1
3
4
6
8
10
11
13
14
16
19
20
21
22
24
25
26
27
29
30
31
  05 ,2012

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを
通して、NFLの面白さ、すばらしさを
皆さんに伝えられればと願ってます♪

最新コメント
検索フォーム
28

Category: NFL

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  ジェリーグレイ、Rubyパッケージ、  

Comment: 0  Trackback: 0

5月28日(月):新スキームというよりは改良?
我らがテネシー・タイタンズ、どれだけ人気がないんだと溜息をつきたくなるデータですね。

カウボーイズ、NFL人気チームNo.1に  ← NFL JAPAN

32チーム中27位という位置.... だから応援したくなるってもんです(だけどもっとがんばれ!)




テネシー・タイタンズの2012年守備について少し情報が出てきています。
DC:ジェリー・グレイ師2年目の守備システムにおけるキーワード:

 ルビー(Ruby)守備 3-2-63セーフティマルチプル・ブリッツ

ベースの4-3は変わらず、パス守備によりバラエティを盛り込んだシステムを用意し、
あらゆる箇所からブリッツを仕掛けるというスタイルですね。
(ラン守備は大丈夫なんでしょうか?というのは置いておいて^^;)

昨シーズンはコートランドフィネガン選手がニッケルに入って良い働きを見せていました。
今年はアルテラン・バナー選手がその役割を自ら希望しているようです。
そしてバナーの守っていたCBポジションに、成長著しいトミー・キャンベルを
抜擢するといアイデアがあるそうです。(こういう人材を待っていました^^)

もっともこのルビーRubyパッケージは昨シーズン中8%つかわれていたそうです。
(ほとんどがカバレッジ強化型だったような?)
チームが3人目のセーフティをずっと探し求めている理由もここにありそうです。
’ビッグ・ニッケル・セーフティ’、LBのようにランストップもこなし、DBとして機能する
万能選手が欲しいんですね  がんばってFA補強するのか、若手を育成するのか?
今後に注目です。

DC:ジェリーグレイとその師:グレッグ・ウィリアムズがバッファロー・ビルズの
コーチングスタッフだった時代のシステムをチューンナップさせたコンセプト、
なんとか成功させてもらいたいものです。

オフェンスは 現代版Run n' Shootで、守備は攻撃型Rubyパッケージ
今年のタイタンズは要注目となるでしょう! ああ待ち遠しいです....




関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

23

Category: NFL

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  ドラフト,  ザックブラウン,  ケンドールライト,  マイクマーチン  

Comment: 0  Trackback: 0

5月23日(水):ルーキーとの契約は順調そう
今年のルーキーとの契約は順調に進み、あと一人 ケンドール・ライト(1巡)だけとなりました。
ここまでは問題なく来ており、ドラフト組はしっかり練習に取り組めるでしょう^^

チームはベテランDB選手を複数招いて試していますが、契約はまとまっていません。
FS:マイケル・グリフィン、SS:ジョーダン・バビノーを脅かす存在が欲しいのでしょう。
キャップにも余裕があるはずですが、なかなか踏み切らないですね^^
まあ現有戦力で、つまり若手の活用で補完できると考えるならばいらないですね。
アブラム・エラムとギブリ・ウィルソン、どうなるでしょうか?

オフェンス、ディフェンスともに、今シーズンに向けた「新指針」が明らかになってきています。
オフェンスは明らかにラン・ヘビースタイルから3~5レシーバーセットによるパスアタック重視という
情報が漏れ伝わってきます。たしかにFB:アーマードホールをリリースしており、
それを補っていないままここまで来ています。クリス・ジョンソンの控え:ジェボン・リンガーも
怪我からの回復明けですし、3番手:ジェイミーハーパーは昨年活躍できませんでした。
クリス・ジョンソンの活躍に全てがかかっています^^;
レシーバー陣は昨年序盤でエース:ケニーブリットが戦線離脱したため、その他の選手が軒並み自己ベストを更新する経験を積み成長しています。 そこに今年ケンドール・ライトが加入したことで、かなりデプス的に厚くなったと思います。TEもジャレッドクックの成長は著しいものがありました。
TE入りでランアンドシュートの現代バージョンではないか?との予想も希望と一緒に噂されています^
それはそれで楽しみです。OC:クリス・パーマー師の’ラボ’にてフルスロットルで開発中です。

ディフェンスは昨年の反省として’パスラッシュ強化’に取り組んでいることと、DBチームへの新指導方針の適用が始まっているようです。マーカスロバートソン時代のものとどう変更がなされるのでしょうか? 
パスラッシュ強化の派生効果というわけではないでしょうが、アグレッシブさを増す守備を目指すとDCは公言しています。 大いに期待したいものです。

AFC南地区のライバルを横目で睨んでみると、今年は 優勝、最低でもプレイオフ出場が目標でしょうし、
今年は絶好のチャンスだと考えているでしょう^^
コルツは今年が再建初年度、ジャガーズも戦力バランスが悪すぎるように見えます。
テキサンズは怖い相手ではありますが、昨年の破壊力を維持できているのか疑問(戦力流出)です。
ここで活躍できないでどうする?という状況にあります。

GO TITANS !



関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

18

Category: NFL

Tags: NFL,  テネシータイタンズ、FA、ケビン・マシューズ、ユージ  

Comment: 0  Trackback: 0

5月18日(金):楽しみなポジションバトル
テネシー・タイタンズのコーチ陣は、開幕までに自分流プランを伝授すべく張り切っているようです。
昨年はロックアウトの影響をもろに受け、限られた時間の中で見切り発車したようなものでしたから、
思いを新たにという決意を感じます。 マイク・マンチャック政権に切り替わったばかりで、大変だったですものね^^

これから開幕に向け選手間で熱いポジションバトルが始まるのですが、これまでよりも若手が多いため、
’選手の成長’に大いに期待が持てると思います。
そんな中、いくつかの注目すべきポジションに触れてみます。

Cセンター: 
ユージンアマノがこの2年スターターを務めていました。それまではLGで優れたプレイをしていましたが、
大ベテラン:ケビン・マワエ選手をカットした後にセンターを任せられる選手がおらず、ユージンを抜擢した経緯があります。
彼をセンターで使うことに異を唱える関係者やファンが多く、(やっと)見直しを検討中です。
個人的にはこの人はガードが一番向いていると思います。クリス・ジョンソンの大記録達成シーズンでは、
リードブロッカーとして渋い働きを見せてくれていました。
現在怪我の療養中で練習復帰に時間がかかりそうということで、プラクティス・スクワッドから
ケビン・マシューズ(現OLコーチでHOFブルース・マシューズの息子)を引き上げました。
そして控えC/Gで実績のあるフェルナンド・ベラスコ、UDFA契約のウィリアム・ブラコスと
センターポジションを巡ってバトル開始です。
このオフシーズン、他チームの有力C選手がFAとなり、何人もテネシー・タイタンズを訪問しましたが、
誰とも契約をまとめず、ドラフトにおいてもOLの補強は一切なしという徹底ぶりは、
’鉄人の息子’への配慮以外ないと見ています^^;
どうなる’親子鷹’ 要注目です(できればがんばってくだされ~)

CB:
コートランド・フィネガン選手という貴重な戦力を失ってしまったCBグループですが、
先発はジェイソン・マッコウティーとアルテラン・バナーが有力ですが、 
ニッケルバックや控えとして昨年を怪我で棒に振ったライアン・モートンと
空港清掃人:トミー・キャンベル(スペシャル・チームでも大活躍)、昨年の控え
クリス・ホーキンス、今年のドラフト指名コティ・センサボーが争います^^ 
コーチ陣による’プレイスタイル’の変更もあるようでとても楽しみです。
2年目トミー・キャンベルの成長が著しいとの好ニュースも流れており、激しいバトル必至でしょう^^




Continue

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

18

Category: 未分類

Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

関連記事

17

Category: NFL

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  ドラフト,  マイクマーチン、コティセンサボー、ジェイクロッカー  

Comment: 0  Trackback: 0

5月17日(木):ルーキー契約そしてブリットなど
ドラフト3巡指名:マイク・マーチンDTとの契約が合意に達しました。
これで先日のコティ・センサボー選手CBに続いて二人目です。
契約内容は4年契約で $2.728 million、ベースサラリーは $390,000 in 2012,
$480,000 in 2013, $570,000 in 2014 and $660,000 in 2015.とのこと。
この人にはかなりの期待を賭けています。末永く活躍していただきたいです。
まずはおめでとうございます^^

ケニー・ブリット選手、やはり膝に再度メスを入れたようです。
今シーズン何試合プレイできるんでしょう...せめて10試合はこなして欲しいっす。
惜しいですね~ 彼の才能をフル活用できないのが残念ですね~



テネシー・タイタンズのQBポジション競争、ベテラン:マット・ハッセルベック
ドラフト1巡若手:ジェイク・ロッカーによる先発争いですが、GMは最後は「直感」で
決めるとコメントしました。ファン投票ではジェイクロッカーが開幕戦発すべきという投票が
なんと78%も占めていました。
ベテランの経験という財産も貴重だと思いますが、どうなりますことやら^^;


QBs

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

15

Category: NFL

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  ドラフト,  ケニーブリット、FS、SS  

Comment: 0  Trackback: 0

5月15日(火): ブリット、セーフティ補強案
このところ明るい話題が多かったと記憶していますが、少々気になるニュースが出ています。
テネシー・タイタンズのエースWR:ケニーブリット選手の膝の怪我に関するものなのですが、
本人はシーズン開幕戦に出場するつもりで調整してゆくとメディアに発言しています。
これまでフルシーズンをプレイしたことないですし、怪我と上手く付き合ってゆくしかありません。
あれだけ失態続きだった私生活もかなり改善しているようですし、真剣に怪我と向きあって欲しいです。

チームのセーフティ・ポジションですが、FSマイケル・グリフィンにフランチャイズタグを貼り、
SSには2年目ジョーダン・バビノーと契約を済ませています。クリス・ホープをカットしたことで、
この二人を脅かす存在の選手がおらず、FA補強案としてベテランセーフティを加入させ、
競争状況を創りだそうと考えているようです。
Yeremiah BellChris Crocker 選手がタイタンズを訪問します。
現状ロバート・ジョンソン、アル・アフラバ、ルーキー:マーケル・マーティンが在籍していますが、
ルーキー以外は少々薄い気がします.... さて どうなることやら^^





今シーズンテネシー・タイタンズは何勝するか?

12勝以上: 21%
11勝5敗: 23%
10勝6敗: 35%
9勝7敗:  11%
8勝8敗:  5%
8勝未満:  5%

どのチームもそうでしょうが、ファン心理というものは甘いんですね~ (特にこの時期!)
ワタクシは10勝6敗に投票しましたとも^^

Continue

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

12

Category: NFL

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  ドラフト,  ケンドールライト、ベイラー大、プレイブック  

Comment: 0  Trackback: 0

5月12日(土): ルーキーミニキャンプ
テネシー・タイタンズも地元LPフィールドにルーキーを集めてミニキャンプを開始しました。
ドラフト指名選手7名とドラフト外FA選手16名が揃って元気な姿を見せてくれています。
失敗を恐れずいろいろ試して学んでください。タイタンズのコーチングスタッフ陣ですが、
特に『若手の指導』には最適な面々ばかりです^^

1巡指名されたケンドール・ライト選手WRが初日からフィールド上でスムースな動きを披露したそうです。彼にとって最大のチャレンジは、チームの「プレイブック」を覚えることだと発言しています。
彼はハイスクール、カレッジのフットボールキャリアで「プレイブック」は使ったことがなく、ベイラー大のノーハドル・オフェンス4年間の大活躍でも、サイドラインからコーチのサインを確認してプレイしていたと話しています(フイルムスタディには重きを置いていた模様)。ケンドール・ライト彼自身大学時代300以上のプレイを覚えていたそうです。ベイラー大HC:アート・ブリル師のスタイル、魅力的でとても興味深いです。



関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

09

Category: NFL

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  ドラフト,  CB、  

Comment: 0  Trackback: 0

5月9日(水): ベテランCB 2名訪問
コートランドフィネガンの抜けた穴:CBポジションですが、ドラフトでコティ・センサボーを獲得しましたがまだまだ補強を検討している模様。 元ブロンコスのアンドレ・グッドマンと元ビルズのドレイトン・フローレンス両名がタイタンズを訪問しています。ジェイソン・マッコウティアルテラン・バナーのスターターは確定的で、ニッケルとして怪我から復帰のライアン・モートンクリス・ホーキンストミー・キャンベルコティ・センサボーゲリー・ウィルバーンがロスター残留を賭けて競い合います。 若手が多くデプス的にもかなり良化しているように感じます。それでもベテランを獲るのでしょうか?? 

現地10日からルーキーのためのミニキャンプが始まります。 今年のドラフト・クラスの面々のニュースが楽しみです。

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

07

Category: NFL

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  ドラフト,    ケンドールライト,  ドリュー・ヒル、アーネスト・ギブンス  

Comment: 0  Trackback: 0

5月7日(月): 背番号他
今年新加入となった選手たちの背番号が決まり始めています^^
ドラフト組は以下のとうり

13番:ケンドール・ライト WR
55番:ザック・ブラウン LB
67番:マイク・マーティン DT
24番:コティ・センサボー CB
84番:テイラー・トンプソン TE/DE
31番:マーケル・マーティン FS
90番:スコット・ソロモン DE
 
ドラフト外組です

80番:デビン・アギラー WR ワシントン大
46o番:ブランドン・バーデン TE ヴァンダービルト大
62o番:チャンドラー・バーデン OG ケンタッキー大
62d番:ダジョーン・ハリス DT USC
5番:ニック・スティーブンス QB トールトン州立大
46d番:アレックス・ワトキンス LB アラバマ大
53番:ウィリアム・ブラチョス C アラバマ大
40番:ダリス・ホワイティング RB フォードハム大
36d番:ゲイリー・ウィルバーン CB コネチカット大
12番:D.J.ウッズ WR シンシナティ大
41番:クリスチャン・スコット FS テキサス大
72o番:ジョージ・ビアス G/T Stephen F. Austin
48番:ビュー・ブリンクリー LS/TE ミズーリ大
3番:ウィル・バトソン P/K ノースアラバマ大
82番:チェイス・デッダー WR サクラメント州立大
16番:ラクイントン・エバンス WR サザーン大




今年の目玉選手 ケンドール・ライトWR ですが、OC:クリス・パーマー師はかってのオイラーズ
時代の”Fab4”の主要メンバーだったドリュー・ヒル 85やアーネスト・ギブンス 81のような選手になるとイメージしているようです^^
上背は無いですがそれを補って余りあるクイックネスと補給能力を持ち合わせ、キャッチ後の2ndエフォートが素晴らしいという特徴が彼らを思い出させるのでしょう^^
どうぞ期待に答えて長く活躍してください♪





関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

05

Category: NFL

Tags: NFL,  テネシー・タイタンズ,  ドラフト,  ザックブラウン,  ケンドールライト,  マイクマーチン  

Comment: 0  Trackback: 0

5月5日(土): タイタンズのドラフト評価など
NFL関連サイトで2012年のチーム別ドラフト評価が大賑わいという状況でしょうか? 我らがテネシー・
タイタンズ
のドラフトはといいますと、「B」または「B-」というあたりがほとんどです。

ベストな選択は1巡:ケンドール・ライトWR、ワースト(または疑問)は2巡:ザック・ブラウンLB 
ケンドール・ライトに関しては誰もが認める能力と実績があり、当然といえば当然でしょうか?^^
ザック・ブラウンについては、「2012ドラフトクラスLBではベストアスリート。スピードがあり、
パスカバレッジも優秀。しかし『コンタクト』がすきではないようだ」という中傷気味の噂が独り歩きしてしまっている模様です。これに関しては本人もうんざりしているようで、『ソフト』と言わせないよう、これから実力を証明してみせると気合が入っているようです。この人レスラーもやっていたわけで、
その部分はまったく心配はしていません^^

お買い得ピックとしては、マイク・マーティンDTが思いの外好評価です。ミシガン大のDT、昨年のカール・クルグに続くインサイド・ラッシャーとして期待されています。バリバリのNTとして練習熱心であり、地元の人気者とのこと。

ドラフト外契約でもけっこう期待できそうな選手がおり、53人のロスター内に残れるのか興味深いです。
地元テネシアン紙では、USC出身DT:ダジョーン・ハリスジェイク・ロッカーのチームメイト:デビン・アギラー、C:ウィリアム・バチョスは前回触れましたね。地元ヴァンダービルト大からはTE:ブランドン・バーデンがレイブンズやチーフスを断ってタイタンズと契約しています。ここに挙げたUDFA選手は生き残れる可能性があるのではないか?と見られているようです^^

今回のドラフトで7人中5.5人がディフェンス選手ということで、増々フレッシュに守備陣のデプスが厚みを増してくれると期待していますが、DC:ジェリー・グレイ師がどんな方向性を目指すのか興味深く見守ってゆきたいと思っています。





関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

02

Category: NFL

Tags: NFL,  テネシータイタンズ、ドラフト、FA、ザック・ダイルス  

Comment: 0  Trackback: 0

5月2日(水):FA追加など
ドラフトが終了し、15名のUDFA選手と契約も済ませましたが、更にFAで2名を追加しました。

LB:ザック・ダイルス
FB:コーリン・ムーニー


ザック・ダイルスはテキサンズ4年、バッカニアーズ、コルツでのプレイ経験を持つベテラン選手です。恐らくウィークサイドLBのポジションを争うことになりそうです。 ドラフト2巡指名のザック・ブラウンとスタメン:ウィル・ウィザースプーン、ジェラルド・マクラス、パトリック・ベイリーとの競争です。 デプスが厚くなってくるのは嬉しいですね。

コーリン・ムーニーはプロ経験が無く、最後にプレイしたのは2008年Armyにまで遡るそうです。 その後3年間陸軍の役務に就いていたそうです。 アーマード・ホールの後継者みたいですね^^
パワフルなランナーだったようです。 今後生き残りをかけてがんばってください

Collin Mooney Highlight



関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ