1
5
7
8
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを
通して、NFLの面白さ、すばらしさを
皆さんに伝えられればと願ってます♪

29

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  抗議行動  デラニーウォーカー  

Comment: 4  Trackback: 0

9月29日(金) 抗議行動余波、怪我人情報等
NFL先週のゲームで多くのチームの選手達が取った"抗議行動"は社会的な問題としてまだ収拾へ向かっていません。テネシータイタンズ関連では物騒な話が表面化しています。 

TE:デラニーウォーカーのインスタグラム投稿写真に「死の脅迫」コメント(彼と息子さんに向けて)が書き込まれました。国歌斉唱の時チーム全体の意思としてロッカールームに留まるという抗議行動をしていました。(これはシアトルシーホークスも同様でした) 彼は日ごろ多面的な社会奉仕活動を行っており、またミリタリー方面へも尊敬と感謝を忘れず慰問活動等も積極的に活動しているNFLでも模範的な選手です。抗議行動の趣旨を取り違え早合点した人物がしでかしてしまったのでしょうか? 彼が狙われたのはタイタンズ選手で一番の年長者であり、キャプテン格で影響力を持つ人物だったという事でしょうか?
この書き込みを受け取り、デラニーウォーカーは傷ついたそうですが、その後チームを通じ力強いステートメントを発表しています。 この日の国歌斉唱を担った歌手:メーガンリンゼイ(Meghan Linsey)さんも歌い終わった後膝をつく抗議行動をとったそうですが,同じように「死の脅迫」メッセージを受け取ったそうです。 テネシータイタンズの周囲でこのような事件が起きてしまうのは残念です。




9月28日付インジュリーレポート




関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

28

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  エキゾチックスマッシュマウス  

Comment: 0  Trackback: 0

9月28日(木) テネシータイタンズ 怪我人情報 エキゾチックスマッシュマウス
テネシータイタンズは第4週ヒューストンテキサンズと敵地での対戦を控え、水曜練習が行われました。 
TE:デラニーウォーカーがハムストリング、OLB:エリックウォルデンが鼠径部痛で休んでいます。 二人とも’day to day’ということですが、(先週のデマルコマレーみたいな?)試合には出てくれるような気がしています。

また、S;ジョナサンシプリエン、WR;:コリーデイビスはテキサンズ戦欠場が決まっています。二人ともハムストリングの問題が解消できていません。 新人のコリーデイビスは精神的にかなり苦しんでいるようですが、まだ先は長いのですからここはじっくり養生してもらいたものです。 




テネシータイタンズ”エキゾチックスマッシュマウス”戦法のうちの一部、”リードオプション”によるラン攻撃について良く解説している動画を見つけました。

Exotic Smashmouth: The Tennessee Titans' Option Run Game



確かに今シーズンから取り組んでいる3WRセットも活かされていますね。

TITAN UP !

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

27

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  パワーランキング  チアリーダー  

Comment: 4  Trackback: 0

9月27日(水) テネシータイタンズ パワーランキング、トライアウト、チア
NFL Power Ranking Week 4

いったいいつ以来でしょう? テネシータイタンズがこんな上位にランクインされたのは!?
まだまだ先は長いですから、この調子を維持して進んでほしいものです。


シーホークス戦でのプレイが取り上げられています。 ”アンストッパブルプレイ”良い響きです。

Unstoppable Plays of the Week - Week 3


タイタンズ関連の記事は幸せ感一杯の称賛記事が溢れているようです。 逆に心配になってしまいます。 次戦はヒューストンテキサンズが相手です。しかもアウェイ。 新人QB:デショーンワトソンも良いプレイを見せているようで要注意ですね。敵も簡単には勝たせてくれないでしょう。 気を引き締めて地区内対決に挑んでほしいです。




テネシータイタンズは以下の4名のトライアウトを実施した模様。

LS Andrew East
LS Anthony Kukwa
P Austin Rehkowf
P Taylor Symmank

LS:のビューブリンクリーの怪我は問題ないと思うのですが、”備えあれば患いなし”です。




ホームでの戦い、日本人チアのお二人も大活躍されているようです。

09242017S
09242017M
newマスコットキャラ

この戦士キャラは初めて登場したのではないでしょうか? ムキムキのマッチョマンはどんな方々向きなのでしょう?
(個人的には来年に控えている”チームユニフォームの刷新”イベントにつながっている企画なのではないか?と睨んでいます。「燃える画鋲」から、要望の多い「剣」デザインへ チームロゴの変更まで一気に行くのか?気になります。

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

25

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  テイラーリーワン  デマルコマレー  

Comment: 6  Trackback: 0

9月25日(月) NFL 2017シーズン第3週 シアトルシーホークス戦
今シーズン、ホームで初勝利を挙げたいテネシータイタンズシアトルシーホークスを迎え第3週を戦いました。

国歌斉唱セレモニーではタイタンズ選手達が前日のトランプ大統領の発言への抗議行動としてボイコットを敢行したようで不自然なものになっていました。 この日はその他のチームでもあったようです。

強豪シアトルシーホークスも先週49ersを相手に初勝利をあげていますがオフェンスはまだ調子が上がっていない状態で、ディフェンスでは看板の堅守は開幕から絶好調という前評判でした。QB:ラッセルウィルソンのモビリティをどう封じ込めるかが一つの鍵と見られていました。またテネシータイタンズの「エキゾチックスマッシュマウス」戦法が堅牢なシーホークス守備に通じるのか? 見どころが尽きない好ゲームが期待されました。

27 - 33 Titans WIN !

最終的に点数も近く接戦となりましたが、先週同様3Qにテネシータイタンズのオフェンスが爆発しセーフティリードを保ちながら何とか逃げ切り勝ちという内容と言っていいかと思います。 前半はお互いスロースタートで相手の様子をうかがう慎重な出だしで、リードしたりされたりのシーソー的展開、後半はお互い最初のドライブをTDを決めるダイナミックな動き。

今日の試合で一番印象的だったのはシーホークスCB:リチャードシャーマンによるマーカスマリオタへのレイトヒットだったと思います。 OT:テイラーリーワンの怒りがシャーマンに爆発し反則を取られてしまいましたが、あれでタイタンズの選手達はスイッチが入り後々のナイスプレーにつながったと思います。 ペナルティはタイタンズが5個-45ヤード、シーホークスが11個98ヤード。シーホークスは多かったです。


マーカスマリオタ、リチャードシャーマン、テイラーリーワン
Titans, Seahawks Scuffle After Late Hit on Mariota


タイタンズオフェンスがシーホークスディフェンスを攻略するにあたり、マーカスマリオタハードカウントは相手のオフサイドを誘い出鼻を牽制する効果がよく効いていました。 
タイタンズは195ヤードをランで稼ぎ出しています。デマルコマレーデリックヘンリーの両輪がワンツーパンチを繰り出しダメージを与え続けまた。 デマルコマレーは水、木と練習を休んでいたのですがこの働き(14キャリー115ヤード、1TD)を見せてくれました。(誰だ、デマルコマレー交代論を言ってた奴は!(笑 )
OLも良い働きを見せてくれました。ランブロックでも好プレー連発、パスプロテクションでも被サック 0(ゼロ) GJです。

ディフェンスも踏ん張りました。 特に相手OLに対し優位を保ち、ランはトータル69ヤードに抑えています。 パス守備はルボー師は大量リード後は徹底してプリベント守備に徹してしまい、どんどん中、短距離はパスを通されていました。 ラッセルウィルソンは373ヤード投げています。 ちょっと通され過ぎです。

新人CB アドリージャクソンはリターンで素晴らしいTDを決めるも仲間の反則で無効になってしまいました(先週もでしたね)。 素晴らしいアスリート能力は本物です。 セカンダリーでも実戦で経験を積んで強力な人材に育ってほしいものです。

スペシャルチームも少しづつ良化の兆しは見えてきています。 反則を無くしてもっと精進してください。

QB:マーカスマリオタは、20/32、225ヤード、2TDという成績。 彼の2ミニッツでのプレイは相変わらず素晴らしいです。戦術上ランを多用するためパスの距離を稼げませんが、頑張っています。 新たなターゲットのエリックデッカータイワンテイラージョンヌスミスらとのケミストリは順調に深まっているようです。 リシャードマシューズデラニーウォーカーも元気です。



Tennessee Titans vs. Seattle Seahawks Highlights | Week 3



第2週、3週と良い攻撃ができています。 オールドスクールなコーチ陣にここまでは敬意を表さねばなりません。 ぜひこの調子でシーズンを戦い抜いてください。 















関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

21

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  コリーデイビス  アーロンワレス  

Comment: 0  Trackback: 0

9月21日(木) テネシータイタンズ ロスタームーブ
2017年シーズンも序盤2週を終えたばかりですが、故障者やデプスの薄いところを繕うロスターの更新で多くのチームは忙しそうです。 

テネシータイタンズもロスターの動きがありました。

OUT  OLB:アーロンワレス       IR登録

IN   WR:ザックパスカル(PSから)

OUT移籍  OT:タイラーマーズ(PSから) チャージャース契約

IN   OT:ブラッドシートン(2017ドラフト7巡)      PS加入

IN   OLB:トニーワシントン(オレゴン大)        PS加入 


WR:ザックパスカルの昇格は、期待の新人WR:コリーデイビスが先週の試合でハムをまた痛めてしまい、第3週は欠場が決まったため、層が薄いくなったWRデプスの補充措置でしょう。
チャージャースさんがOT:タイラーマーズを引き抜いてくれたため、新人ブラッドシートンがプラクティススクワッドに入れました。
OLB:アーロンワレスのIR入りは2週連続でインアクティブだったケビンドッドを起用すると思われるのですが、トニーワシントンも中も外もプレイできる利便性を買われてPSに加わっています。

アーロンワレスはプレシーズンから成長ぶりを見せていましたから残念ですが、しっかり健康を取り戻してきてください。ケビンドッドは彼自身のプロキャリアにおける正念場を迎えることになりそうです。 復調できればいいのですが.... 頑張れ!




NFL's Top 5 Offensive Lines for Week 2

テネシータイタンズOLはなかなかの評価をいただいているようです。 まだ2週にすぎませんが、ラン攻撃:リーグ6位、パスプロテクション:リーグ1位タイ、 ぜひともこの調子でお願いします♪





 

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

19

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  スナップカウント  

Comment: 0  Trackback: 0

9月19日(火) スナップ数等
テネシータイタンズも初勝利を飾ることができて、少し安堵できた気がしています。 しかし今シーズンは目標をそれなりに高く設定している(最低でも地区優勝)ため、チームは更に戦力をアップしていかねばなりません。

ジャクソンビルジャガーズ戦での負傷者は、RB:デマルコマレー(ハム硬直)とWR:コリーデイビス(ハム緊張)の2名でした。深刻なダメージではなさそうなので被害を最小限に留められたと思いたいところです。二人とも次戦シアトルシーホークス戦は ’day to day’判断だそうです。
S:ジョナサンシプリエンは欠場確定で、CB:タイスミスは出場見込みだそうです。


テネシータイタンズのスナップカウントを表にしてみました。

snap2017.jpg

第1週と2週です。選手の起用比重の推移がよくわかります。 今回は後半以降大量リードを維持しながらの安全策という方針でしたから、控えや若手の起用が多くなっているようです。 経験を積むには良い機会でしたね。(OL入れるの忘れました~すいません! OL先発はほぼフル出場、デニスケリーは今週10スナップでした)

第3週はシアトルシーホークスがナッシュビルにやってきます。まだ本調子ではないみたいなのでチャレンジするチャンスはありそうと見ますが.... ラッセルウィルソンをどう止めるのか? いろいろ妄想してみたいと思います。



関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

18

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  デリックヘンリー  

Comment: 6  Trackback: 0

9月18日(月) NFL 2017シーズン第2週@ジャクソンビルジャガーズ戦
2017年レギュラーシーズン第2週テネシータイタンズは敵地サックソンビルジャクソンビルジャガーズとアウェイで対戦しました。

ジャクソンビルジャガーズは先週のヒューストンテキサンズ戦で10サック奪取等数々のチーム記録を塗り替え大勝しておりチームの士気が非常に高く油断できない相手です。

今年のドラフト全体4位でRB:レオナードフォーネット(LSU)、キャムロビンソン(アラバマ大)を獲得し攻撃の幅を広げ、ここ数年ドラフトとFAで名だたる逸材を加えてきた守備陣、ジャーレンラムジーA.J.ボイエマイルスジャックヤニックンガコウエダンテファウラークラリスキャンベル等々昨シーズン終盤から一気に守備の総合力が結実してきているような感があります。


37-16 WIN!

テネシータイタンズは昨年同様前半スロースタートで2FGで6点を取るのがやっという出だし。それでも後半戦で爆発し31点を奪う猛攻で勝利しました。 
 
今日のゲームボールはRB:デリックヘンリーです。14/92ヤード, 1TDの活躍を見せ、故郷に凱旋して見せました(ハイスクール時代)♪
新人TE:ジョンヌスミスも初TDを記録、ブロックでも活躍しています。この人もフロリダインターナショナル大出身という事で凱旋ですね。 
新人WRコンビはというとコリーデイビス:1レシーブ4ヤード、タイワンテイラー:1/42ヤードというスタッツ。テイラーのA.J.ボイエを振り切ってのディープキャッチは素晴らしいキャッチでした♪

ディフェンスでもダノーリスサーシィカーティスライリーがそれぞれIntを記録。ラン守備では注目のレオナードフォーネットを14/40ヤードと抑えきりました。後半得点を積み重ねリードを広げ、ランの機会を減らしてしまいました。 ディフェンスはGJ。

スペシャルチームはやっと良い面が出てきました。 アドリージャクソンの64ヤードパントリターンはさすがです。 ジャガーズのオンサイドキックをエリックデッカーが冷静にさばいて22ヤードゲインとナイスプレイが見られました。

QB:マーカスマリオタは15/27、215ヤード,1TD,!Int  まだ新レシーバー達とうまくシンクロできていません。
あのインターセプトは必要なかったです。 先週よりはもちろん良化していますがまだまだ物足りないと思いました。 それでも昨年クリスマスイブの悪夢(負傷)から学んで無理なランを自制していたのはきっと成長の証しでしょう。

OTジャックコンクリンがペナルティ3つも取られています。(ホールディングx2、背中から押したx1) 今後は修正してくれることでしょう。 OLは被サック1ということで及第点です。

CB:ローガンライアンアドレージャクソンはまだもたついているようです。不要なパスを許していました。 ローガンライアンもこんなレベルではないはずですし、アドリージャクソンは日々学習してくれることでしょう。今後の練度アップに期待したいです。

タイタンズのプレイコールを出しているのは、テリーロビスキOCではなく、ジェイソンマイケルQBコーチなのでしょうか? サイドラインを見ているとそのような光景が数度見えた気がしますが気のせいでしょうか?

タイタンズが奪ったサックは2つ。(ブライアンオラクポデリックモーガンが各1) 敵新人LTをもっと翻弄できなかったのか(欲張っているわけではありませんが)不満と感じました。

これで1勝1敗と星を戻しました。 AFC南地区での直接対決での勝利ですからとても嬉しいですね。 次戦がホームでシアトルシーホークス、その次がアウェイでヒューストンテキサンズです。 ここから一気に連勝を積み上げていってほしいですね!


Tennessee Titans vs. Jacksonville Jaguars Highlights | Week 2







関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

15

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  テリーロビスキ  

Comment: 2  Trackback: 0

9月15日(金) タイタンズ 第2週へ向けて
テネシータイタンズは次のジャクソンビルジャガーズ戦に向け、練習を続けています。 
水、木曜と練習を休んでいるのが、S:ジョナタンシプリエン(ハムストリング)、DL:ジュレルケーシー(背中痛み)、CB:タイスミス(手)の3名です。 水曜を休み木曜に参加したのは、ILB:ウェズレイウッドヤード(病気)。
一方開幕戦を欠場していたCB:ラショーンシムズ(股)は、今週両日練習に戻ってきています。
次戦の先発CBはアドリージャクソンが続けて先発するのか、ラショーンシムズに戻すのか、どうなるのか注目です。


地区優勝を目指すテネシータイタンズにとってAFC南地区ライバル対決となる第2週は絶対に負けられないところです。 早く”新エキゾチックスマッシュマウス”戦法を構築させたいものです。 テリーロビスキーOCは選手間のコミュニケーションを深め、’シフト&モーション’を駆使し、敵ディフェンスを翻弄したいそうです。大丈夫でしょうか?

ジャガーズの両コーナーは強力ですし、今年のドラフト全体4位RB:レオナードフォーネットもビーストみたいな迫力があります。 タイタンズとしてはQB:ブレイクボートルズにプレッシャーを与え続けパスを投げさせるシチュエーションを作りたいところですね。


関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ