1
2
3
5
6
8
10
11
12
13
16
17
18
19
20
22
23
24
25
26
27
28
30
  11 ,2011

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを
通して、NFLの面白さ、すばらしさを
皆さんに伝えられればと願ってます♪

最新コメント
検索フォーム
29

Category: NFL

Tags: NFL,  テネシータイタンズ,  マット・ハッセルベック、ジェイク・ロッカー,  ジェリー・グレイ,  グレッグ・ウィリアムス  

Comment: 8  Trackback: 0

プレイオフ出場の可能性:首の皮一枚つながってますエディション
テネシー・タイタンズにとって今シーズンは長期フィッシャー政権を終え、新HCに生え抜きマイク・マンチャックを抜擢した再スタートの年であり、戦力的にもかなり貧弱な陣容から始まったわけですが、FA補強、ドラフトを通じて、かろうじて戦える戦力を整え、ここまで6勝5敗できました。
 今シーズンは見えない何かがタイタンズを助けてくれ続けます。 AFC南地区のライバルチームに次々と問題が発生しました。この10年南地区の覇者であったインディアナポリス・コルツの大黒柱:ペイトン・マニングの不出場、ジャクソンビル・ジャガーズでは開幕直前これまた正QBだったデビッド・ギャラードの突然の解雇、ここに来てヒューストン・テキサンズのQBが相次いで故障しシーズン終了という事件発生という具合に、ライバルチームのトラブルに救われる形で、サバイバル戦線にぶら下がっています。

 AFC南地区、首位を走るヒューストン・テキサンズとはW17最終週で直接対決が残っています。ここまで地区優勝またはプレイオフ出場の可能性を残すにはもう負けるわけにはいきません。 残るスケジュールを予想してみると、コルツジャガーズはもちろんバッファロー・ビルズにも勝たないといけません! ニューオリンズ・セインツにはどうがんばっても無理そう?なのでここは捨てて3勝1敗でテキサンズと戦い、そして勝つ!というのがベストのシナリオでしょうか? もちろん対セインツ戦も楽しみにしているんです。 グレッグ・ウィリアムスVSジェリー・グレイの’師弟対決’に大注目をしていまして、大金星を期待しています^^;

ここまで来たらプレイオフを狙って欲しいです! GO TITANS!




関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

29

Category: NFL

Tags: NFL,  テネシータイタンズ,  マット・ハッセルベック、トミー・キャンベル  

Comment: 2  Trackback: 0

11月28日(月):Week12 タンパベイ戦
 いやはやいろいろな意味で’シビレル’展開で最後までハラハラさせられました。 何とか振り切って23-17で勝利を勝ち取りました^^ 天候は雨、気温が下がり、やや悪コンディションでの試合となり、両チームともに’ボールセキュリティ’に苦しみました^^;  この試合タイタンズバッカニアーズ、どちらも負けるわけにはいかない一戦として接戦を演じています。 ジェフフィッシャー旧HC最後の失敗と言われる’ルギャレット・ブラントをカット’してから彼の活躍は音に聞いていましたが、直接敵対してみるとその失策の大きさを実感させられました。 今日はこちらのクリス・ジョンソンも負けてはいられないようで190ヤード超走ってくれました。 まだ本調子ではなさそうですが、奮闘してくれたのはなによりです。
 この試合、スペシャルチームの頑張りがなければ軽く負けていたと思います^^; なにせハッセルベックのパス攻撃がひどくてダウン更新もままならないような戦いぶりでしたから....
’新人秘密兵器’トミーキャンベルによるリターン・タッチダウンには興奮させられました。 ミニミニ・ミュージックシティ・ミラクルという感じでしょうか?(欲を言えば次戦@バッファローでおもいっきりぶちかまして欲しかったと思いましたが.... きっと違う何かをやるに違いない!) 

ディフェンスはこの試合を通じて良かったです。 特にDLLB陣はGJ!。 新人:アキーム・エイヤーズの存在感が試合ごとに高まって来ていると見えるのは、成長の証拠と考えたいです^^ コーリン・マッカーシーも2度目の先発MLB役をきっちり務めて見せてくれました^^ さすがマイアミ大出身LBというところですね^^ ルーキーDL:ジュレル・ケーシーもDLの主軸として活躍してくれています。 しかし....最後の守備シリーズのプレイコールには心配させられました~ 超コンサバティブといいますか、超プリベント守備というのか? 9人ゾーンでラインが2人セットとか出てきまして、思わず’止めてくれ~’と叫んでしまいましたw 敵QBへのプレッシャーよりも一発TDを許さない頑固なポリシーは理解できますが、どんどん攻撃が進んで攻め込まれるのは危険すぎますぜい! ジェリー・グレイの旦那!

Tampa Bay Buccaneers vs Tennessee Titans highlights


関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

21

Category: NFL

Tags: NFL,  テネシータイタンズ,  マット・ハッセルベック、ジェイク・ロッカー  

Comment: 6  Trackback: 0

11月21日(月):W11@Atlanta戦
今朝はパンサーズvsライオンズ戦、タイタンズVSファルコンズ戦、そしてイーグルスVSジャイアンツ戦とハシゴ観戦です。ライオンズ戦はシュオーツHCKVBトゥーロック(あとVフラーも)の応援です。イーグルス戦はやはりVヤング先発、Jバビンとその師:ウオッシュバーンコーチの応援というものです^^; さすがに疲れてしまいました。

タイタンズはディフェンスの弱点を徹底的に突かれ、それを修正できないまま終わってしまいました。 ファルコンズのランも止められず、パスもほとんど通されてしまいました。 一方タイタンズのオフェンスはラン攻撃がまたまた不発といいますか、悲惨な状況になってしまいました。 クリス・ジョンソンがまったく走れませんw パスはと言うとこれまた悪戦苦闘で3Q途中にMハッセルベックは利き腕を怪我してしまいました。 RT:デビッド・スチュワートも怪我でベンチへ引っ込んでしまいます(ワタシがHCだったら、両Gとセンターを首にします!) 。 ディフェンスでは復帰したMLB:バレット・ルードが良かったのは最初の数プレーだけでした(後半出場したコーリン・マッカーシーの魂のこもったプレイは素晴らしかったです)^^;

 しかしこのゲーム、審判のジャッジがファルコンズ寄りで、微妙に白熱しそうな試合を壊していた気がします。 アウェイなのだからある程度は織り込み済みだとしても、フェアさに少々欠けていたように感じます。 審判グループで差があっては困ります。

嬉しかったこと:
ジェイク・ロッカーが登場し、初TDを記録したこと。 ポケットに収まらずにモバイルしてましたが、フレッシュで良かったです^^; 2TD,0INT とても良い練習経験になったことでしょう^^  ずっとこのままディフェンスはシステムを変更せずに戦ってゆくのでしょうか? 先行き不安がつきまといそうです~

Titans vs. Falcons highlights



関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

15

Category: NFL

Tags: NFL,  テネシータイタンズ,  マット・ハッセルベック、ジェイク・ロッカー、コーリ  

Comment: 0  Trackback: 0

11月15日(火): 賞賛ばかりはおかしいと思うエディション
カロライナ・パンサーズに完勝したことで、地元ナッシュビルのメディアを中心に非常に好意的な記事が目につきます。’ルーキーLB:コーリン・マッカーシーが素晴らしい働きを見せた’だの、’同ルーキーLB:アキーム・エイヤーズのキャリア・ベストのパフォーマンス’だの’クリス・ジョンソンの復活劇’とか、’WR:ダミアン・ウィリアムズの著しい成長’などなど賞賛記事のオンパレードですね^^; しかし相手が不調だったんだから、次戦はもっと厳しい戦いになるわけで気を緩めてはいけないです。

マイク・マンチャックHCは正MLBは依然バレット・ルードであると明言しています。 でも怪我の具合はどうなんでしょう? コーリン・マッカーシーも3週怪我で休んでいたので、うまく補完し合えれば良いのですがどうでしょう^^
WRダミアン・ウィリアムズはたしかに1試合ごとに成長が伺えます。 こうなってくると毎週楽しみになりますね^^ 楽しみという意味では個人的にはスペシャル・チームで頑張っているCB:トミー・キャンベルにプレイの機会を与えてあげて欲しいと思っています。 あの身長とスピードは魅力的に映るのです♬ これも楽しみに待つことにしましょう。 

 次のファルコンズ戦タイタンズは今シーズンをどう終えるか?見えてくる気がしてます。 ともに5勝4敗プレイオフ戦線に可能性を残しているチーム同士の対戦です。ここで完敗するようだと終わりですね。 来季を睨んだ戦いという戦略転換が必要になるでしょう。
今週は喜んでばかりいないで、”勝って兜の緒を締めよ”モードでお願いします!


関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

14

Category: NFL

Tags: NFL,  テネシータイタンズ,  マット・ハッセルベック、ジェイク・ロッカー、コーリ  

Comment: 2  Trackback: 0

11月14日(月):W9@カロライナ戦
ここからNFCチームとの対戦が続くスケジュール。 まずはカロライナ・パンサーズとアウェイで戦いました。 今年のドラフト全体1位指名ルーキー:QBキャム・ニュートンの活躍や大器ぶりが聞こえてきていましたが、実際戦ってみるよく分かるだろう?と期待していました。
今年彼ニュートンの次に指名されたQBは我がチームのジェイク・ロッカーなので(しかもトップ10以内)、好対照な使われ方が興味深いと思います。 もちろんチーム事情というものがあり、いろいろな背景に影響されてしうわけです。(2006ドラフト全体3位指名で獲得したVヤングだって、最初はサイドラインでお勉強の予定が....  いろいろありますから^^;)

 試合の方は最初からワンサイドゲームとなってしまいました。 ここまで2勝6敗のチームということもあり、パンサーズの不調ぶりが目立った試合でした。 この試合、RB:クリス・ジョンソンが久々に光って、130ヤード超を走り、レシーブでも活躍し、復調しそうかな?という感じを受けました。 (相手が相手なので割り引かなきゃいけないかもですw) QBマット・ハッセルベックは27回試投15回成功、1TD、1INTと最近の彼らしい成績でした。 良くもない、悪くもないという内容です。

 ディフェンスはがんばりました。 この試合のMVPはディフェンスの活躍に尽きると思います^^
 キャム・ニュートンを5サックとプレッシャーを終始与えることで、彼を封じてしまいました。 この試合からLBを頻繁にラッシュさせだしました。それが功を奏し見事に成功した形です。DLも同様に健闘してくれました。 ジェリー・グレイDCフランク・ブッシュLBコーチトレイシー・ロッカーDLコーチ達はGJ!です。 正MLB:バレット・ルードの代わりにルーキー:コーリン・マッカーシーがプレイしましたが、フレッシュでスピーディで中々良かったのではないでしょうか? CBグループはずっと安定していました。 

この試合のキャム・ニュートンはプレッシャーに圧迫され続け、本来の力を出せずじまいという内容でしょうか。 チーム力が向上するまで苦労しそうです。 くじけずにがんばってください!

気になった事、 ’反則’がまた増えてましたw 敵もそれ以上に多かったから目立たなかっただけですねw まだまだです。

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

09

Category: NFL

Tags: NFL,  テネシータイタンズ,  マット・ハッセルベック、ジェイク・ロッカー  

Comment: 2  Trackback: 0

11月9日(水): 4勝4敗、その先は?
テネシー・タイタンズは今シーズンここまで4勝4敗という成績です。 
良くやってる方だという見方が現実的なのかもしれません。
大幅にメンバーを入れ替えたチームで戦ってきたわけで、多くのファンはFAで獲得したマット・ハッセルベックの活躍が大きいと考えているようです。 彼の能力を最高に発揮できる環境が我がタイタンズにはなく、選手もファンもフラストレーションが溜まってしまっています。 気の早いメディアは、今年のドラフト1巡:ジェイク・ロッカーをもっと起用すべきではないか?という見解を書いてきていますw たしかに今年ドラフトされたQB達が大活躍しているのに影響されているのでしょうが、タイタンズの場合はもっと長期かつ論理的なシナリオを打ち出し、周囲が絶賛したことを忘れてはならないです。

 ここにきて怪我人の増加が気になります。 FB:Aホールも練習に参加できるかどうかギリギリみたいですし、ラン攻撃の再建のためには不安材料でしかありません。 QB:Mハッセルベックも指を怪我しているようでパスの精度がやや乱れ気味なのもここに原因があるのかもしれないです。TE:Cスティーブンスがやっと復調してきたかというタイミングで、Jクックが怪我をしたようです。ただでさえ少ないハッセルベックの主要ターゲットなのに心配です。 WRではNワシントンRホーキンスが先の試合で故障した模様。 無事なWRはDウィリアムズMマリアーニの二人だけですねw(Dエイブリーも復調途上)

続きは次回w
 

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

07

Category: NFL

Tags: NFL,  テネシータイタンズ,  マット・ハッセルベック、ジェイク・ロッカー  

Comment: 0  Trackback: 0

11月7日(月): 敵ながらあっぱれエディション
NFLレギュラーシーズン第9週、対シンシナティ・ベンガルズ戦は17-24で敗れました。 この試合、色々な見方があるかと思いますが、ベンガルズが後半立て直しきっちりタイタンズの攻撃を止めて見せました。 ベンガルズ新人QB:アンディ・ダルトン選手は素晴らしいですね。 強肩ではないのかも知れませんが’アキュラシー’と言うのでしょうか、パスの正確性にはただただ驚くばかりです。 新人がいきなり抜擢されてここまでプロの世界に適応できているのは見事というほかありません。 A.Jグリーンも活躍していますし、ベンガルズの今年のドラフトは大成功ですね 近い将来更に強くなりそうですね~ うらやましい!

敗れたタイタンズ、クリス・ジョンソンが少し復調気配を見せてくれました。でも後半はあまりキャリーさせないでレシーバーとして使ったりしていて、これまでのこともあり信用回復までもう少し活躍が必要でしょうねw OLはパスプロがんばっていましたが、RT:デビッド(ビッグ・カントリー)スチュアートが2回サックを許すほど苦戦していました。 敵LE:C.Dunlap選手のラッシュ・スピードはパワフルで早かったです。 タイタンズもデリック・モーガンにその役を担って欲しいんですけど、怪我から復帰後は’並’のDEになっちゃってますから.....
 タイタンズのレシーバー陣も健闘しましたが、要所でハッセルベックと呼吸が合いませんでした。 TE:ジャレッド・クックをスロットレシーバーとして起用したり、工夫しているのは見て取れたのですが、まだ結果が伴いません。 ネイト・ワシントンが試合中故障し、ドニー・エイブリーがプレーしましたがパスが来たのは1回だけだったような? 

 点数的には最後まで接戦でしたが、ベンガルズのほうが一枚上手だったことは認めざるを得ません。 タイタンズ’戦略、戦術面’で見直しをかけるべきだと思います。 あまりにもシンプルな戦い方に疑問を感じてしまいます。 攻撃、守備双方修正しているのでしょうが、その効果が皆目見られないのは問題です。 プラクティス・スクワッドにいる新人(ドラフト外)WRたちを思い切って起用してみたり、チームは思い切って色々と試してみたらどうでしょう? 

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

04

Category: NFL

Tags: NFL,  テネシータイタンズ,  マット・ハッセルベック、ジェイク・ロッカー  

Comment: 2  Trackback: 0

11月4日(金): W9対ベンガルズ戦
レギュラーシーズン中盤、テネシー・タイタンズはホーム3連戦シリーズを1勝1敗としてラストにベンガルズを迎えて戦います。 ベンガルズは結局カーソン・パーマーを放出し新人QBをいきなり起用という策が見事に成功しているようで、好調の波に乗っているチームという印象を受けます。 守備チームも活躍しており、勝利を獲得するのはかなり’困難’が伴いそうですね。
 この試合の鍵となりそうなのがタイタンズOL陣のパフォーマンスだと見立てています。 ベンガルズ守備フロントが非常に好調なこと、アグレッシブな動きを見せていること等チームの勝利にかなり貢献しているユニットです。 タイタンズOLは、パスプロテクションに関してはなかなか優秀な働きを見せてきており、QBハッセルベックを守ってきています。 このパスプロテクションが攻略されなければ、ハッセルベックのパスに活路を見いだせるやもしれない可能性が残ります^^; なにしろタイタンズのラン攻撃が改善されてくるとは想像しにくいので、パスに偏重した形になってしまいそうな気がします。
 ベンガルズのパスオフェンス対タイタンズのパスディフェンスも注目してみたいですね。AJグリーンをどう止めるか? 新人QB:アンディ・ダルトンにプレッシャーを与えられるのか?タイタンズ・ディフェンスの真価を問われる戦いとなります^^; 集中力を切らしてしまう悪い癖だけは出さないようにお願いします。

この試合、”ヤツ”がLPフィールドに戻ってくるんです! そう”パックマン・ジョーンズ”です。 パックマンが、観衆が、どんな反応を見せるのか? 一応想像はできそうですが.... ヤツをドラフトしてどれほどのダメージを被ったか?、その後のチーム事情に悪い影響を与えてくれたか? 計り知れないものがありましたね~(遠い目

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ