズ守備が全体的なレベルアップを達成できたのではないか?と見ています。
パスラッシュ、ランストップ、パスカバー、ターンオーバー狙い等テコ入れの効果を確認したいと思います。

危惧ポイント:
OL(オフェンスライン)
 
 Titansデプス0907

タイタンズが発表している最新のデプスチャートをスプレッドシートに書き写したものです。
OLに注目していただくと、インテリアラインメンのセンター、両ガードの控えが、HOF
鉄人の息子:ケビンマシューズ選手が全て兼務ということになっています。
RGにスイッチしたリロイハリスは現在怪我で故障中であり、試合出場は直前判断というような状況です。
控えタックルのマイクオットーも怪我で初戦は無理そうです^^;
まさかこのままで試合に突入しないとは思うのですが、ちょっと勘弁してほしいです。
シーズンオフの段階からOL(C,OG)の不出来を指摘され、多くの選手をあれこれ試してきてこれですか?
HOF鉄人ブルースマシューズと息子ケビンマシューズの関係が影響しており、
だれも口を挟めないということは無いであっていただきたい.....

そうこうしてたらこんなビデオを見つけました。 ケビン君オフに結婚されたんですね。おめでとうございます。
こうなったら死ぬ気でプレイしていただかないとならないですね。



本気でがっばってください!





 

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

05

Category: NFL

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  PS、  Chris  DeGeare、Vidal  Hazelton、  Darren  Evans  

Comment: 0  Trackback: 0

9月5日(水): PS埋まりました。
前回に続き、PS(プラクティススクワッド)登録選手追加発表です。

Sep 3 Darren Evans RB Pract. squad add
Sep 3 Vidal Hazelton WR Pract. squad add

Sep 4 Chris DeGeare OG Pract. squad add

Darren Evans、昨年UDFAでインディアナポリス・コルツ入りしたバージニア・テック大出身RB。
コルツ時代はアクティブロスターとPSを行ったり来たりという過ごし方でした。
バージニア・テック時代は、2119ヤードラッシング、22TDという記録を残しています。

Vidal Hazeltonは、昨年サンディエゴチャージャ-ズにUDFAで加入し、キャンプ終了後カット、
その後シンシナティ・ベンガルズに拾われていましたが今年カットされていました。
(6-2, 209)、大学はUSCからシンシナティ大と渡り歩いています。
期待されていたシンシナティ大で膝を故障していました。

Chris DeGeareは、2010年ミネソタバイキングスにドラフト5巡指名でキャリアをスタートした選手です。
ルーキーシーズンに8ゲーム出場経験があるものの、その後PS入りとなり、つい先日カットされていました。
サイズは(6-4, 335)、ウエイクフォレスト大出身。

なんでRBを入れるのかよくわかりませんが、きっと深い意味があるのかもしれませんw
DL特にDT、NTは大丈夫なのでしょうか? 大事にはなっていませんが、
ジュレルケーシー(肘)、サンデリックマークス(膝)の両名はマイナーな怪我を
抱えているという情報もありましたが..... 先発組なので少し心配です。


関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

02

Category: NFL

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  プラクティススクワッド、  

Comment: 0  Trackback: 0

9月2日(日): プラクティススクワッド発表
テネシー・タイタンズはPS(プラクティススクワッド)として5名の選手と契約したと発表。


TE Brandon Barden,
DT Zach Clayton,
FB Collin Mooney,
WR Michael Preston,
S Tracy Wilson,

なるほどと合点がゆくメンツです^^ あと3名ですね)
OLも入れておきたいはず? 誰を加えるのでしょうか??
いろいろと楽しみです。




関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

01

Category: NFL

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  デプス、ロスターカット、  

Comment: 0  Trackback: 0

9月1日(土): ファイナル ロスターカット、そして新53名
テネシー・タイタンズは、最後となるロスターカットされた選手を発表しました。

なんとも感慨深いものがあります......
この中の数名はPS入りするでしょうし、まだチャンスはあるってもんです。

 WR Devin Aguilar(ワシントン大でロッカーのターゲットだった。UDFAで挑戦),
 TE Brandon Barden(地元ヴァンダービルト大出身),
 DT Zach Clayton(昨年ドラフト指名),
 G Kyle DeVan(FA補強も評価今一),
 DT Lamar Divens(ジモティーヴァンダービルト大、テネシー州立大),
 S Aaron Francisco(FA 目立てなかった),
 TE Cameron Graham(UDFA 目立てず),
 CB Chris Hawkins(昨年はロスター入りも新人に押し出された),
 G Michael Jasper(アピールできず),
 WR James Kirkendoll(昨年UDFA、PS),
 FB Collin Mooney(3年間のブランクは大きかったかw),
 C Chris Morris(お眼鏡にかなわず),
 WR Michael Preston(昨年UDFAからPSで過ごした),
 DE Malcolm Sheppard(DE故障の際の補充要員か?),
 S Tracy Wilson(ベテランFAもアピールできず),
 WR DJ Woods(シンシナティ大出身UDFAで挑戦).

 追加発表としてIR入りした選手も公表しています。

 DE Dave Ball(頭大丈夫なんでしょうか?),
 DE Leger Douzable(元気になればがんばれそうです),
 G Ryan Durand(大事なところで怪我するなんてツイてないです),
 LB Kevin Malast(チームは良く残したと感心),
 CB Terrence Wheatley(期待値高いのでしょうか?).



そしてそして最後に残った53人、このメンバーで2012年を戦いぬきます!

Offense
QB: Locker, Hasselbeck, Smith (3)
RB: C. Johnson, Ringer, Reynaud, Harper (4)
FB: Q. Johnson (1)
WR: Washington, Wright, Williams, Hawkins, Britt* (4 + 1)
TE: Stevens, Cook, Thompson (3)
OT: Roos, Stewart, Otto, Stingily, Kropog (5)
OG: Hutchinson, Harris (2)
C: Velasco, Matthews (2)

Defense

DE: Wimbley, Morgan, Egboh, Solomon, Dawson (5)
DT: Casey, Klug, Martin, Marks, Harris (5)
LB: McCarthy, Ayers, Witherspoon, Brown, Bailey, Shaw, Diles (6)
CB: McCourty, Verner, Campbell, Mouton, Sensabaugh (5)
S: Griffin, Babineaux, Johnson, Afalava (4)

Special Teams

K: Bironas (1)
P: Kern (1)
LS: Brinkley (1)

太字は今年新たにデプスチャートに名を連ねることになった「新戦力」です。

DLはけっこう入れ替わりました。 トレーシーロッカーDLコーチ、ジェリーグレイDC GJ!
キュンタドーソン、ダショーン・ハリス、スコットソロモンは期待したいですね~

GO Young TITANS !

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ