1
3
4
5
7
8
9
10
12
13
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
26
27
28
29
  02 ,2012

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを
通して、NFLの面白さ、すばらしさを
皆さんに伝えられればと願ってます♪

25

Category: NFL

Tags: NFL,  テネシータイタンズ,  スカウティングコンバイン、ドラフト、FA  

Comment: 0  Trackback: 0

2月25日(土): コンバイン前
 NFLもスカウティングコンバインが始まります。 評判を上げる者落とす者ドラマが始まります。 
テネシー・タイタンズも昨年のようにドラフトを成功させてもらいたいものです。
 FAとなる選手の引留具合や他所から獲得する選手の状況がらみで大きく変化するのでしょうが、どうしてもテコ入れが必要なポジションが随所にあり、しかも今年は20巡という比較的後ろの指名順位なので、
何か「策」が必要かもしれませんね?

チームの周囲ではあれこれポジション別戦力分析やFAで獲得すべき選手のリストアップなど、多くの意見が見受けられます^^しかし、CBコートランド・フィネガン、FSマイケル・グリフィン等主力級選手の去就が決まらない現在、何も決めらません。
 先日テネシアン紙ジムワイアット氏が書いた記事’Some targets for the Titans in free agency’を、読んで思わず笑みがこぼれました。 彼がチームから聞き出したターゲットとして、

  Colts defensive end Robert Mathis.
  Bengals safety Reggie Nelson.
  Ravens safety/special teams ace Haruki Nakamura.

上記3名を挙げています^^ 実現すると嬉しい選手ばかりなんですが....
ロバート・マシスはまだまだ若くてタフな活躍でDEの片翼を担ってくれそうですし、レジー・ネルソンはJagsからベンガルズへ移って活躍していました。 ハルキ・ナカムラ選手はデプスの分厚いレイブンズでしっかり働いていましたし、スペシャルチーマーとしての貢献度は高いと思います^^

多くのチームが狙っているから簡単ではないでしょうが、ぜひ獲得に動いていただきたいですぞ~ 
新GMさん!





関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

16

Category: NFL

Tags: NFL,  テネシータイタンズ,  ラマー・ディベンズ、ジェイソン・ジョーンズ、マイク  

Comment: 2  Trackback: 0

2月15日(木): FA契約開始
 テネシー・タイタンズは、FA市場より、DT:ラマー・ディベンズ(Lamar Divens)と契約しました。
NFL歴4年、チャージャーズバッカニアーズレイブンズに在籍していたこともあります。 
サイズもDC好みで大型に入りそうで、地元テネシー州出身ということもあり、期待したいところです?
(怪我もあったようですがどこにも定着出来なかったわけで、大きな期待をかけてはいけないでしょうね)

 元シーホークスLB:Lofa Tatupuがタイタンズを訪問したとのこと
(月曜:セインツ、火曜:タイタンズ)。コーリン・マッカーシーとの比較結果はどうでしょう?

 マイク・マンチャックHCジェイソン・ジョーンズを引き止めることが出来れば、DEDT両方で起用するプランを表明 (DEへのコンバートは成功とは言い難いもので、やはり中を守らせたほうが良いとの判断なのでしょうね^^;)
この人は何としても引き留めて欲しいと願っています 新GMさん よろしくです~

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

11

Category: NFL

Tags: NFL,  テネシータイタンズ,  マイク・オットー、ラベル・ホーキンス  

Comment: 2  Trackback: 0

2月11日(土): 契約更新情報
タイタンズ、WRホーキンスと契約延長合意

少しづつですが新たに契約を締結した情報が発表されています。

OLではバックアップT:マイクオットー(Mike Otto)が2年契約を結びました。 
終盤デビッド・スチュワートが故障の際、代わりに先発し良い仕事をしていました。 
これで’T’ポジションは、マイケル・ルース(LT)デビッド・スチュワート(RT)
マイク・オットー(控1)バイロン・スティンジリー(控2)となり、
標準以上のレベルは維持できそうな気がします^^
タイタンズの場合、昨年から心配していた’G’’C’の補強です。 
今年は動きがありそうで、期待したいです。

WRではラベル・ホーキンスと3年契約。 昨年レシーバー陣ではNo.4の位置で自己ベストをマーク。 
フィッシャー政権ではほとんどインアクティブ扱いで、実戦での能力は未知数でしたし、
ドラフト時は潜在能力は高そうという評判だったので、まだ伸びしろは少しあるかもしれません^^;
しかしケニー・ブリットネイト・ワシントンダミアン・ウィリアムズと彼というWRの布陣で大丈夫なのでしょうか??
何とかして長身でシュアハンドの持ち主を是非加えてもらいものです。

タイタンズFAとなる選手は18人で、ここまで2名と契約をまとめ、残り16名という状況でしょうか?
気になるのはコートランド・フィネガンCBですが、ライオンズへの移籍が噂されています。 かなり実現性が高そうです。 タイタンズDB陣のリーダーであり、闘争心むき出しのプレイは大好きでした...
デメリットも大きいですが、失う場合のメリットもありそうです。 それは’反則が減る’こと!
 それこそジェリー・グレイDCの望むことかも知れません。
 そしてDB陣ではマイケル・グリフィンFSの去就に注目が集まります。 グリフィンがいないDBを想像するのは怖い気がします。 恐らく...チームに留めておくのではないでしょうか??


関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

06

Category: NFL

Tags: NFL,  テネシータイタンズ,  スーパーボウル、ジャイアンツ、ペイトリオッツ、ケビ  

Comment: 4  Trackback: 0

2月6日(月):スーパーボウル
 今シーズンを締めくくるNYジャイアンツNEペイトリオッツが対戦した「スーパーボウル」
なかなか面白かったですね。
どちらを応援すればいいのかあれこれ悩みながらも、キックオフまでにはNYジャイアンツを応援することに決定。 理由はトムコフリンHCのコーチングツリーに属しているケビン・ギルブライド現OCを昔のよしみ(オイラーズ時代)で応援するためというものでした^^;(タイタンズ現OC:クリスパーマーもかってはNYでアシスタントコーチでしたし....^^)
(いろいろ関係を挙げてゆくとどちらにも縁があり、切りがないのですがね^^;)

 ゲームは緊張感のある戦いで見応えがあり楽しめました。 しかし終盤の両チームのタイムマネジメントは首を捻らざるを得ない不可思議な決断だと思いました。 PATSがなぜ時間の消化を気にしないのか? 得点させてしまい残り時間を確保し’ラストドライブ’に賭けるというのがセオリーのように思えました。 一方ジャイアンツもランプレーでTDせずにGLで止まればよいものを得点してしまいましたw(後ろ向きTDw)  それでもEマニングマリオマニンガムへのロングパス、見事でしたね~ あのプレイが’Play of the SB 2012’なのではないでしょうか?

 今日記事で目にしたのですが、タイタンズ現OC:クリス・パーマーイーライ・マニングは今でも連絡を取り合う関係なのだそうで、イーライがタイタンズの試合をTV観戦したあと連絡してくることがあるとのこと。 ジャイアンツ時代のプレーコールやサイン(例えばQBのジェスチャーやオーディブル伝達手段など)と同じなのではないか?と彼が驚いて指摘してくるそうです^^ インタビューアーに対し、クリスパーマーOCはそれを否定していません。 非常に’近い’コンセプトであるとかわしています^^
 記事のまとめとして、今日のスーパーボウルの両チームの’オフェンス’こそが、テネシー・タイタンズの志向するプレイスタイルなのだと結ばれていたような気がします。 

 次こそはテネシー・タイタンズスーパーボウルに進出し、勝てますように! 
新たなる挑戦を応援せねば!


関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

02

Category: NFL

Tags: NFL,  テネシータイタンズ,  ブルース・マシューズ、ネイト・カゾー  

Comment: 0  Trackback: 0

2月2日(木):コーチ追加など
 テネシー・タイタンズはアシスタントOLコーチをアート・バレロ氏からネイト・カゾー氏に切り替えることを発表しています。 (難しい名前ですね~:ワタシには、’カチョー’って聞こえるんですけどw)
 今シーズンからOLコーチはタイタンズの数少ないレジェンドアイコンの一人:ブルース・マシューズ氏が就任していますが、マイク・マンチャックHCの盟友ということもあり、鉄人マシューズを傷つけるわけにはいかないのでしょう。 そういう意味でアシスタントを付けていたことは想像できましたが、何かと大変ですね^^ それでも何とかして錆び付いたOLラインを再建しなければなりません。
 しかしこのネイト・カゾー氏ですがジャガーズで4年のアシスタントSTコーチを務め、カレッジでは17年のコーチングキャリアを持っているとのことですが、彼はこれまで’OLコーチ’を経験していないのではないでしょうか?? ちょっと不思議な人選のような気もしますが.... どうなんでしょうか?


 


 インディアナポリス・コルツの功労者:ペイトン・マニングの去就が大きな注目を浴びていますが、
母校テネシー大学のあるテネシーへ(帰って)、タイタンズへいらっしゃい!という在テネシーファンが
熱烈ラブコールを送っているようです^^; 少々非現実的な望みだと思いますが.....  
偉大な(病み上がり)QBの去就はライバルチームにとって最も気になる動向ですから、このSBを挟んだ2週間にアナウンスがあるのか注目しています。


Continue

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ