1
5
7
8
11
12
13
14
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
  10 ,2017

NFL テネシータイタンズの戦いを応援していきます。


プロフィール

Code Blue Tokyo

Author:Code Blue Tokyo
テネシー・タイタンズの戦いぶりを
通して、NFLの面白さ、すばらしさを
皆さんに伝えられればと願ってます♪

13

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  マーカスマリオタ  カランリード  ケビンビャード  

Comment: 4  Trackback: 0

8月13日(日): 2017プレシーズンゲーム 第1戦 @NJ
今年の躍進が期待されるテネシータイタンズニューヨークジェッツのホーム:メットライフスタジアムでプレシーズンゲーム初戦を戦いました。

7-3  スコアはともかく、色々と課題が浮き彫りになった内容となりました。 

本試合のテーマの一つは、昨年12月24日クリスマスイブ以来となるマーカスマリオタの実戦復帰でしたが、無事先発し数シリーズ担当しました。ここまでは予定どおりだったのです....

次を引き継いだのがアレックスターニーでした。彼にとって2番手マットキャセルが負傷中ということもあり、上を狙う絶好のチャンスです。 ところが代わり端の最初のプレイで中央から強烈なブリッツを受けてしまい、脳震盪等が心配され一旦サイドラインへ下がり、4本目タイラーファーガソン(ウェスタンケンタッキー大)が代役を務めることに。 そこから異常なしを確認したアレックスターニーが再度復帰し、最後までプレイしました。
問題は復帰したアレックスターニーの調子がおかしく、過去最悪のプレイぶりとなってしまいました。かってこんなアレックスターニーを見たこともなく、マットキャセルに取って代わろうというレベルのプレイには程遠い内容でした。彼ばかりを攻められません。OLはこの試合で8サックを許しています。仕上がり具合が低調すぎました。

RB先発は2年目デリックヘンリー。 8キャリー29ヤード、0TD。 そつなくプレイできていました。 しかし先に触れたアレックスターニーが受けたブリッツをピックできなかったのは残念でした。

ディフェンスはそれなりによくプレイできていました。 先発CB:ローガンライアンは彼のところへ来たパスは全部通されてしまっていますが、こんなものではないですよね.... 昨年のMr.イレレバントCB:カランリードの好プレイが随所で見れたのが好対象でした。 この人は今年成長してくれそうですね。楽しみです♪

昨年のドラフト全体33位:OLBケビンドッド。昨年、今オフと2度の手術を経て何とかキャンプに間に合わせた感がありましたが、今日は長い時間プレイさせられていました。 動きに切れもなくまだまだ復帰途上というように見えましたがどうでしょう? 次戦も注目したいところです。

ディフェンスで逞しく輝いていたのはケビンビャードと見えました。 今年は更に活躍してくれそうです。

オフェンスは低調、ディフェンスは順調 というキャンプそのままの状態がもろにでてしまった試合となりました。

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ

30

Category: アメフト

Tags: NFL  テネシータイタンズ  ドラフト  ケビンドッド  オースチンジョンソン  デリックヘンリー  ケビンビャード  ディックルボー  

Comment: 2  Trackback: 0

4月30日(土): 2016 NFLドラフト 2日目
2016 ドラフト2日目 トレードダウンにて多くの指名権を持つ テネシータイタンズの勝負どころを迎えました。

2巡 2位 全体33位: ケビンドッド DE クレムソン大

 〃12位 〃 43位: オースチンジョンソン NT ペン州立大

 〃14位 〃 45位: デリックヘンリー RB アラバマ大

3巡 1位  〃 64位: ケビンビャード S ミドルテネシー州立大


2日目は大人しくアップもダウンもせずに33位~64位までに4つの指名権を使い切り、上記選手達を指名しました! 今日はディフェンス3名、オフェンス1名という結果でした。 

ケビンドッドはOLBへコンバートさせるそうです。 HOFルボー師は4-3DEをOLBへコンバートさせることが大好きなのだそうですw なかなか素性は優秀そうです 良い子に育ってくださいね~
ルボーディフェンスの肝はブリッツ。となるとOLBは重要な位置を占めます。 ここで彼を選んだのはデリックモーガンの手術からの回復具合に不安があるのか、オラクポの衰えが見えてきたか、デプスを厚くしておく必要があるのでしょう。 

次はオースチンジョンソンを指名し、アルウッズしかいないNTの穴を埋めました。 この位置での指名だと先発までありえそうです。 5テクのみならず3テクもできる応用の利くラインマンで、ダブルチームに対しても屈さないファイターとのこと。タイタンズ先発DE:ダクアンジョーンズのチームメイトだったこともあり、スムーズにチームに溶け込んでほしいものです。

そして3つ目の2巡指名は、RB:デリックヘンリーでした! SECのアラバマ大出身、今年のハイズマン賞受賞者です。 昨年のマーカスマリオタに続いて連続ハイズマンウィナーの獲得。 エディージョージの再来(これはさすがに言いすぎ!)とか地元は大歓迎の様子ですが、これには少々考えさせられるものがあります。 ついこの間デマルコマレーをFAで獲ってきて(高給取り)、さらにデリックヘンリー(ドラフト上位指名)を加えると言うのは、デマルコマレーでランオフェンスを構築できないという意味なのか?と....ビショップ サンキー、アントニオ アンドリュース、デビッドコブ、デクスターマカリスターらを完全に見限ってしまっているのか?と思わせられます。 ともあれ2匹のワークホースを飼っていくことになったわけで、爺によるオールドスクール風エキゾチック スマッシュマウス戦法が少し見えてきましたw 

3巡1位で地元テネシーの”ローカルスカイホーク”の誉れ高いSケビンビシャードを指名。 3日目でも十分指名できるのではないか?とも思いましたが、ディックルボー師がいたくお気に入りのようで今回チームは自信を持って彼を選んだそうです。 フットボールIQが優秀で多くのINT奪取能力が評判のようです。強豪との対戦も少なく NFLクラスのプレイヤーを相手にパフォーマンスを発揮できるか疑わしいという見方も..... でも頑張ってほしいですね~

今日のドラフト指名を振り返って、ディフェンスは要所を埋められる良い結果になったと認めざるを得ません。 
タイタンズ番記者がツイートしていましたが, マイクムラーキーHCがディックルボーDCに廊下で出会った時、「私の中でこれまでで最高のドラフト2日目だったよ。 ジョンロビンソンGMは良くやった!」と言ったそうです。 これを目にしたらあとはメンターに任せるだけです!

Derrick Henry Vs Ezekiel Elliott ESPN Sports Science

↑ なかなか面白い分析ですね。



 

関連記事

テーマ : テネシー・タイタンズ    ジャンル : スポーツ