4
5
7
10
11
12
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  08 ,2017

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを
通して、NFLの面白さ、すばらしさを
皆さんに伝えられればと願ってます♪

30

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  キャンプ  マーカスマリオタ  コリーデイビス  エリックデッカー  

Comment: 4  Trackback: 0

7月30日(日) テネシータイタンズ キャンプイン !
テネシータイタンズもようやくキャンプインの時を迎えました。 

そして懸念されていたドラフト1巡全体5位指名WR:コリーデイビスの複数年契約が合意に達したとのニュースも届いています。 めでたしめでたし♪

キャンプはタイタンズの練習本拠地:セイントトーマススポーツパークで行われ、初日ということもありパッドを装着せずに行われました。翌月曜日からパッドをつけて本格的な練習に向かう予定です。

これからすべてのポジションでバトルが繰り広げられるわけですが、初日ではCBの先発ポジションをドラ1新人:アドリージャクソンを差し置いてラショーンシムズ(2年目)が務めていたそうです。この二人の争いも興味深く注意していきたいです。

エリックデッカーマーカスマリオタのシンクロ化も始まったようです。 エリックデッカーは今日3ポジションすべてでプレイをしたそうです。 Day1のスナップ写真を見ているとマリオタも相当気を使ってデッカーに接しているように見えました。 きっとうまくいくはず♪ ベテランから多くを学んでいただきたいです。

OTAとキャンプの間にマーカスマリオタはレシーバー選手たちと一緒に練習する機会を持ったようです。コーチ達はマーカスマリオタやレシーバー選手たちにとってプラスになったと信じていると語ったそうです。
なにせレシーバーメンバーがほとんど代わってしまい、昨年から残りそうで先発級はリシャードマシューズぐらいで、タジャエシャープはPUPリスト、ハリーダグラストレマクブライトは当落線上にいるありさまで、新人コリーデイビスタイワンテイラーエリックデッカーエリックウィームスらとはこれからシンクロを取らねばならないわけで、マリオタも大変だと思います。

昨シーズン、マリオタと同じタイミングで手術をしたDE:カールクルーグも写真を見る限りとても元気そうで練習への真摯な態度が目を引きました。このベテランも若手にとって良い見本となってくれるでしょう。

セーフティ(SS)ではジョナサンシピエンを差し置いてダノーリスサーシィが先発を勤めたそうです。デックルボーシステムをよく理解しているため、シピエンが慣れるまでは続きそうとのことです。

RB:デリックヘンリーが良い動きをいきなり発揮しているとのこと。 いくつかのドリルではデマルコマレーを圧倒していたのだとか! 彼はやる気満々。しかも多くを語らず態度で魅せるというスタイルもクールでシブイですね♪ 楽しみです。


今年は大いなる期待を抱きながら応援しようと思います。 タイタンズ お願いします!


Day1_Camp2017

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

29

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  セバスチャントレットラ  マイクムラーキーHC  

Comment: 2  Trackback: 0

7月29日(土) キャンプ直前タイタンズニュース
キャンプ直前のロスタームーブ 続報です。

ウェイブ:

ジョニーラジン LB
ジョングリーン CB
セバスチャントレットラ OG

加入:

エリックワルデン OLB
ジェイクシモニク OG

先日少し触れたLB:ジョニーラジンがウェイブされてしまいました。 IRに入っていたCB:もウェイブ。そしてお騒がせOG:セバスチャントレットラも切られました。自業自得かな?
加入したのがOLB:エリックワルデン、OG:ジェイクシモニクの2名です。

昨シーズン以降改革が進むテネシータイタンズはチームの”ディシプリン”を非常に重視しているようにみえます。チームに悪影響を与えるようなタイプや練習嫌いや自己管理ができないタイプは敬遠され続けています。ぜひこのポリシーを継続していただきたいです。

DL:ジュレルケーシーがこれまでの経歴を評価され契約を更新、4年60.4Mwith40Mギャランティーという大型複数年契約となりました。 この人は着実に努力を重ねチームに貢献してきてくれています。 このまま健康で契約期間を全うしてくれることでしょう。おめでとうございました。チームメイトにも好影響を与えそうです。この時期に発表とはGMやりますね♪

嬉しくないニュースもあります。今年のドラフト1巡全体5位指名の期待の星WR:コリーデイビスがまだチームと契約がまとまりません。これで彼が最後になってしまいました。キャンプ初日は参加できないこと確定らしいです。彼のエージェントはあの昨年のチャージャースが苦しんだジョーイボサ君と同じなんだそうです。となるとある程度長期戦も覚悟しておかねばならないのでしょうか? 早くマーカスマリオタとホットラインを結んでくれないと困るのですが....



さて、キャンプ前日ということでプレスカンファレンスが行われています。
マイクムラーキーHCのコメントを拾ってみると

「選手たちは非常に良い状態で戻ってきてくれた(体重オーバーやすぐ練習に参加できない等準備不足者がいない!)。これは素晴らしい事だ♪」

マーカスマリオタについて。 「彼はやる気になっている。 まだいくつか限られた練習パートもあるが、我々は彼を見守るつもりだ」

ケビン・ドッドは”FUll Go” ♪」。「私たちには彼が必要で彼はそれを知っている。彼はチームメイトと一緒に練習やプレーをしたいと思っている。エッジラッシャーのデプスにはそれなりの厚みが今のチームにはある」

エリックワルデンについて: 「彼は我々にとって棘であった!。彼は厄介だよ。彼は過去に私たちに問題を与えてくれたフィジカルなプレーヤーだ(デラニーウォーカーにヘッドバッド事件のことか)」

セバスチャントレットラについて: 「彼は怪我してしまい練習に参加できなくなり、いくつか間違った事をしてしまった。 この間の事件だけではなく....」

タジャエシャープについて:「タジャエはここに来るが、明日は多分練習しない— 彼は、PUP決定」
「彼は非常にポジティブだが、すまなそうに見えた(タジャエシャープとセバスチャントレットラの夜の乱闘投打騒ぎ)」

負傷、術後のマットキャセルはまだ限定的な練習になること。

新加入エリックデッカーリシャードマシューズと一緒に「Z」ポジションとスロットポジションで働いてもらう。

S:ケビンビャードをセンターフィールドにして戦うという会話はしていない。敵によってゲームプランは変わるものだし。

アドリージャクソンハリーダグラスをパントリターナーとして使い、キックリターナーとしてエリックウィームスを考えている。

RB:デマルコマレーデリックヘンリーについては、「二人とも忙しくなる」

Q:今シーズンのオフェンスはどれだけ多く異なる方法で守備を攻めるのか? A:「我々はたくさん持っているよ!」

アンソニーファサーノの離脱について: 新人ジョンヌスミスとフィリップスパーナウの二人について説明(この2名で代役)

なんだかてんこ盛りで間違っているかもしれませんがご容赦ください。

HCはいつになく色々と話してくれましたね。 

やっとフットボールシーズンが本格化します。 例年になく期待度が高いタイタンズです!


関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

28

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  ロスター  

Comment: 3  Trackback: 0

7月28日(金) ロスターを考える DB、ST編
他所ではもうキャンプが始まりだしました。 われらがテネシータイタンズも間もなくです。

テネシータイタンズはパスラッシャー:エリックワルデン(元コルツ)と契約したとのニュースが流れました。この動きが意味する事はデプスに厚みを加えるに留まらず、2年目ケビンドッドの回復が遅れる場合の保険という事なのでしょうか。 オフになりけっこう前から話は出ていたと思いますがこのタイミングで実現しました。 ようこそタイタンズへ!

ロスターを考えるシリーズはDB、STです。

<CB>
マニーアバド       CB  5-11  23才  フロリダテック大  ルーキー
ジェレミーボイキンス  CB  6-1   22才  セントラルフロリダ大  ルーキー
デモントレハースト    CB  5-10  26才  オクラホマ大
アドリージャクソン    CB  5-11   21才  USC  ルーキー
ブライスマッケイン    CB  5-9   30才  ユタ大
カランリード      CB  5-11  23才  サザンミシシッピ大
ローガンライアン    CB  5-11  26才  ルトガーズ大
ラショーンシムズ    CB  6-0   23才  サザンユタ大
デジューンスミス    CB  5-11  24才  フロリダアトランティック大
タイスミス       CB  6-0   24才  ツーソン大
カーティスライリー   DB  6-0   25才  フレズノステート大

<S>
ケビンビャード     S  5-11   23才  ミドルテネシーステート大
ジョナサンシピエン   S  6-0   26才  フロリダインターナショナル大
ダンゼルジョンソン   S  6-0   22才  テキサスクリスチャン大  ルーキー
ダノーリスサーシィ   S  5-11   28才  ノースカロライナ大
バリンデントラウィック S  6-2   27才  トロイ大

ロスター枠はCB6、S:4かでしょうか?  昨年苦しんだポジションですが、今年はFA、ドラフト双方にて補強が行われ、劇的な改善を果たしたいところです。 元パッツのローガンライアン、ドラフト1巡アドリージャクソンには大いに期待がかかります。また、昨シーズン後半から起用され始め経験を積んできた2年目ラショーンシムズにも更に活躍を期待しています。 ベテラン:ブライスマッケインも当確か? デジューンスミスカーティスライリー、2年目Mr.イレレバント:カランリードが残りの枠を争う構図と見ています。

セーフティはFSで2年目ケビンビャードが先発を担い、SSはJAGSからやってきたジョナサンシピエンが濃厚です。控えにバリンデントラウィックダノーリスサーシィという事になりそうです。 
アウトサイドCB、SSが働けるようになると、タイタンズディフェンスは相当パワーアップを果たせるはずです。

<ST>
ジョーダンゲイ   K 6-0  27才  Centre大
ライアンサコップ   K   6-2  30才 サウスカロライナ大
ブレットケーン     P   6-2  31才   トレド大
ビューブリンクリー  LS  6-4  27才   ミズーリ大

ここはライアンサコップブレットケーンビューブリンクリーで動かないでしょう。





関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

27

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  デニスケリー  ロスター    

Comment: 2  Trackback: 0

7月27日(木) ロスターを考える DL,LB編
OG/OTデニスケリーが複数年契約を結んだとアナウンスがありました。まだ詳細が明らかになっていませんが、タイタンズにとって良いニュースだと思います。 DGBとのトレードが決まった時は少しだけ損した気分でしたが、1年経ってみれば.....’トレーダー’ジョン、お見事でござる!
ここまでリーグ髄一OLのサラリーが安いテネシータイタンズですが、LTテイラーリーワンの契約更新も控えていますし グッと跳ね上がってきそうですね。

ロスターを考えるシリーズはディフェンスに入ります。

<DL>
メディアブデスマド     DE  6-6  25才  ボストンカレッジ
アンジェロブラックソン   DE  6-4  24才  オーバーン大
キャメロンロビンズ     DE  6-5  26才  ノースウェスタン大  ルーキー
ジミーステイテン      DE  6-4  26才  ミドルテネシーステート大
オースティンジョンソン   DL  6-4  23才  ペン州立大
ダクアンジョーンズ     DL  6-4  25才  ペン州立大
カールクルーグ       DL  6-3  29才  アイオワ大
ジュレルケーシー      DT  6-1  27才  USC
デアンジェロブラウン    NT  6-0  23才  ルイビル大  ルーキー
シルベスターウィリアムス  NT  6-2  28才  ノースカロライナ大
アントワウンウッズ     NT  6-1  24才  USC

一応テネシータイタンズで一番デプスが厚いとされているポジションです。 今年のドラフトではDLの指名は見送られています。 ディックルボー御大率いるディフェンスシステムではDLで例年6枠です。
ジュレルケーシーダクアンジョーンズアンジェロブラックソンシルベスターウィリアムスカールクルーグオースチンジョンソンと予想します。しかしながら昨年のドラフト2巡オースチンジョンソンの評価がメディアにより大きく異なっており、ロスター落ちとまで酷評しているところが複数あります。少々気になりますが、2年に飛躍してもらいたいものです。 ここに割って入れる能力を持っているのが、メディアブデスマドアントワウンウッズの若手二人。昨シーズンPSにいましたが後半実戦を経験し、遜色ない活躍をみせてくれていました。彼らも楽しみです。ベテランカールクルーグの怪我の回復具合が遅れる場合当然彼らの出番となるでしょう。

<LB>
(LB)
ダーレンベイツ     5-11  26才  オーバーン大
ジャイロンブラウン    6-0   22才  UCLA  ルーキー
ネイトパーマー      6-2   27才  イリノイステート大
ジョニーラジン      6-3   22才   オレゴン大  ルーキー
ジャスティンステイプル  6-4   27才   イリノイ大
エイブリーウィリアムソン 6-1   25才   ケンタッキー大
ウェズレイウッドヤード  6-0   31才   ケンタッキー大
(OLB)
コートネイブラウン    6-4   29才   クレムソン大
ジョシュキャラウェイ   6-3   23才   テキサスクリスチャン大 ルーキー
ケビンドッド       6-5   25才   クレムソン大
デリックモーガン     6-4   28才   ジョージアテック大
ビクターオチ       6-1   23才   NYストーニーブルック校  
ブライアンオラクポ    6-4   30才   テキサス大
アーロンワレス      6-2   24才   UCLA


このポジションは補強が必要と周囲から見られており、特にパスカバーが弱点と指摘され続けています。またパスラッシュについてもローテーション組を含めもっとアグレッシブさを求められています。
昨年の先発組ブライアンオラクポデリックモーガンエイブリーウィリアムソンウェズレイウッドヤードは今年も当確。3rdダウンLBとしてネイトパーマーと新人ジャイロンブラウンが抜擢され、控え、いやローテーション要員としてケビンドッドアーロンワレスダーレンベイツ、UDFAでジョニーラジンと予想してみます。 マリオタの後輩にあたるジョニーラジンは2016年にキャリア終了と見られたほどの負傷を負い、今ドラフトでは指名はありませんでした。 タイタンズのスカウトやコーチ陣はプロデイにおけるインタビューの対応や球団訪問の際の礼儀正しい態度や知性に惚れ込んでいたようで、トライアウト待遇でタイタンズに迎えたという経緯があるようです。 2015年にPAC12リーグの’Academic All-Conference 1st Team’に選ばれています。オレゴン大では優秀なリーダーシップも評判だったとのことで、怪我から完全回復なれば今後が楽しみな選手の一人となります。 キャンプやプレシーズンゲームでの活躍を期待したいところです。

Together We Will Forge Ahead

フェイスブックの動画ですが なかなか良い仕上がりで好みです♪


関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

26

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  ロスター  

Comment: 2  Trackback: 0

7月26日(水) ロスターを考える OL編等
タイタンズのロスターを考えるシリーズ 今回はOLです。

ベンジョーンズ       C   6-3  28才  ジョージア大
マークスペルマン     C   6-3  23才  イリノイステート大  ルーキー
ジョシュクライン     G   6-3  27才  ケントステート大
クイントンスペイン     G   6-4  25才  ウェストバージニア大
セバスチャントレットラ  G   6-4  25才  アーカンサス大
ティムレリート      G/C  6-4  28才  グランドバレーステート大
コリィレビン       G/C  6-4  22才  チャタヌーガ大  ルーキー
デニスケリー        G/T  6-8  27才  パーヂュー大
ジョシュエマシアス    G/T  6-5  24才  フロリダステート大
ジャックコンクリン    T    6-6  22才  ミシガンステート大
テイラーリーワン      T   6-7  26才  ミシガン大
タイラーマーズ       T   6-7  24才  ウィスコンシン大
スティーブンムーア    T   6-6  23才  カリフォルニア大
ジョナピーシグ      T   6-7  24才  ミネソタ大  ルーキー
ブラッドシートン     T   6-8  23才  ヴィラノバ大  ルーキー

タイタンズのオフェンス戦法「エキゾチックスマッシュマウス」の根幹をなすこのOLユニット。OLの再構築が進んだ昨シーズンから更にパワーと練度を向上させたいチームは、テイラーリーワンクイントンスペインベンジョーンズジョシュクラインジャックコンクリンら昨年先発組とexTEやTで活躍したデニスケリー、FA加入のティムレリート、昨シーズンを怪我で棒に振ったジョシュエマシアス、今年のドラフト指名コリィレビンブラッドシートンらが候補と考えられます。
OL枠は9か?プラスPSで2-3名とあたりと思われます。 セバスチャントレットラはトラブルに巻き込まれ続けていますが生き残れるでしょうか? 個人的には昨年の先発メンバーに取って代わる新勢力の台頭に期待しています。



関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

25

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  コリーデイビス  エリックデッカー  

Comment: 6  Trackback: 0

7月25日(火) ロスターを考える WR/TE編
テネシータイタンズのロスターを考えるシリーズ、今回はWR/TEです。

<WR>
コリーデイビス    6-3   22才 ウェウタンミシガン大 ルーキー
エリックデッカー   6-3   30才 ミネソタ大
ハリーダグラス     6-0   32才 ルイビル大
ダリウスジェニングス 5-10  25才 バージニア大
ジョナサンクラウス  5-11  25才 バンダービルト大
ケボンメイボン     6-11  23才 ボールステート大 ルーキー
リシャードマシューズ 6-0   27才 ネバダ大
トレマクブライト    6-0   24才 ウィリアムメアリー大
マケーレマッケイ    6-5   23才 シンシナティ大
ジョバンニパスカシオ 6-1  22才 ルイビル大 ルーキー
タジャエシャープ    6-2   22才 マサチューセッツ大
タイワンテイラー    5-11  22才 ウェスタンケンタッキー大 ルーキー
エリックウィームス   5-9   32才 ベスーンクックマン大 

たくさんいます。生き残るのは大変そう。 今年のドラフト1巡コリーデイビスはいきなり先発での活躍を求められるでしょう、昨年活躍したリシャードマシューズも2年目の今年は更に期待が持てそうです。この二人がアウトサイド候補。新加入のベテラン:エリックデッカー、ドラフト3巡:タイワンテイラーはスロットでの活躍が期待されています。ここまでで4人。 若手の指導役:ハリーダグラスは厳しそう。2年目タジャエシャープ、3年目トレマクブライトまでで6名あたりと見ています。 UDFA:ジョバンニスカシオ、FA加入:エリックウィームス(STでも活躍を期待できる)が割って入れるかあたりも注目ポイントとなりそうです。
このポジションで最大の注目ポイントは新加入で経験豊富なエリックデッカーがどこまで存在感を示せるかでしょう。 さしあたってはここまでたいへん評判の良い新人:タイワンテイラーとのバトルはとても楽しみです。


<TE>
ジェイスアマロ      6-5   25才  テキサステック大
ジェロームカニンガム  6-3   26才  南コネチカットステート大
ティムセミッシュ    6-8   25才  ノーザンイリノイ大
ジョンヌスミス      6-3   21才  フロリダインターナショナル大
フィリップスパーナウ  6-5   27才  ワシタバプテスト大
デラニーウォーカー    6-2   32才   セントラルミズーリ大

今シーズンのタイタンズオフェンスで一番変わるポジションになると見ています。 アンソニーファサーノが移籍してしまい、’ブロッキングTE’の代役を務められる選手が見当たりません。フィリップスパーナウ、彼は彼でブロックも上達していってくれましたが。 TEのブロックについては昨年使われだした’exTE’のようなOLがTEとして起用される機会を増やしていこうとしている方向に向かっているよう見えます。 
レシービングTEとしてデラニーウォーカー、昨年3番手だったフィリップスパーナウと新人ジョンヌスミス(この人も評判がとても高いです)までは当確。TE枠は4から3へ1つ減というあたりでしょうか? もう一人入れるとしたらジェイスアマロジェロームカニンガムの争いとなりそうです。ジェイスアマロは健康体に回復できたのでしょうか? 今年は結果を出さねばなりません。ジェロームカニンガムも昨年PSで力をつけてきているそうです。




関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

23

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  デマルコマレー  デリックヘンリー  

Comment: 2  Trackback: 0

7月23日(日) 2017 ロスターを考える QB、RB編
テネシータイタンズはトレーニングキャンプまであと7日というところに来ました。 キャンプを経て誰が最終ロスターに残れるのか? 各ポジションで繰り広げられる激しポジションバトル等注目点を抽出してみたいと思います。
今回はQBとRB編です。

<QB>
マーカスマリオタ 23才 オレゴン大
マットキャセル 35才 USC
アレックスターニー 29才 モンマス大
タイラーファーガソン 23才  西ケンタッキー大 ルーキー

マーカスマリオタ中心のチームづくりですから、3年目のマリオタが無事にフルシーズンを戦いきることがチームの大命題です。 ここをクリアにしないと’インジュリープローン’というありがたくない評価が加わりかねない正念場のシーズンでしょう。 マリオタ自身は昨シーズンの負傷から完全回復しているようで、新たなレシーバー達との連携を早く強化してもらいたいです。
2本目争いがベテランマットキャセルアレックスターニー間で争われるでしょう。 経験豊富なベテランかまだ伸びしろがありそうなアレックスターニーか? もしキャセルが負ける場合チームを去ることになりそうです。その場合は3本目は新人タイラーファーガソン(UDFA)が抜擢される可能性もあります。 マリオタのバックアップ争いが注目ポイントと言えそうです。
QB枠は今シーズンは2となりそうな気もしますがどうでしょう?

オフシーズンQB


<RB(FB)>
デマルコマレー 29才 オクラホマ大
デリックヘンリー 23才 アラバマ大
カルファニムハマド 22才 カリフォルニア大 ルーキー
デビッドフルーレン 25才 トレド大
アキームジャッド 25才 ミシシッピ大 ルーキー
(FB)ジャルストンフォウラー 26才 アラバマ大
(FB)ジョーバッチ 23才 セントラルミシガン大 ルーキー

RB/FB枠はおそらく4と考えられそう。 チームは昨年同様デマルコマレーデリックヘンリー併用を公言しています。 昨年よりデリックヘンリー起用を増やしていくとのことです。3本目はドラフト新人カルファニムハマドが選ばれそう。上記2名とはタイプの違うランナーなのでチェンジオブペースの効果も狙えるかもしれないですね。 FBからは1名。実績のあるジャルストンフォウラーでしょう。今シーズンはプロボウル選出も期待したいです。新人ジョーバッチ(UDFA)は周囲の専門家やスカウトが強烈にプッシュしているそうです。どこまでアピールできるか注目していきたいと思います。


関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

21

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  ジョンロビンソン  マーカスマリオタ  ラスグリム  デラニーウォーカー  

Comment: 4  Trackback: 0

7月21日(金) タイタンズ雑感
キャンプが近づくにつれドラフト1巡指名選手の契約がまとまる報道が続いています。 ジェッツのSジャマールアダムス、チーフスのQBパトリックマホームスが決まったそうで、残りは4名でしょうか? 
49ersのソロモントーマス、レイダースのCBガレオンコンリー、ブラウンズのOLBジャブリルペッパーズ、それからテネシータイタンズの1巡全体5位指名WRコリーデイビスもまだ締結に至っていません。 近々発表してくれることを期待しています。




キャンプイン前に2017年版チームロスターを展望したいと思っていますが、その前に昨シーズンのテネシータイタンズ(どん底から這い上がって9勝7敗まで戦えた)を振り返り、個人的に功労者を選出しておきたいと思います。

2016 テネシータイタンズMVP   ジョンロビンソンGM


 おそらくすべてのタイタンズファンから同意してもらえる選定だと思います。 短期間で戦える戦力を整えた手腕は見事でした。またスカウティングのみならずチームの組織改革にも取り組み、勝つための文化を他所から導入(ロッカールームや練習施設、それらの環境など)させた仕事ぶりはチームに非常に良い雰囲気に変えたように見えます。 今年を飛躍の年にするにはこの人の尽力が不可欠です。素晴らしい人材に巡り合えたことをタイタンズファンは喜んでいることでしょう♪

2016 コーチオブザイヤー     ラスグリムOLコーチ

 ドラフト1巡をOLに使うも成果を出せずランオフェンスが機能しない年が続いていましたが、このHOFコーチが加わってからのOLは見違えるような輝きを放ちだし、LT:テイラーリーワン(デビュー以来フルタイム出場を果たせていなかった)を全試合出場、プロボウル選出と立派なLTに仕立ててくれました。新人RT:ジャックコンクリンもオールプロ選出、UDFAだったクイントンスペインを抜擢しLGで成功させた功績もお見事でした。 テリーロビスキOCは良くこの人を連れてきてくれました♪

2016 プレイヤーオブザイヤー   デラニーウォーカー(TE)

生え抜きではないですがこの人もマリオタのNo.1ターゲットとしてパスにブロックに大活躍してくれました。 チームへのロイヤリティ等若手選手のお手本的な存在になっているようで、フィールド外でも良い働きをしてくれているありがたい選手だと思います。

2016 ガッカリ賞          ペリッシュコックス CB  

よくわかりませんが先発CBだったのにシーズン途中から調子を落とし、ルボーシステムに反するプレイを連発しだしてシーズン中にクビになるという悪夢のような事件がディフェンスをより苦しめました。 




選手のところは他にもいろいろと異論が出そうです。 RBデマルコマレーを忘れてはいけません! この人も素晴らしい活躍を見せてくれました。 
マーカスマリオタも2年目で成長してくれましたが、シーズン終盤での怪我はマイナス評価としました。 3年目こそ、フル出場を果たしてほしいものです。

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ