1
3
4
5
7
8
9
12
14
15
16
17
19
20
21
22
24
25
26
27
28
29
30
31
  03 ,2017

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを
通して、NFLの面白さ、すばらしさを
皆さんに伝えられればと願ってます♪

最新コメント
検索フォーム
06

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  スカウンティングコンバイン  

Comment: 4  Trackback: 0

3月6日(月) タイタンズ動向 ~スカウンティングコンバイン ウィーク
テネシータイタンズ周辺の近況はというと、3年目になるチームの司令塔:マーカスマリオタがオレゴンでのリハビリを順調にこなしていると報じられました。ギプスからブーツになり、今はウェイトをつけて訓練中とのこと。まずは一安心ですね。

控え2番手QBマットキャセルと2年間の契約延長をまとめました。 3番手アレックスターニーがかわいそうなのですが、きっとチャンスは来ると思うので....彼もそろそろPS枠に居れなくなるんではなかろうか? 

2番手TEアンソニーファサーノと今後の契約について話し合いに入ったとの報道もありました。 2016シーズンはブロッキングでそれなりに貢献してくれたと評価してあげるべきなのでしょう(フィリップスパーナウも同様) それでもチームとして、より高いレベルを目指すにあたり、ファサーノとスパーナウでは物足りなさを感じてしまいます。 ドラフト候補に魅力的なTEが複数いそうなのでそちらに注意が行きがちですw 

タイタンズも他所に負けずFA補強に余念がないと信じていますが、今度はニューオリンズセインツのWRブランドンクックスのトレード話が出てきています。 
2014年セインツのドラ1位指名選手で昨シーズンは78キャッチ、1173ヤード、2年連続1000ヤード超をマークしているバリバリのWR1候補と言えます。 セインツのハイパワーオフェンスでのロールに不満があるようでセインツはトレードに出す決断をしたようです。
トレードの条件としてタイタンズはブランドンクック獲得とセインツの持つ全体11位指名権を受け取り、セインツには5位指名権プラスアルファを差し出すという内容が最初だったようです。うむー....
 
しかし、タイタンズは今年もラン中心のオフェンスなのは間違いないので、ランブロックとかそれなりに汗をかいていただく必要があります。 もしレシーブ機会の増加を求めているのであれば、タイタンズは相応しくないでしょう。 お互いアンハッピーになりそうな気もします。 個人的にはタイタンズのもうひとつの1巡指名権全体18位を差し出し、クックとセインツの3or4巡を獲得するような取引だったら嬉しいのですが..... 
PATSは全体32位指名権をオファーしたとの話も出ていますがフィラデルフィアイーグルスも積極的に交渉しているとのこと。 果たしてどうなるでしょう??

注目のスカウティングコンバインですが、クリスジョンソンの40ヤードダッシュの記録を更新するスピードスターが現れました。 ワシントン大WRジョンロスが4.22をマークしています。 今年のドラフトで WRとしてはマイクウィリアムスコリーデイビスに次ぐ3番手評価の1巡指名候補選手です。このトップパフォーマンスを披露しドラフト指名順位が跳ね上げるのか注目ですね。

スカウティングコンバインではアラバマ大LBルーベンフォスターがコンバイン直前の騒動でコンバインに参加せず、大きなマイナスイメージを残してしまったり、いろいろ悲喜こもごもあったよです。

ドラフト全体1位指名が確実視されているテキサスA&M大DEマイルスギャレット選手が凄すぎ!というパフォーマンスでその実力を実証してみせました。

明日は近年まれにみる豊作ポジションのDB選手が登場します。 楽しみですね。





Continue

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

02

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  

Comment: 2  Trackback: 0

3月2日(木) スカウティングコンバイン近づく
今週スカウティングコンバインが始まります。 SB終了後からの期間がとても長く感じましたがそれもここまで。スカウティングコンバイン、FA補強、そしてドラフトへとオフの主要行事が目白押しです。今年のテネシータイタンズはどのような動きを見せるのか楽しみでなりません♪

テネシータイタンズは昨年のドラフトのおかげで2つの1巡指名権(5位,18位)を持っています。スカウティングコンバインを前にジョンロビンソンGMは他チームよりトレードの希望があれば話を聞くと柔軟な対応(取引)を公言しています。

タイタンズのドラフトニーズと言いますか今回の補強事情を考慮すると、CB、WR この2つのポジションが最優先となるのは誰もが認めるところでしょう。全体5位で指名すべき選手がいるのかというと微妙に合わないような気がしていました。WRではマイクウィリアムスコリーデイビスの二人が上位指名候補ですが、Mウィリアムスには首の怪我で長期離脱していた過去があり、健康面で少し心配される要素がありますし、Cデイビスは技術的な不安要素もあるようです。(個人的には健康面で不安が拭えるのならMウィリアムスもありだと思っています)
一方CBは今年のドラフトでは豊作を伝えられているポジションで前評判の高い選手が何人も挙がっています。
例年QBが上位指名されるパターンが今年も続く可能性もあり、そうなった場合トップ3クラス選手を指名できる可能性もあるのですが、上記のようにロビンソンGMはトレードを使いたいのでしょう。 昨年のように事前にトレードをまとめて見せるのか? ドラフトの現場で決まるのか? タイタンズが使うのか? 今後注目していきたいです。

他にもILB, TE, S, NT,Edgeも補強したいポジションだと思いますがFAでどう動くか?楽しみです。 WRアルショーンジェフリーを狙っているとの噂もありますが、素行面で今の若くまじめで上昇気流に乗りたいタイタンズに合うのか?気になります。 Sエリックベリーは狙っていたでしょうが残念でした。NTドンタリポーをはじめNTを補強するような気がしています。

地元テネシー大のDE:デレクバーネット(レジーホワイトの再来)も地元のファンは期待したいでしょうね.ナッシュビルではヴァンダービルド大ザックカニンガムを検討お願いしたいです。

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

20

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  

Comment: 4  Trackback: 0

2月20日(月) 静かで寂しい日々  ~待ち遠しいFA補強&ドラフト
テネシータイタンズは特に話題もなく、新シーズンに向けて静かに準備に余念がないというステータスだと思います。 

FA補強の解禁前に、自チームの契約更改を迎える選手たちの取捨選択を進めねばなりません。 今回は昨年GMになったジョンロビンソンによる最初の査定?となるわけで、彼がどうチームを見ているのか興味深く見守りたいです。

フランチャイズタグを貼られる選手は不在な事。 ドラフト1巡指名の2名(WRケンドールライト、OGチャンスウォーマック)のリリースもほぼ確定的な事等は以前よりニュースで流れていました。 タイタンズの14名のうち: DTカールクルーグ、TEアンソニーファサーノ、TEフィリップスパーナウ、LBシーンスペンス、FSラシャドジョンソン、SSダイミオンスタフォード、QBマットキャセル、C/Gブライアンシュウェンケ等このあたりの選手たちをどう扱うのか?気になります。

ドラフトに関しては、1巡指名(全体5位&18位)と2枚の3巡指名を、WRとCBに使うモックドラフトがほとんどのようです。 昨年のようにトレードダウン(全体5位をトレードで1巡+2巡指名に変換する案)プランも散見します。
今年のドラフトにおいてもQBがかなり早い段階で指名されるのではないかと予想され、全体5位という指名巡はひょっとして大物を獲得できるチャンスがかなりありそうな気もします。 これからドラフト関連の情報があふれ出てくるでしょうし楽しみですね。




リハビリ中のマーカスマリオタはここまでは順調に推移してきているとのこと。 ただし完治を最優先することでOTA等に参加しない可能性もあるそうです。 こればかりは焦っても良いことないです。マリオタがインジュリープローン化しないためには我慢が必要です。

ビンスヤングがカムバックを目指し大物エージェント(レイスタインバーグ)と契約したニュースがでていました。 4月から始まるらしい'XFL'というか、かってのベテラン(レイライスやビンスヤング)と若手による春季フットボールリーグ?のみならず、カナディアンフットボールでも可能性を求めているとのことでした。 数年前だったか母校テキサス大で職員になったとの記事を見かけましたが、丸く太ってました。 悔い改めたことを証明してみせてね。まあがんばってください。


Titans Top 10 Plays of the 2016 Season | NFL Highlights

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

02

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  

Comment: 4  Trackback: 0

1月2日(月) NFL第17週 ヒューストンテキサンズ戦 
謹賀新年

謹んで新年のお祝辞を申し上げます
旧年中はひとかたならぬご厚情を賜り、誠にありがとうございました
本年もよろしくお願いいたします


NFLもいよいよシーズン最終週となり、来週からプレイオフが始まります。 残念ながらテネシータイタンズはプレイオフまで進めませんでしたが、最終戦をきっちりと勝利で飾ることができました。 今期9勝7敗という成績については2勝、3勝しかできなかった過去2年に比べますと、チーム再建を進めることができた充実したシーズンだったのではないでしょうか。
シーズン終盤まで期待を込めてチームを応援できることの素晴らしさを改めて実感できたことをありがたく思いました。2017年もNFLファンの皆さん及びテネシータイタンズファンの同志にとって良い年でありますようお祈りいたします。

テネシータイタンズは最終戦をホームにヒューストンテキサンズを迎えて戦いました。 テキサンズはプレイオフを控え体調を整えたい主力は温存、タイタンズはQBマーカスマリオタの代役でマットキャセルが先発、CBジェイソンマッコウティ、WRケンドールライト、DEアンジェロブラックソンらがインアクティブでした。

試合は双方ディフェンスが奮闘しているように見えましたが、オフェンスが低調だった結果と言えるかもしれません。 マットキャセルは26回試投16回成功150ヤード、1TD、1INT。 全体的にプレッシャーを受けまともにターゲットを狙わせてもらえませんでした。一発リシャードマシューズへ縦の50ヤードボムが決まっての数字です。

レシーバーでキャッチを記録できたのはWRリシャードマシューズ9回、TEデラニーウォーカー5回の二人のみw あとはRBがそれぞれ1回づつ。 これら数字がタイタンズの課題を示しているようです。

ランゲームはデマルコマレーが11回、デリックヘンリーが15回と初めて併用する形となりました。ヘンリー65ヤード、マレーが21ヤードと少々物足りない内容でした。 試合後のインタビューでデマルコマレーはシーズン中ずっとつま先を負傷したまま出場していたと語っています。 

OLは被4サックを許してしまいました。リーグNo.1守備が相手ですから致し方ないのでしょうか?(主力いませんでしたが) C、RGが狙われ崩されてしまうパターンが目につきました。

守備についてはディックルボー師が15~20才ほど若く見えるくらい気合が入っているように見えました。素晴らしい老師ですね。試合開始早々LBシーンスペンスのブリッツからDEダクアンジョーンズがボールを拾いゴールラインへ持ち込みTDを奪ったプレイが光りました。 DLは逞しく成長しているようです。ジュレルケーシーも2サックをマークしました。

二桁サックへあと一つのデリックモーガンにどうしても一つ取らせてあげたかったのですが惜しくも記録できず。来年こそ頑張ってください。LB陣はランストップにパスカバーに良く動き回ったと思います。 シーンスペンスのスピード感あふれるプレイを見ると来期はもっと起用回数が増えそうな期待が持てる気がします。

タイタンズ守備の弱点CBはこの試合でも狙われ続け、テキサンズはラン22回、パス48回というバランス。 WRデアンドレホプキンスに苦しめられ7レシーブ123ヤードを稼がれました。 狙われたのはいつものバレンチノブレイク。 テキサンズの二人のQBが不安定なことに助けられたと言えるかもしれません。

テキサンズが真面目に勝ちにきていないと感じさせられたのが、4thダウンギャンブルを6回も挑んできたことです。まあそのうち4回も成功させてしまうタイタンズもダメダメなのですが....それでも3rdダウン更新率15回中3回20%と抑え込めたのはGJでした。ちなみにタイタンズは15回中9回成功率60%とこの試合で上々でした。

2016年シーズンの地区内対決は2勝4敗でした。 来期は五分以上に盛り返さないといけません。 

テネシータイタンズの2017シーズンの活躍を祈ります。

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

30

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  

Comment: 8  Trackback: 0

12月30日(金) タイタンズニュース
第16週ジャガーズ戦で負傷したマーカスマリオタの手術が無事に終了。 今週末にはナッシュビルへ帰ってくるとのことです。 マリオタを球団は全面バックアップし選手の練習時間終了後に周りをシャットアウトして、完全プライベートでリハビリに取り組ませるようです。リーグの規約等の関係で完全な自主管理の下で行われます。

本人にとっても不本意な怪我だったでしょうし、焦らずじっくりと回復させてください。 フィジカルも大切ですが、インテリジェンス方面も更なるレベルアップに取り組む良い機会だと思います。自己研鑽に余念がないまじめな彼ですから言わずもがなでしょうね。 OTAには元気な姿を見せてくれることでしょう。

シーズン最終戦を前にロスタームーブがありました。
マーカスマリオタ → IR登録
カールクルーグ  → IR
先週ロスター入りしたばかりのメディアディスマドが負傷し →IR
PSからNTアントワンウッズをアクティブロスターへ

負傷により今シーズンで見納めかと思われていたベテランCBジェイソンマッコウティが出場目指して練習を開始したとのこと。オフのFAを睨んでのことでしょうか。個人的には若手を試した方がこの試合の価値があると思うのですが....
LBの中ではパスカバーがまともだったシーンスペンスは木曜に限定練習できたようですが微妙。



われらがテネシータイタンズ、来期の対戦相手がほぼ決定しました。

<ホームゲーム>

レイブンズ
ベンガルズ
ラムズ
シーホークス
テキサンズ
コルツ
ジャガーズ
ブロンコスorチーフス(最終順位による)

<アウェイゲーム>

スティーラーズ
ブラウンズ
カーディナルズ
49ers
テキサンズ
コルツ
ジャガーズ
ビルズorドルフィンズ(最終順位による)

うーむ なかなか....何と言いますか.... 気が引き締まる思いです!
来期こそMNFやSNF等全米中継が組まれることを祈っておきます!



Marcus Mariota All TDs 2016-2017 Season with Mike Keith







関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

27

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  

Comment: 6  Trackback: 0

12月27日(水) マリオタの怪我
ジャガーズ戦でサックされた際腓骨を折られてしまったテネシータイタンズの若き司令塔マーカスマリオタですが、現地時間水曜日にノースカロライナのシャーロットにて手術をすることいなりました。折れた個所にプレートを入れる処置をされるようで回復には4~5か月かかる見込みと発表されています。来季のキャンプには間に合いそう。じっくり回復につとめて来年元気な姿を見せてほしいものです。

今シーズン最終戦はホームでテキサンズ戦ですが、モチベーションを維持して来期につながる試合にしてほしいところです。 成長する可能性のある若手を積極的に試す良い機会だと思います。

マリオタの負傷に伴いマットキャセルが先発になり、アレックスターニーがアクティブロスター入りして控えQBを務めます。 

DLカールクルーグもアキレス腱裂傷でIR入りしていましたが、ロバートアンダーソン医師により手術とのこと。 マーカスマリオタの手術とまとめて執刀するのですね.....

ルーキーCBラショーンシムズがコンカッションプロトコールプロセスに入ってしまったようです。 試合で使われるたびに良化してきたのに残念です。LBシーンスペンスは肩を痛めたようで今週練習できるのかどうか? 

ジャガーズ戦でNFLデビューしたばかりのDLメディアディスマドは足首の捻挫をしてしまいました。 練習は大丈夫でしょうか?



関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

25

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  

Comment: 7  Trackback: 0

12月25日(日) NFL第16週 ジャクソンビルジャガーズ戦 ~クリスマスの惨劇 
テネシータイタンズファンにとっては散々なクリスマスとなってしまいました。 この日の敗戦で地区優勝をヒューストンテキサンズに献上した上に、QBマーカスマリオタの腓骨を折られてしまいシーズンアウトという手痛いダメージを受けました。

テネシータイタンズのプレイオフ進出はおあずけとなったのはともかく、あの戦い方(特にオフェンス)は一体どうしたことでしょう。 想像でしかありませんが タイタンズオフェンスユニットに何かあったのではないでしょうか?
今シーズンタイタンズがそれなりに戦えたのは、デマルコマレーとデリックヘンリーを擁するラン攻撃だったはず。それがこの試合でランは20キャリーで58ヤード、2.9ヤード平均というシーズンワーストパフォーマンスでした。 

ディフェンスもHC交代した新ジャガーズ攻撃を読めず完敗でした。 ブレイクボートルズのパス記録は38回試投26回成功獲得距離325ヤードとなすすべがありませんでした。 WR Aロビンソンには9レシーブ147ヤード稼がれました。

シーズンをここまで戦えたことは良い成果と評価せねばなりませんね。 私も早く今感じている脱力感をぬぐい捨て気分転換しようと思います~ 初詣の際、マリオタの再起を願ってきます。



関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

23

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  プロボウル  

Comment: 13  Trackback: 0

12月23日(金) ディセンバーフットボール
G+局で放映されたNFL第15週テネシー@カンサスシティ戦を見て、すっかり忘れていた記憶が甦りました。 テネシータイタンズは2008年以降プレイオフへ出場できていなかったんですね。 あれからもう8年過ぎているんですね~ (今シーズンだってまだ2試合残っているわけですから、また不名誉な記録が続くかもしれないのですが)

昨日プロボウル選出メンバーの発表がありました。 今年はなんと5名が選ばれています。

RB デマルコマレー
TEデラニーウォーカー
OT テイラーリーワン
DL ジュレルケーシー
OLB ブライアンオラクポ

みなさんおめでとうございます。

アルタネイト(欠場選手の代理)として
QB マーカスマリオタ
OT ジャックコンクリン
RB ジャルストンフォウラー

3名がリストされています。

最近はプロボウルに選出される選手不在時代が長かったため、すごく嬉しく感じます。(昨シーズン2名も代理でした)
できることなら翌週のSB出場のため誰も参加できませんという形が理想なんですが.... (こんな発言ができようとは、今シーズン開始時には 夢にも思っていませんでした。 すいません!)




次戦は日本時間日曜日にロードゲームで地区内ライバル ジャクソンビルジャガーズ戦です。 本来ならば今シーズン超低空飛行を続けている相手ですから戦いやすいはずなのですが、タイタンズ戦を前にHCを解雇してしまい 代理HCとしてダグマローンが指揮を執るという変革が起きてしまいました。 この動きでジャガーズ選手たちのモチベーションアップにつながり苦戦必至は免れないのではないか?と心配しています。(昨年もどん底のはずのドルフィンズがタイタンズ戦直前でHCを首にしたら生き返られたという苦い経験もありました。あの時はマリオタも壊されたんでしたね)

フロリダはデリックヘンリーの故郷でもあり、きっと起用機会が増えて重要な局面でプレイできる凱旋試合となるのではないでしょうか? デマルコマレーとのデュオは今やタイタンズの看板ウェポンです。今週もやってくれることを期待します。

「備えあれば患いなし」です。 一戦一戦大切に戦いましょう。 JAXの来シーズン指揮を執るHCの噂が賑やかで気になります。JAXさん どうか今回は寝ていてください。 

ジャクソンビルジャガーズ版ハローキティ

NFLレギュラーシーズンを12月でも楽しめる(まだプレイオフ戦線を戦えている)われらがタイタンズの活躍が頼もしく思います。 若い選手が多いチームですから、シーズン終盤の厳しい戦いを地区優勝をかけて戦える機会はきっと将来に役立つでしょう。

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ